日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::『50才からのヨーガ』はじめの一歩
ヨガ処ラブフライボウ【ラブフライボウ通信】でもお伝えしましたが・・・

11月に単発で講座をやらせていただきます!

運動が苦手な方も身体がかたいからと諦めている方も、無理なくはじめられるようなプログラムです。
よろしくお願いします!
一緒にヨーガの効能を体験いたしましょう。

『50才からのヨーガ』

@ルミエール府中

スポンサーサイト
<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::チャリティヨーガを終えて
日曜日のラブフライボウの朝ヨガ@チャリティクラス、無事に開催できました!!
(この日、みなさまからいただいた参加費は全額日本赤十字社を通して東北関東大震災の義援金として寄付させていただきました。)

お集まりいただいた皆様、来られないけどメッセージをいただいた皆様、寄付をしてくださった皆様、本当にありがとうございました。

特別なクラスでした。
春休みなので、いつもより少し大きなお子さんも参加していただいて、賑やかに。
子供達のパワーもいただいちゃおう!という大きな気持ちで。
小学校2年生の女の子は、せっせと私のニューズレターを皆さんに配ってくれたり。
単身参加の方も、まるまると瑞々しい赤ちゃん達を優しく抱っこしてくださったり。
遠方から頑張ってやって来てくれた方も、ご無沙汰だった方も、はじめましての方も、妊婦さんも。

赤ちゃん連れの生徒さんたちは口々に、子供の夜泣きがひどくなった。べったり離れなくなった。などと、震災後の子供達の様子を教えてくれました。
余震がまだまだ続く中、知らず知らずに肩が強張って頭痛がするとか、喉が異様に渇くとか、ちっとも落ち着かなくてずっとそわそわしているとか、抱えるトラブルについても少しだけ伺うこともできました。

この日のテーマは、「地に足をつける」

チャイルドポーズで眉間から、頭の中の、不安もアイディアも行動計画もいいこともわるいこともぜーーーーんぶ、今だけは大地に委ねて、
からっぽにして、女神のポーズで足を踏ん張る。木のポーズでバランスする。
深く深く呼吸する。

しっかり地に足をつけて、しっかり生きていけますように。

はじまりは小さな自分から。そこからはじまって輪は広がります。

そんな思いをこめて。

チャリティヨガ
110327_1147~02110327_1147~01

感想をいただきました。
一部、ご紹介します。

「ほんとうに素敵な時間を過ごすことができました。頭から徐々にカラダがほぐれていくのがわかって、カラダに溜まっていたものが出せたような気がしてスッキリ。」
「ちょっと遠いかな、と、はじめは行くのを諦めていたのですが、行ってこれた!と自信にもなりました」
「チャリティーヨガ、大成功でしたね。何かしたい気持ちはみんな同じなんだなと思いました。」
「子供が久しぶりにぐっすり眠っています。気持ちよかったんだなーと心が安らぎました。」


ここからまた、はじめよう。

疲れたら、休もう。

そしてまた、分かち合おう。




クラスが始まる前に、参加できないけど会場に寄って顔をみせてくれたYちゃん。
そっと包みを渡されて、なんだろうかと思ったら、綺麗なロータスが入ってましたよ。

いつもと変わらず、周りを思いやれる余裕のある心。いたく感動いたしました。
でっかい人だなぁ。
110328_0801~01



★拍手お返事

=sku・・さん
コメントありがとう!
どんなツールでもいやになることもすくわれることも同じだけあるよね。
あまり考えすぎず、活かしていきたいなと思います。
ということで、フォローミー。(笑)
<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::とても眩しかった、冬の一日。(桜梅桃李レポ)
冬の森でほっこり温かいひと時が流れた一日。
今更ですが、レポを書こうと思います。私自身、思うことがたくさんあって、学ぶことが多かったので。

今回のイベントは、ずいぶんまえから楽しみでワクワクしていました。
当日、駅に向かう足取りがかなり軽く、ほんとに子供のようにうきうくわくわくしていたのでした。

+++




12月10日。
友人であるキネシオロジスト、宮薗どんげ嬢が主催するイベント【桜梅桃李】にヨーガクラスを出展させていただき、冬の晴れ間、とても眩しいひと時を過ごさせていただきました。

参加してくださったみなさま、ありがとう。

この日は何度『あぁ、眩しい』と心の中でつぶやいただろう。

あのお天気も、みんなの笑顔も、働く力も、分け合う喜びも、さしのべる手も。

私のヨガクラスのテーマは「バランスをもとめて」でした。
この日は参加者皆様個々のバランスに目を向けて欲しいと思いながら、シークエンスを考えていきました。

森のテラスのお部屋の窓からは、思い思いに育っている木が見えます。
それはツリーポーズをしていたときのこと。私は彼女達には外の木を見てほしいと言いました。

必ずしも真っ直ぐではないけれど、それぞれが其々のバランスを保って根を張り空へぐーんと伸び、枝は自然な形に伸びています。
私達も、そんなイメージでバランスをとりたい!!ふと、強く思った瞬間でした。

よろよろとしながらも、最後はすっとそれぞれが静止して遠くをみつめその場がシンとする時間が訪れます。
午前のクラスも午後のクラスも、それは同じでした。

また、このバランスをとるにむけて、下半身、とくにヒップ周りを十分に開いておいたのもよかったと実感できました。

この日、なんとつくば市から妊婦さんがはるばるやってきてくれたのです。
彼女は何年か前に一緒に学んだことがある女性なのだけど、いつも私の駄ブログを読んでくださっていて、今回重い身体を軽々と運んでくれたのでした。
森のテラスの可愛らしい木の椅子は、何度も彼女のアーサナを助けてくれました。

それからちょうど一年前に同じ場所で一緒にヨガを楽しんだ友人も、一年ぶりに再び一緒に楽しめたし、
ラブフライボウ通常クラスの常連さんたちも、たまにはちがったこんなステキな場所でお会いするのも新鮮でしたね!!

+++

このイベントの魅力はたくさんあるのだけれど、第一にあげたいのが、参加したインストラクターも、お客様たちも、全てをつつみこむような、でもけっしてでしゃばらない立ち居地でしっかりと包容してくれる主催者のどんげちゃんの存在。
いつも学ばせてもらってます。

そして、毎度おなじみ、美味しい<こまめや>さんのベジタブルランチ。
また今回は、天然酵母パンのnapomot bakeryさんにもご協力いただいてベジランチとの共演vvも大変魅力的でした。酵母をだいじにだいじに育てている人で(まぁ、とっても親しい友人なのですが)、上さん曰く、「こんな美味しいものを作れる人に悪い人はいない」そうです(笑)
napomot bakeryの知子さんは粉や酵母を語ると顔つきがかわります。
この日の私のお気に入りパンはじゃがいも入りホカッチャでした!うまうま。

こころとカラダにしみこむような、安心していただける食材とお料理の数々。
少しでも食べやすいようにと、トースターを持ち込んで最良の状態でパンを提供してくれる作り手の心意気!
全部ひっくるめて美味しかった!!

ランチタイムはムードメイカーな上さんのトークで場がずいぶん和んでいましたね。
生徒さんからは、「マキ先生もすごくたのしそうだった」と言われてしまうくらい私も和んでいたらしいです(笑)

LUNCH20101210


+++

午後のクラスの後は、上さんのフェイスヒーリングを受けていた方のお子さんを、子守させてもらいました。
生後11ヶ月になる赤子は、母と離されてこの世の終わりかというくらい泣き叫びました。どえらいエネルギーです。
彼女のお母様(赤子のおばあちゃん)も同席されたので、私はすっかり安心していましたが、もうどうにもこうにも泣き止まないのでした。
汗をかき、鼻水をたらし、全身をふるわせて泣く姿は圧巻でした。
最後はおばあちゃんがなんとか泣きつかれきった彼をやさしく抱きながら眠らせてくれました。
私は子守失格です。ただただそのエネルギーに驚嘆するばかり。

その頃彼の母さんは、上さんの極上なマッサージを受けていました。
一人の女として。日常からちょっと離れてとろけていました。きっと隅々まで癒されたんじゃないかと思います。
だけど、これでもかと母を求める赤子がいるのもリアル。
そう、私達はひとところにまっすぐ立っているってわけじゃない。片足ずつ、いろんな役割を担っている。やっぱりここにもバランスが生まれて、そこをきもちよく効かせていかないと疲れちゃうよね。と、ゆるんでぴかぴかになったYさんのお顔をみながら思いました。

いくつものエネルギーが混在して成り立っている私達。
悩ましいことも数多く、思い通りにいかないこともしょっちゅうです。
だけど、だからこそ、こういう時間って大切だと思いますね。多少後悔したり後ろめたい気持ちになったりするかもしれないけれど、自分の心と身体をみつめる時間、大切ですよ。


帰り道、大荷物をそれぞれ抱えたインストラクター3人とパン焼き人ひとり。大きな声でガハガハと笑い、大いに語りながら仙川の街を歩きました。反省点もきっとそれぞれに胸に抱えながら。

三日月が美しかった。

そういえば、ヨガ時間に「三日月だよ~。昨日の綺麗な三日月を思い出して~」って言ったら、
みんなの背中がとても綺麗なカーブを描いた。イメージするってとても効果があるね!!

そんな話もしつつ、いい一日だったとそれぞれが思っていたことでしょう。

みなさんからの感想もいただいております。VOICEに載せておきます。
大吾飯店の料理長ブログにもお料理とパンの美味そうな写真付きでアップされてまーす。

上さんのハイテンションレポ→
知子さんのしっとり報告→

+++

あぁ、だらだらとまた書いてしまいました。
最後まで読んでくださってありがとう。

また、こんなあったかい時間が設けられますように。ここにもあそこにも、いろんな場所で。

誘ってくれてありがとう。参加してくれてありがとう。元気にさせてくれて、ありがとう。

またいつか!!
<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::インターバル
ラブフラデリバリー。
出張訪問で、卒乳間近のラブリィな親子ちゃん宅へエクササイズとヘナトリートメントを施しに
伺いました。

マタニティのときからの訪問なので、このチビちゃんが卒乳するとなるとなんだか私も感慨深い。
来月に決めて準備をしているようなんだけど、
母曰く、「断乳、卒乳、来月でやめる、っていう単語をちゃんと聞いてると思うの。だから、すごい執着なんだよー」と。
そういえば、そんな話を聞いたことがある。
たしかに、この日のチビちゃんは母を追いかけるようにして乳をくわえておった(笑)。

究極はこれ。

ハラーサナ(鋤のポーズ)に入ろうとしたとたん、バタバタバターっと擦り寄ってきたチビちゃんが
無理くりに母のTシャツを上げ(いや、逆さになってるから下げ、かな)、
勝手に乳を吸う、の図。
ハラーサナ

こんなかっこで乳を吸われてる人をみたのは初めてです。

最後の一滴まで、こころゆくまで味わうがよいよ。
次に会うときにはちょっぴりまた成長してるんだろうね。楽しみにしています。

もうすっかり乳首も伸びきっているであろう、彼女から大変嬉しいコメントをいただきました。

「マキさんに会った後はいつも娘への愛しさが倍増する!」

うわー。これは本当にうれしい。
これこそ産後のリフレッシュじゃない?
私じゃなくてもいいのよ。
産後の母たちが、こういうちょっとした息抜きやハレの出来事を得たあとに、さらに子供への(もしくはパートナーへの)愛情が増すなんて、最高に有意義な時間じゃない!と思うのです。

私にも見に覚えがあるもんね。
頑張る母にはこういうインターバルが必要だと思います。



おしらせ

ドキュメンタリー映画【うまれる】http://www.umareru.jp/

これは産んだ人の話ばかりではありません。「うまれる」ことについて考えるきっかけになりそうです。
実は、私のヨガ友であり、インストラクターのヒロさんがお子さんと一緒に胎内記憶のお話で出演しているので、
とても楽しみにしています。

彼女の文を転写します。

起こったことだけ見ると 辛い体験だけど
みんな みんな かっこよくて
それぞれのいのちが キラッキラに輝いてます

自分のことも 肯定できました

私は私でいいんだ 大丈夫だって
強く思えた映画です

そして 沢山のありがとう・・
色んなことに対して 感謝が溢れてきました
もう生きてないけど お父さんのこと
おかあさん・・
私に関わってくれた人すべてに
ありがとう
愛してるって 言いたくなりました


※シネスイッチ銀座では 毎週木曜日13:50~の上映ではあかちゃんやお子様連れOKだそうです。
ヒロさんが、「泣き声もBGM!」って言ってましたよ。

きっと、この映画の鑑賞も“インターバル”になるんじゃないかと思います。
<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::雨の森の香漂う、深呼吸の必要。
昨日開催されたイベント、【桜梅桃李@森のテラス】は雨の中しっとりと、無事終了いたしました。

チャーミングなインストラクター&ホステスどんげちゃんの計らいらしく、集まった方々はお客さんも講師もみな気さくであったかくて素敵な人達でした。
ありがとう。みんなにありがとうという気持ちでいっぱいです。
moritera3.jpg
いっぱいといえば、とにかく昨日のテラスはフィトンチッドがいっぱい!!だった。
そう、あの森林浴効果の主、癒しや安らぎを与えてくれる植物から発せられる殺菌力のある物質、フィトンチッド。
窓を開けると雨の音と森の香りに癒されすぎてくらくらした。(逆に興奮してんじゃないかとおもうほどだ)

生憎、とか、残念なことに、とか、とかく雨降りだと言われがち。
こういったイベントにはマイナスであるとは思う。足元も悪いし、気持も萎えがちだ。

だけどそんな思いはここに一歩足をいれたら吹っ飛んだよ。部屋の中はしっとりと、人々の思いや体温や生命のエネルギーで満たされる。
赤ん坊も泣く。おもいっきりなく。カラダが緩んだ母の乳をもらいたがる。ご飯も美味しい!!

さて、わたしのヨガワークは11:00から。お部屋ぎりぎりにマットを敷いて、暖炉のある板の間で雨の森を背にして行った。

今回のテーマは「呼吸」。

つくづく、呼吸をすることがへたくそな人がおおいと思う。私を含め。
生命維持活動に一番必要な「呼吸」が苦手だなんて、どうなのよ?とヨガを学び始めた頃から思っていた。
根をつめるとすぐに浅くなる呼吸。行動が常に先で、呼吸があとからついてくる。

そんなのはちょっと、苦しいよね。

電流(呼吸)が上手く流れない車(身体)はスムーズには動かないよね。

これは全部自分の体験、自分を通して実感したことだから、皆さんにもよりよく生きていただきたい思いをこめてお伝えしたい。ひそかにそんなことを思いながら、クラスをすすめておりました。
アーサナは比較的簡単なものを、とにかく呼吸を感じながらポーズに入っていきました。

途中で涙がでてきちゃった方がいました。

「あれれ??なんで?」ってご本人もいってたけど、それは背骨を半分ねじるポーズのときです。
呼吸に合わせてどんどん深くねじっていく、その過程ではらはらと涙がでた。
痛くてないているんじゃない、なんでかわからないけど泣けてきた。
「浄化」などと容易く言いたくないけれど、そういうことなのかなって思いました。

ヨーガをはじめ、この日おこなったボディ&エネルギーワークを行って心がほぐれて涙がでるってよくあることですね。
以前も私のクラスで、シャバーサナのときにポロポロないている方がいました。安心したら泣けてきたって。

これが、所謂運動やストレッチとヨーガの違いなんじゃないかな。

終了後、うれしい感想をいただきました。
「遠くから早起きしていく価値のある贅沢で有意義な時間でした」
なんと彼女は11時のワークに参加するために、おうちを7時20分に出たんですよ。よかった、そういっていただけて。
「なかなか近づけない理想のポーズ、そのコツのコツがよくわかりました」
無理やりじゃない、出せる力以上の力をだして傷めない、そういう道に修正できたらいいなと思います。

また、このブログをみて、ナンディさんのエサレンを受けたSさんからは、「いい出逢いをありがとうございました」とメールをいただきました。
とてもよかったそうです。出逢いのきっかけになれた私もそうだけど、企画したどんげもきっとうれしいはずです。

帰りは、まだワーク中の上美知代から漂うアロマの香りによろめきながら先にその場を失礼しました。
おなかは豆ランチでいっぱいでした。

玄関をあけたら、雨はやんでいました。

至福の時間、みなさまに感謝です。

いつか、また。
森テラ
<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::ラブフライボウ。喜びの連鎖。
森のテラス

森のテラスにて。

ヨーガをしたあとに、掘りごたつで鍋をつつく。
足元から温まる。熱が、下腹にのぼり、胸をあたため、顔をゆるめる。

今日は朝から大変胸があたたまる出来事が続いた。

生徒さんたちから、「ラブフラの輪を広げたい」と申し出ていただけたこと、
あらためてこれからもよろしくと、わざわざ連絡を下さったかたがたの声。

ヨーガのあとに「素敵な一日だった」と言ってもらったことも。
某サークルのメンバーからマキ先生の輪が広がることが楽しみだといってもらったことも。

庭でごろごろしているときに受信した、まゆみ先生復活のライブお知らせのことも。
掘りごたつでつついた鍋の美味しかったことも。

冬の落葉の美しさに息を呑んだことも。降り注ぐ午後の陽光に照らされた友の顔も。

帰宅してからも、喜びは続く。

先日やった「いいお産の日イベント」のマタニティヨーガを受けてくださったかたからうれしい感想が届いたことも。

以前パーソナルでお宅に伺ったYさんから、骨盤をたててピアノを弾いたら音色がぜんぜんちがったと、
ご報告をいただいたことも。

夕餉の茶碗を洗っていたら背後から聞こえてきた歌声に、全身の細胞がびりびりと反応して、
テレビにかけよるとNHK冬季五輪の公式テーマソングがほんの1分足らず、流れてて胸が詰まったことも。

BLESS.jpg

これがすべて同じ一日に私が受け取った「喜び」。
何がどうしてどうなったわけではないのに、積み重ねてきたことが伝わって広がって声が返ってきたような喜びに溢れてた。
なんて、いい一日だったんだろうか。

きょうから師走。一年の締めくくりの一月、丁寧に過ごしたい。そんなきもち。

<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::幸せの味わい方。
3連休の最終日、青山で開催された「いいお産の日in青山」へ行ってまいりました。
私はこのイベントのマタニティ・ヨーガの講師を勤めさせていただきました。
お集まりいただいた皆様、どうもありがとう。あっという間でしたが、お会いできてうれしかったです。

ほかにもたくさんの産前産後プロの方々による講演や講座やブースなどがあり、スタッフの方々のがんばっている姿なども見ることができて、勉強になりました。

ウィメンズプラザに向かう途中にある“mo-house”の店頭ディスプレイがかわいい。
おっぱいオブジェです。
091123_1203~01

午前中のオープニングトークショーは、バースコーディネーターの大葉ナナコさんとモーハウス主宰の光畑さん。
お二人の話を聞きながら、自分の妊娠出産を思う。
自分の力を最大限に生かすことができるお産が望ましいけれど、帝王切開になったからといって残念に思う必要はない。
大葉先生が「(帝王切開で生まれること)100年前にはありえなかったこと。今だから出会えた親子なんですよ」と力強く伝えてくれたけれど、本当にそうだと思うのだ。
「プランどおりになるのが成功ではない」という言葉も、わかっていても人の言葉で強く伝えられるとうれしくなる人はきっとたくさんいるはずだ。
結果論ではなくて命を産むのはそのプロセスが大事であることと、思い通りにいかないことから何を学ぶか、
今が幸せならそれでいい。

そういえば、美智子妃殿下のお言葉をこのトークショーで紹介されていたんだけど、
聞きながら思わずノートに書きとめてしまいました。

「幸せな人をつくるのではなくて、どんな状況であれ幸せと感じられる人を育てたい」

おまけのようにお二人のお話からシェアされた、あたたまるお言葉でした。

あー!!早く家に帰って子供たちを抱きしめたい!!!

と、ムラムラしてして、
大好きだーーー!!
と、叫びたい衝動にかられました。

そして、

大葉先生の、「子供を幸せな大人にして世に返す」という言葉がこの日一番重かったような気がします。


いろいろと考えさせられた、そして、無条件に子供らが愛しくてたまらなくなった一日でした。

スタッフの皆様お疲れ様でした。
声をかけてくれた、ちえこさん、再会に喜びました。どうもありがとう。
<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::それぞれの産後の身体
雨のち曇り。曇りのち雨。そんな火曜日、
パーソナルレッスンへ。

こちらへ向かうときには某有名団地内を通って伺います。それが近道。

改築されたり、解体されたり、放置されていたり、混沌とする風景は
レトロな風景を味わうことができるからとても心が魅かれる。
外からすこし覗くことができる内装もとても魅力的なのだ。

ここももうすぐ解体されるのかな。雰囲気のあるテラスハウス。
ついつい眺めながら歩くので、これで3回目だというのに、また迷ってしまった。

1258632302-091117_1416~01.jpg


そんな散歩気分を味わいながら、産後3ヶ月たったYちゃん宅へ。
いまからひとつき前にはエクササイズではなく産後訪問みたいな形で伺ったんだけど、
娘ちゃんもYちゃんもだいぶしっかりして背骨がすっと通って、
たった1ヶ月で母も子もフォルムが変わっていた。

Yちゃんは、私よりもずっと身体能力が高い方なのだけど、
たぶん産後の身体が必要としているものはそういうものではないんだろうなーと彼女をみていて思った。
私は彼女が何を望んでいるのか事前に聞いて、プログラムを組む。
彼女もまた、今までご縁のあった産後女子たちの誰とも違う。
女性の数だけ産後のケースも様々だ。こちらが勉強させてもらってるなとその姿を見て思う。

娘ちゃんの顔をみて、なんども「このこは幸せだなー」と思った。
なんでだろう。Yちゃんの娘への愛情がその育児姿によく表われていたよ。

身体の使い方をよく知っているひとは、無理もしがち。
ともすると脱力することすら自分でコントロールしようとしちゃう。
まただらんだらんしたくなったら呼んで下さい。こんどは迷わないように伺います(笑)。
<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::自分が透明になったような気がすると言った産後の彼女。
先日。
秋晴れ、陽に光る多摩川を渡り、パーソナルレッスンへ向かった。

このたびお二人目のお子さんが産まれ、とくに辛いことはないけれど、身体についての確認がしたいとおっしゃる彼女のご依頼時のメールには、
「漠然とお話したり、カラダを確認できたらいい」と書かれてあった。
いつものように、事前にあれこれと依頼主を思いつつ、当日のメニューを考えたりした。

お会いしたmikakoさんは玄関のドアを開け、「わー生椿さんだ~」と爽やかな笑顔でおっしゃった。
そう、以前ここにもちょっと書いたけど、おそらく3年前ぐらいから私のブログを読んでくださってたのだ。mikakoさんは。

初めてお会いする方だから実際会ったら描いていたイメージと違ったというのも有り得るわけで、それはお互いにいえること。
たとえば彼女はもし私がガンガンとエクササイズをして汗をいっぱいかいて、アー気持ちよかった!!ありがとう、バイバイ!っていうレッスンをする人だったらどうしようかと少なからず懸念していたそうだ。
もちろんそういう気持ちよさもわかるけれど、今自分が求めているのはそうではないということからくるちょっとした不安。
「でもそうじゃなかったから安心した~」と顔をほころばせていた。
ここまでは事前にうかがい知ることが難しいので相性がよくてよかったなと思うばかり。

途中で赤ちゃんが泣いたり、長男くんが離れなかったり、「ままならない時間」ももちろん訪れた(これはもうお約束だからね★)のだけど、彼女の旦那様がとても気持ちよくサポートしてくださり、最後のクールダウンの時間はかなりゆっくりした時間が持てたと思う。

私も隣で仰向けになり、並んで天井をみながらあれこれ話をした。彼女のいうところの「漠然とお話したり」という感じに。

夜、子供たち二人の間で二人の手をさわっていると子供たちは安心してすぐにすぅっと寝入ってしまうという。
mikakoさんは子供たちにお母さんの温もりという「安心」を与えているのだ。これはまた幸せな時間である。
だけど、その場を離れ自分ひとりになりふと自分のことを思うと「透明」になったような自分が居るという。

妊娠中はずっと自分の中にいた赤ちゃんに意識を向けている。それは、イコール自分の内側に意識を向けている。だから妊娠中は自分の中心を感じやすいし、内側からわく感覚も自然と味わえる。

それが出産後、自分から離れて目の前に居る小さな生命体を一生懸命育て始めるのだ。意識が外に向いて当然だろう。誰でもそうなるよね。

胸に手を乗せてもらった。
「手」が「胸」を「さわっている」のではなく、「胸」が「手」に触られていることを感じ取ってほしかったけど、今日はその重みしか感じれらなかった彼女。
逆に「手」はしっかりと胸をさわっている感覚をおぼえた。今の状況を確認できただけで今日は充分!!
さっきも書いたように、私たちは赤ちゃんや子供たちのお世話をし、母として、妻として、社会人として、意識は常に外に向いていて、だから手が「さわっている」感覚のほうが感じ取りやすいのだ。
内面から感じる力が弱っている。
だから敢えて自分の中心から感じる感覚を思い出して欲しいと思う。追々でいいからね。

そうすれば、きっといつか自分が透けて透明に感じてしまう心許なさから抜け出られるような気がする。どっちがいいわるいの話ではなく、やはり内と外とうまく切り替えられればいいということ。

あぁ!そんなこと、産後何年たった今でもうまくいかないことはしょっちゅうあるよ。
透明な自分が歯痒くてずっしりとした実感を得たくて、何かを求め掴んで取り入れても、どんどんザルのように隙間からこぼれていってしまう感覚、すごくよくわかるんだ。
私もそんな経験があるから、自分が透明になっちゃった気がするっていうのも痛いくらいわかるんだ。

最後に彼女の左だけがひどく上がった肩が見事に左右の高さが揃っていた。
いったい何が効いたのだろうかと二人で話していたら、さっき寝っころがってゆらしてもらったときかもと、彼女が言った。
そして、「ゆれて成長するってあると思ってて・・・」と話し出した。
それに答えるように、私のモットー、“頑として揺るがない心と身体ではなくて揺れてしなやかな心と身体であれ!揺れても戻れる芯をつくろー!”というのをもちだして「揺れる」ことについて話たら、

「パキラって伸びるときに揺れるんですよ。風もないのにゆらゆらゆれて大きくなってゆく。やっぱりゆれる柔軟さがあると成長するんだなって思います」
と、たおやかにそんな素敵なことばを返してくれた。(どっちが先生だか!)

リビングには天井に届きそうなほどの大きなパキラが育っていた。それを見ながら話をした。二人で寝転びながら。

すっかり日も落ちてきた静かなリビングで、さぁ、起き上がろうという瞬間、言葉を発しようと私が口を開いたら、mikakoさんの口から「いい時間だった」という言葉が出た。
まったく同じ言葉を発するために口を開いたわたしはとても満たされた気持ちになった。

+++

お会いできてよかったです。
あの、錆が落ちたような感覚を、どうぞ忘れずに。






<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::さしむかう意味
刻んだ小松菜をゴマ油で甘辛くいため、刻み油揚げとオカカを加える。冷めたらシラスと白ゴマをたっぷりのせて軽く混ぜる。
これを炊き立ての新米ごはんにどさっとのせて、かぷかぷかぷと口に入れる。
「うんまぁーい(*´∀`*) ほんとにこれ、美味しいよね!!!」
そういって、息子達はぺろりとご飯を二膳たいらげた。オットもビールを忘れてご飯をもぐもぐ食べていた。

秋ですね。食欲の、秋です。美味しいものに溢れかえってます。日本人でよかったなと心底思う、秋なのです。

ところが身体の代謝は低下ぎみになるので、同時に動くこともしていかないと溜まる一方・・・そんな秋でもありますね。とほほ。

+++
ありがたいことに今月はパーソナルレッスンがいつもより多く入っていて、自分がその方たちに一対一で差し向かう意味を深く考える機会がありました。
特にPR活動もせず、口コミやブログでのご紹介だけでのほほんとやっているパーソナルレッスンなのですが、思ったよりも需要があります。リピーターの方も増えてきました。本当に嬉しく思います。

レッスンにはそれぞれの特徴があるし、自分が受けるにあたって向き不向きがあるのは当然。
極力心にも身体にも負担がない形を選んでいただきたいと思っています。(お財布の負担のほうはその思いに見合うものかどうかをじっくり考えていただいて!)

産後女子を対象にしているので、小さい子をつれての遠出に自信がないという理由もあり。
運動が大の苦手で、グループレッスンだと人にあわせなきゃと思ってかえってストレスがたまる、そんな理由もあり。
言われた言葉を身体で感じるまでにたくさん時間がかかるので、じっくりやりたいんです、そんな声もあり。
また逆に、これをきっかけに外にでて友達を作りたいとか、レッスン後はみんなで育児や地域の情報交換をしたい、そんな理由でグループレッスンを選ばれる、それもあり。

いつもいつも言ってるけど、巷にはいろんなクラスがあって、いろんな先生がいるから、どれがよくてどれがだめなんてないんだから、いろいろやってみて自分にあった身体メンテナンスの時間がもてればいいなーと思います。
続けていけることが一番大事なのだから。

+++

パーソナルレッスンに行く前日は、その方のことをずっと考えながらメニューをなんども頭に入れます。
初対面の方でも事前にメールでのやりとりはさせていただくので、少しでも寄り添ったメニューになるよう、予習します。
いざご対面してから、こそっとメニューをかえることもあります。フレキシブルに対応したいと思うのです。

先日受講してくださった方、たぶん私が差し向かった中で一番二番を競うであろう硬い身体の持ち主でした。
胡坐も辛いし、腰を立てて座るのなんざ夢のまた夢みたいな状態でした。
私が普段つかう言葉もはじめは全然届いていない様子でした。
「そうか、噛み砕いたこの表現でもわけわからんと思う人にはちっとも届かないんだな」と身にしみて感じました。私の技量不足でもあります。
このとき、予定していたメニューをごそっと変更して、それはそれは地味に、じわじわじわと腰周りや股関節を柔らかくしてからボールののっていただきました。
じつはボールにのってからもしばらくは弾むことすらできず、しばらく尾てい骨周辺をほぐす程度にうごいてました。

それでも一通りうごいて、最後に胡坐の姿勢をとっていただいたら、みごとに安定して座ることができました。
このときの笑顔。喜びの気持ち。わたしもだけど、ご本人には一番の収穫なのでは?と思いました。
何ができて何が得意なのか、どんなところが弱点でどんなところをアピールしたら魅力が増すのか。
そんな気づきも収穫の一つですよね。

+++
こんな記事を朝からちまちま小分けにして書いていましたが、さてアップしようと思っていたところに、
メールフォームよりお申込みがありました。

なんと、ずいぶん前にネット上でコンタクトをとったことがある方でした。
第二子を出産され、出産を機にカラダって面白いなぁと思われたそうです。そして、そのときに私を思い出してくださった。
ありがとうございます。

こんな駄ブログですが、書いててよかったなーとつくづく思います。

+++
今夜はだいぶ長くなりました。しかも久々の「です。ます。調」の文章でお届けしました。
なんだかちょっとこそばゆい。

明日は息子のサッカーのお茶当番&試合当番。
さすがに今週は休み無しで疲れたので、「雨がふらないかなー」なんてちょっぴり思ってました(ひどい!)が、大丈夫そうですね。気張っていきます!!
JG(オット)は明日、The Whoの来日公演に行くそうですよ。いいなー。(って私は散々好きに飛び回らせてもらってるので優しく見送ります!!笑顔でね!

では、おやすみなさい。よい夢を。





<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::秋の房総プチ旅行
20081111101818
20081111101815
いやいや、旅行じゃなくて出張。携帯よりお届けしてます。

パーソナルでは記録的な距離ね!
ここ、どこ…?(笑)
電車で再度メニューを確認中。
隣でおじさん駅弁食べてるよ…(ノ∀`)・゜

行ってきまっす!
<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::椿さんのお宅訪問
ランチ


素敵な食卓。料理が上手いというのと料理のセンスがいいっていうのは私の中でちょっと違うんだけど、このお昼ごはんをふるまってくださったAさんはその両方があてはまる。これがとくに学んだわけではなくて日々の実践で磨かれた腕だというのでもう、しっと。しかも、「ちょっとしたものしかありませんが」というからもう、ぎゃふん。

+++

さて。この西荻のAさんお宅に伺ったのは、お食事に行ったわけではなく・・・
9ヶ月になる息子さんを抱えた彼女のパーソナルレッスンに伺ったのだ。
Aさんとは「椿さん」として出会ったので、「生椿さんに会えた」と言っていただいた(笑)
わたしのほうも、ブログで垣間見られる彼女の洗練された生活ぶりに興味津々。芯が通った大人な女性という面が端々にうかがえたのでよりいっそう背筋をただして、お家のチャイムを押した。

パーソナルレッスンは、その方のことを思いながらメニューを考え、お子さんの様子をみながらできるのでじっくり向かい合えるのだけど、時間内にすっきりレッスンするのが難しい。
あれもこれもと欲張ってしまいがち。(わたしが)
お相手のことがよく見えるから、なおさらなのだ。

Aさんはとても反応がいいのに身体のコントロールが苦手だとおっしゃる。
このご自身で感じるチグハグ感がなくなったらもっと快適になるだろう。
最後、胡坐で座ったら「すわりがよくなった!」とすぐに感じ取ってらした。
思った以上に気持ちがよかったというバランスボール、是非生活の一部に!ジャジーな音楽でどうぞ弾んでみていただきたい。

ごちそうさまでした!(・・・あれ?)


+++

帰りに荻窪に出て、アシュタンガビギナーズクラスに。
今日のスーリヤナマスカーラ(太陽礼拝)は気持ちよく繰り返すことができて、体中巡った実感を大いに感じる。
それでもまた、寝る前に、すでに筋肉痛である。

<イベント&パーソナル>  コメント(6)   トラックバック(0)  △ page top


::アファメーション!その種をまいてくれ。
「アファメーション」だって。横文字つかってみたりして。
でもなんだかヒーリング用語みたいだから、ちょっとやだ。けど書いちゃったからいいや。

言いたかったのは「自己肯定」について。

+++

まず、本日、調布の国領あくろすにて、「ままんすまいるかふぇ」が開催された。
わたしは今回コラボレーションという形で45分の枠をいただき、子育て中の母たちにむけて、
バランスボールの体験レッスンをやらせてもらった。

私がはじめてボールで弾んだのは、マドレボニータの解剖学の講座だった。そのときゆうに産後7年たってましたね。でもあの気持ちよさは忘れられない。

尾てい骨周辺のこわばりがどんどんほぐされていく快感

子育て真っ最中の母さんたちに、この気持ちよさをぜひとも体験してほしかった。

集まってくださったのは定員を超えた9名の皆様!感謝感激雨あられでございます。うれしかった!
そしてさらに嬉しいことに、この日記を書きはじめる前に、続々と今日の感想メールが届いたこと。
45分があっというまでもっとやりたかったというお声が多かった。
うん、わたしも。(笑)

やりながら、もっとやりたーい。もっとお伝えしたいことが山とある!!!と鼻息あらくしてしまった私。
でも今日はあくまでも体験版であるので、皆さんがちょっとでもカラダのこと、自分のことに気づいたことがあるのなら、それが収穫だ。
そこから先に、ぜひ進んでいただきたいなと思う。

今日は調布カルチャーの生徒さんだった、YさんとRさんも来てくれて成長したお子さんを見せてくれた。
Yさんはなんと、産後クラスの後半からちょっぴり“めざめて”しまって(笑)、ホロス・ゾーンセラピーなるものを提供するセラピストになるために勉強をはじめられたそうだ。
「わたしもなんかやりたいんです!」(キラーン)と目を輝かせていた彼女が、もうその道を一歩あゆみはじめている。
彼女をみていると、体力=心力だなぁとつくづくおもう。

Rさんは相変わらず真っ白な肌に可愛らしい服をまとって、9ヶ月で歩き出した息子を追いかけていた。淡々と子育てをしているようにみえて、その内に強いものをしっかりもっている人なのでこの先どんなふうに歩んでいくんだろうなぁとその背中をみながら思った。

さて。
やっと、タイトルについての話である。

ままんすまいるかふぇのフットセラピーを受けていた女性が声をかけてくださった。
彼女は第一子のときに、産後のクラスを受けたことがあるそうだ。
だから、私のクラスをみて懐かしかったと。
「フットセラピーは気持ちよかったですか?」とお聞きしたら、
「気持ちよさもそうなんだけど、足をほめられたことが嬉しくて。自己肯定できた時間でした」

と。
あぁ、あぁ、あぁ、。。。。。私はひとりその言葉を心に仕舞う。

「癒されること」も多くの母たちが求めていることだろうけど、同様に「認められる」(自分を認めてあげられる)ことも強く求められていることだろう。

わたしだったら、癒しよりも自己肯定の種がほしい。(と、産後は思ってたとおもう)

体力がなくて自信をなくす。逆に、体力がついてちょっとした動作が苦でなくなってきたら、なんだか自然と自信が湧いてくる。
これも自己肯定の発芽なわけだよね。

足の形がいい、って言われただけでどれだけ嬉しくて自信がつくかわかりますか?
わたしはわかる。
だから、クラスでよく「ご自分の好きなとこはどこですか?」「いいところってどんなとこですか?」とお聞きするのだ。(腹筋中に・笑)
ちいさな種を蒔きたくて。

+++
たくさん勉強になった一日だった。
声をかけてくれたおちょPさん、ありがとう。
ままんすまいるかふぇのスタッフのみなさま、ありがとう。
「マキ先生に会いたかったから!」とかけつけてくれた可愛いこちゃん、ありがとう。
体験クラスにきてくれた女子たち、ありがとう。
いいお話をきかせてくれたSさん、ありがとう。

またお会いしましょう!いつかどこかで。

<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::育てあう
真夏のぎらぎらする太陽や、むぅっとむせかえる熱気を愛しているので、
毎年、秋風が吹くと少しだけからだじゅうかなしみでいっぱいになる。

ほんの一瞬だけなんだけど。それを越すと秋の味覚への食欲や冬の装飾への物欲や
そんなものに心躍らされるわけなんだけど。

+++

昨日は片道2時間10分かけて、海風のふく地へお仕事に行った。
産後2ヶ月半のMさんとのパーソナルレッスンへ。

「幕張メッセ」という看板が見えて、「あー、そういえば幕張メッセのこけらおとしの舞台に出たなぁ」と思い出した。
とおい昔の話。とおすぎて痺れてきた。

Mさんが、第一子を同席させてよいかと問い合わせてこられた。
なんでも、二子が生まれてから保育所になかなか行きたがらないとのこと。
そういえば、うちの子もすこしだけそんな時期があった。
何を隠そう、私自身が、未熟児で産まれた弟にみながかかりっきりだった頃登園拒否をしていた。

今回はパーソナルなので、よちよち歩きをするお子さんよりも大きなお子さんと同席レッスンする場合のメリット、デメリットをお伝えしたうえで、OKと言った。そのためのメニューも考えてゆく。

ずっとそばで本をよんだりトミカで遊んだりしていたけれど、
最後のリラックスタイムでそろそろ~っとお母さんのおなかにのって脱力するお兄ちゃん。


りらっくす

静かな一瞬。安心の時間。


彼女は存分に肋骨と胸骨が開いてゆく開放感を実感して、ほにゃほにゃなお顔になった。
ボールエクササイズではカラダの左右差をちゃんと感じておられた。すばらしい。

第二子妊娠前に、すこし気持ちが不安定になっていた彼女。カラダの不調、心の不調、闘うものはたくさんあったのだろうけれど、結果二児の母になり、とても柔らかいお顔をされていたので安心した。

親が子を、子が親を、育てあっているのだなぁ。

とても美味しい冬瓜スープとスパイシィカレーをご馳走になり、なんとも幸せな出張レッスンであった。

(あ、出張レッスンに交通費はいただきますが食事込みではございませんのでご安心くださいませ。おほほ)


あー、それにしても秋風がかなしい。。。。

今夜から一泊だけヨコハマの実家に帰省予定。夏の終わりに両親の顔を見に。
あー、秋風が。。。。。。

<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::ままんすまいるかふぇ@国領あくろす
この度、現役ママセラピストグループ「ままんすまいるかふぇ」さんとのコラボレートが決定いたしました!

産前産後~すべての女性に・・・
バランスボール体験企画


20080821110215.jpg


日時: 9月5日(金) 10時30分 ~ 15時30分
    ※ボールエクササイズは10:30~11:15 です。

場所: 調布市 国領あくろす 第一会議室 地図はこちら。

内容: アロマハンド・リフレクソロジー・オーラソーマ・ホロスコープ・リンパケア整体などの
     ココロとカラダの癒しメニューをお子様連れで受けることができます。
     このスペースをお借りして、45分間のバランスボールエクササイズを行います!!
      ※癒しメニューにつきましては詳細が決定次第追ってお知らせいたします。

料金: 1,000円 (バランスボールエクササイズ45分間)
                       
対象: ・妊婦さん(安定期以降、医師の確認済みの方)
     ・産婦さん(産後2ヶ月~) お子さんは1歳未満まで同席可。
     ・女性ならどなたでも!
      
定員: 8名 

持ち物: 動きやすい服 (Gパンは動きにくいので避けてくださいね)
      着替え(汗をかいたら着替えましょう)
      お水
      赤ちゃん連れの方はバスタオル。おもちゃ(適宜)

今回は体験企画です。運動経験、体力、コンディション等々けっして人と比べることはできません。ご自分のペースで動けるようにご指導します。
笑いながら弾んで汗をかく!スタートはそんな感じでいいんです。
通常クラスの半分の時間ですので、体力に自信がない方でも大丈夫。
家にバランスボールが転がってるけどいまいちどう扱っていいかわからないわっていう方も是非この機会にどうぞ。

お申し込みは左のメールフォームよりご連絡ください。「メッセージ」のところに、「9月5日国領あくろす参加希望」とお書きください。折り返しご連絡いたします。
(直接 soul_soupxxx@yahoo.co.jp メールにてご連絡いただいても結構です)

★バランスボールエクササイズについて

もともとはリハビリテーションのための医療器具として開発されたバランスボール。
産前産後のカラダにもやさしく、各エクササイズを通してカラダのバランスを整えていきます。
音楽にのって弾みながらジョギングやエアロビクスと同じ「有酸素運動」ができ、
特に妊娠出産で緩んだ骨盤周りの筋肉を鍛え様々なマイナートラブル防止にもなります。

正しい姿勢で赤ちゃんを抱きながら弾めば、寝かしつけにも大活躍しますよ!!

20080821105831.jpg
<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::一人と向き合う*そして広報部とバレー部
良い天気。昼間はヨガのパーソナルレッスンへ。生徒さんのお宅を出たら、
風に乗ってほわんと甘い香り。

春の風のなかにしつこく冬の冷たさものこり、だけど堂々と主張する春の香りがそこに。

確実に春はそこに。

本当に運動が苦手で、本当に身体が硬くって、本当に日々あちこちが痛んでいるのですが。
そういうメッセージを送ってくれた方だったのだけど、だからこそパーソナルでじっくりやりたいとのお申し出を受け取って、体調を伺いつつじっくりと動いていった。
できることは限られている。だけど、それで充分なのだ。
ゆっくりしたい日は一緒に瞑想したり、伸びたいときは一緒にストレッチをする。
パーソナルに伺う前にもその日のメニューを考えるけれども、実際にその日のその方を見てもう一度
メニューを考え直すことも少なくない。
そんな作業が、実はとても大事だとおもうし好きなじかんであったりもする。

+++
レッスン終了後、
午後は子供たちをお絵かき教室へ送り、そのあと学童の保護者会。
そして、夜の8時からPTA広報部員として母たちのバレーボールチーム(大会をひかえている強いチームなのだ)を取材しに行った。

バレーボール、目の前でレシーブ&トス&アタックと繰り広げられるともう取材どころではなく
夢中で見入ってしまった。
かっこいい!!!!!

背も高くて、ボールに食いつくチームのメンバーたち。普段子供の教室でお見かけする姿とは
あたりまえだが全然ちがうんだもの。わたしの目はハァト
最後に広報紙に載せるために円陣をくんでもらい、最高の笑顔をいただいてきた。

圧倒されたのは、その雰囲気に。
みなさんおそらく学生時代からバレーをやり、健やかに体育会系なのがにじみ出ている。
練習は全く緩さはない。でも決してキリキリぎすぎすせず、母さんたちの余裕のようなものも感じられて非常にいいバランスなのが伝わってきた。

あー。
今年度はPTA役員もやり、ボランティアなどにも参加したりしてだいぶ保護者界隈や学校事情を
知った気でいたけれど、私がしらない世界がまだまだたくさんあるのだわ。

さ、脱稿間近!がんばろう。

<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。