日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::女のたしなみ。ナビィさんと三砂ちづるさんの対談
國貞さんとこで知った、ナビィさんと三砂ちづる先生のトークショーに行ってきました。

30人くらいかな、畳の上にすわって歌やお話を聞くスタイル。ナビィさんの歌声に合わせて声をだして手拍子をする。楽しい!
気持ちの良い声でした。そして彼女はトークも面白い。
三砂先生のお話は、本で読んだものだったりする部分もあったのだけど実際肉声で語られると説得力がありますね。

印象的だったお話をいくつか。

先生の息子さんが昔、学校で精子と卵子が出会う映像を見たらしくその後家に帰ってきて興奮ぎみに、
「あれが僕じゃなかったら僕じゃないんだよね!!」とお母さんに言った話を聞いて本当に可愛い(先生もその時そう言ったそうです)と思いました。
この世に生まれてきたことのすごさを自分で実感して興奮して語る子供。さぞかし愛しかったでしょう。

そう。
数千万~数億個の予備軍が数百に減って、その中のたった一個(たまに2,3個)が卵に出会えるこの奇跡。
きっとあのおたまじゃくしみたいな精子の映像を見たことある人は多いんじゃないでしょうか。
でもそのたった一匹が自分だと認識して見ると見ないのとでは違うだろうな。
生まれ出る前にすでに大きな試練を超え達成しているんだよ。なんてすごいの。私達って。

帝王切開とか促進剤とかで生まれるタイミングを自分で選べなかった子供よりも、自然に自力でこの世に生まれてきた子供の方がそういうことを無意識にわかっていてたくましいと聞いたことがあるけど、どうなんだろう。
それはわからないけど、このとき先生がおっしゃってた、「生まれるときは急かされちゃったから、生まれてきてからはゆっくりマイペース。っていう子が多いそうです」というのが印象に残る。

んー。長男Rは微弱陣痛→胎児仮死→緊急帝王切開で生まれた。そっか。だからゆっくりさんなんだ(笑)
そのときさらに嬉しかったのが、
「たとえ産むときに理想のお産ができなかったとしても、その後からだって十分フォローできる。“ゆっくり”を認めてあげればいい」というお言葉。

それから、スキンシップのお話もよかったな。
ほら、「触れよう、たしかめよう」っていつも思っている私なので、そうそうそうそうと思いながら聞いた。
人に触るのって大事よね。抱き合って体温を感じて息づかいを思う。コミュニケーションはそうでないと!

それから、
>> 続きを読む
スポンサーサイト
ボディスイッチ  コメント(6)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2005 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。