日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::スパイスもいいけどファンタジーもね★
先日、愛しい女友達と納涼会をした。(昼からお迎え時間までの間に!)
インストラクター仲間である。大先輩である。諸々の同志でもある。

私は婦人科を受診したあとに、どんげさんはヨガクラスのあとに、オレンジフラワーさんは産後クラスのあとに、雨の中ちょーレトロな(あたしたちにぴったりの)昭和臭ただよう中華料理やさんに集合。

(そうそう、婦人科では先日受けた血液検査の結果がでて、まだまだ更年期の心配はないとのこと。
この歳にしては女性ホルモン値がほどよい数値らしく、なんだか褒められた。
オットに言うと、「だろうね(笑)」となんだか笑われた。)

そんな私たちは中華をつつきながら、昼から乾杯。なんだかわからないけど、頑張ってる私たちに乾杯。
ずうずうしく歩む力を持つことができても、
誤魔化さないで誠実にわが道を歩んでゆくのは決して楽なことではないのだ。
だからねぎらいあう。こうして、一杯。

だけど、仕事の話はほどほどで、やはり皆4,5年生の一子を持つ母同士、彼らの性質やら将来やらをほろ酔い加減で話は盛り上がる。お互いの家族のことやら志やら色話やら。毎度のことながら、よく食べてよくしゃべったなぁ。
しゃべってたべてわらってるから終始ずっと口が開いてるの。帰りの電車で頬っぺたが筋肉疲労おこしてたもん。

この日の話題で一番残った単語は「ファンタジー」

胸のときめきだったり、初期衝動(かっこいい!素敵だ!と感じる。そして体が自然に動く。)だったり、
溢れる熱い涙であったり、人を強く生かしたり動かしたりするもの。(人でも物でも作品でもワークでも。。。)
なくても生きてはいける。だけどないとつまらん!つまらんなんてつまらんではないか!ということなのだ。
ただひたすら自分のために。

以前、「召しませ、ときめき」などという、非常にキモチワルイ日記を書いていた私なのだが、そう、トキメキとはファンタジーなのである。

「やっぱりファンタジーだよねー」 (似てるかもしれないけど、「やっぱり“萌え”だよねぇー」とかいうより、「ファンタジー」といったほうが素敵だ。)

曖昧でわけがわらんと思うけれども、そういうことがお互いの胸の内にストンと落ちるこの3人の女達(自分含)の感度が好きだ。
反面、この人達の前では恥ずかしくない自分でいたいなと思える緊張感も好き。

個々で活動していても、ふとリンクする何かを持ってたまにこうして集うのが好きだ。次はなんだろ、忘年会かな。

+++

忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館忌野清志郎 完全復活祭 日本武道館
(2008/05/28)
忌野清志郎




先日、誕生日にオットが買ってくれた清志郎氏の復活武道館ライブDVDを観ていた。
癌を克服しての復活、そしてその後の再入院という現状を知っているので余計に胸がつまるのだけれど、
画面には変わらぬエナジーをたたえた清志郎が熱唱していた。【多摩蘭坂】で涙が出た。チャボの歌が上手くなってる。そんなことさえ、
年月を感じてしみじみする。
「愛し合ってるか~い!」と、これも変わらずだ。

RCが好きで、将来三多摩地区に住みたいと思っていたわたしは現在三多摩地区出身のオットとともに多摩地区に住む。
諸々が、青春から繋がっている、今は熟春・・・?

♪いいことおぉ ばかりぃは ありゃしない~ と、一緒に熱唱した夜である。


+++

さて。
昨夜は玄関で、「ただいま~」といいながら、かぶってた帽子を私にのせた、オットの仕草にときめいた。
そしてそこで「日常にもファンタジーが大事だよね~。ハレの日ばかりでなくね~」と浮かれる妻なのであった。

リアルな日々に、ファンタジーを!

帽子


*スパイス
スポンサーサイト
ラブスイッチ  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


::育てあう
真夏のぎらぎらする太陽や、むぅっとむせかえる熱気を愛しているので、
毎年、秋風が吹くと少しだけからだじゅうかなしみでいっぱいになる。

ほんの一瞬だけなんだけど。それを越すと秋の味覚への食欲や冬の装飾への物欲や
そんなものに心躍らされるわけなんだけど。

+++

昨日は片道2時間10分かけて、海風のふく地へお仕事に行った。
産後2ヶ月半のMさんとのパーソナルレッスンへ。

「幕張メッセ」という看板が見えて、「あー、そういえば幕張メッセのこけらおとしの舞台に出たなぁ」と思い出した。
とおい昔の話。とおすぎて痺れてきた。

Mさんが、第一子を同席させてよいかと問い合わせてこられた。
なんでも、二子が生まれてから保育所になかなか行きたがらないとのこと。
そういえば、うちの子もすこしだけそんな時期があった。
何を隠そう、私自身が、未熟児で産まれた弟にみながかかりっきりだった頃登園拒否をしていた。

今回はパーソナルなので、よちよち歩きをするお子さんよりも大きなお子さんと同席レッスンする場合のメリット、デメリットをお伝えしたうえで、OKと言った。そのためのメニューも考えてゆく。

ずっとそばで本をよんだりトミカで遊んだりしていたけれど、
最後のリラックスタイムでそろそろ~っとお母さんのおなかにのって脱力するお兄ちゃん。


りらっくす

静かな一瞬。安心の時間。


彼女は存分に肋骨と胸骨が開いてゆく開放感を実感して、ほにゃほにゃなお顔になった。
ボールエクササイズではカラダの左右差をちゃんと感じておられた。すばらしい。

第二子妊娠前に、すこし気持ちが不安定になっていた彼女。カラダの不調、心の不調、闘うものはたくさんあったのだろうけれど、結果二児の母になり、とても柔らかいお顔をされていたので安心した。

親が子を、子が親を、育てあっているのだなぁ。

とても美味しい冬瓜スープとスパイシィカレーをご馳走になり、なんとも幸せな出張レッスンであった。

(あ、出張レッスンに交通費はいただきますが食事込みではございませんのでご安心くださいませ。おほほ)


あー、それにしても秋風がかなしい。。。。

今夜から一泊だけヨコハマの実家に帰省予定。夏の終わりに両親の顔を見に。
あー、秋風が。。。。。。

<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::まりもっこり
20080822000254

天城周辺の休憩所でお土産を見ていたとき、
「まりもっこりって北海道のものじゃなかったっけ???」と思って、嫌だけど写真をとってみた。
そんな私をみた次男K、大声で、

「ママ!!もっこり好きなの?!!」

と言った。そしたら、周りにいた男子(推定大学3年生)達がそろってブホッと噴出した。
うぅ、やめて。

せめて、「まり」を付けてくれ。

そもそも「もっこり」ってさ、なに。

小学2年生の教科書に、「ふきのとう」という文章が載っている。
そこには、ふきのとうが雪の中からがんばって顔をだす様子を

「ふかれて ゆれて とけて ふんばって・・・もっこり」

と表されている行がある。ぴょっこりでもひょっこりでもなく、もっこり。

音読の宿題まっさかりな息子はとても愛らしく、一生懸命抑揚をつけて、音読をする。
息子はすごく上手かった。
「ふんばって」のあとに少し間をおいて、「もっこり!」と明るく発音する。
音読大賞をあげたいくらいだ。

でもなんだか・・・・なんだかいつも表情を変えないで音読を聞くのが大変だった私。
うっかり笑っちまいそうだ・・・・

そんなとき、ちょっと成長した5年の兄が無邪気に
「あはははは、なんかそこおかしいよねー」とせんべい食べながら言ったので、一緒になって私も大笑いした。助かった。
もちろん、次男は「何で笑うんだよー」と憤慨していた。

あぁ、なんでこんなに語ってしまったのだろう。どうでもいい話なのに。

ところで、この天城のドライブインでお馴染みの“ご当地キューピー”が売っていて、なぜかキューピーがTシャツ(だけ)を着ていた。

キャッチコピーに「男性諸君おまたせしました!天城越えキューピー登場!」と書いてあった。

あれはいったいなんだったんだろう。なぜに、天城越えが裸にTシャツ一枚着てるキューピーなのだろう。

男性諸君が待っていたっていうんだから、お色気系なんだろうが、いったい何故に?


++++

9月12日(金)のSANGO NO SONOGOクラスはおかげさまで残席1となりました。お早めにどうぞ~

明日はなんと幕張までパーソナルクラス、出張してまいります!密な時間を過ごせるといいな。
楽しみです。
日常雑記スイッチ  コメント(6)   トラックバック(0)  △ page top


::ままんすまいるかふぇ@国領あくろす
この度、現役ママセラピストグループ「ままんすまいるかふぇ」さんとのコラボレートが決定いたしました!

産前産後~すべての女性に・・・
バランスボール体験企画


20080821110215.jpg


日時: 9月5日(金) 10時30分 ~ 15時30分
    ※ボールエクササイズは10:30~11:15 です。

場所: 調布市 国領あくろす 第一会議室 地図はこちら。

内容: アロマハンド・リフレクソロジー・オーラソーマ・ホロスコープ・リンパケア整体などの
     ココロとカラダの癒しメニューをお子様連れで受けることができます。
     このスペースをお借りして、45分間のバランスボールエクササイズを行います!!
      ※癒しメニューにつきましては詳細が決定次第追ってお知らせいたします。

料金: 1,000円 (バランスボールエクササイズ45分間)
                       
対象: ・妊婦さん(安定期以降、医師の確認済みの方)
     ・産婦さん(産後2ヶ月~) お子さんは1歳未満まで同席可。
     ・女性ならどなたでも!
      
定員: 8名 

持ち物: 動きやすい服 (Gパンは動きにくいので避けてくださいね)
      着替え(汗をかいたら着替えましょう)
      お水
      赤ちゃん連れの方はバスタオル。おもちゃ(適宜)

今回は体験企画です。運動経験、体力、コンディション等々けっして人と比べることはできません。ご自分のペースで動けるようにご指導します。
笑いながら弾んで汗をかく!スタートはそんな感じでいいんです。
通常クラスの半分の時間ですので、体力に自信がない方でも大丈夫。
家にバランスボールが転がってるけどいまいちどう扱っていいかわからないわっていう方も是非この機会にどうぞ。

お申し込みは左のメールフォームよりご連絡ください。「メッセージ」のところに、「9月5日国領あくろす参加希望」とお書きください。折り返しご連絡いたします。
(直接 soul_soupxxx@yahoo.co.jp メールにてご連絡いただいても結構です)

★バランスボールエクササイズについて

もともとはリハビリテーションのための医療器具として開発されたバランスボール。
産前産後のカラダにもやさしく、各エクササイズを通してカラダのバランスを整えていきます。
音楽にのって弾みながらジョギングやエアロビクスと同じ「有酸素運動」ができ、
特に妊娠出産で緩んだ骨盤周りの筋肉を鍛え様々なマイナートラブル防止にもなります。

正しい姿勢で赤ちゃんを抱きながら弾めば、寝かしつけにも大活躍しますよ!!

20080821105831.jpg
<イベント&パーソナル>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::満月と白浜と家族キャンプ
たったの4日間だったけど、どっぷり自然にとけこんだ家族キャンプに行ってきた。
帰りの渋滞を懸念したけれど、思ったほどではなくするすると流れる道路を流れ
ツェッペリンという不似合いなBGMを聞きながら帰宅した。
東京は暑かろうとこれもまた懸念したけれど、窓をあけたら涼しい夜風が舞い込んだ。
丁度満月であったこと、日の出とともに朝ヨガをしたこと、家族でみっちり過ごせたこと、
海を存分味わったこと、実りの多い夏休みであった。

帰ってきてしばらく鏡を見ていなかったことに気づき、顔をみたらびっくりした。ひどかった。
だけど、いい顔だった。
普段の癖で、顔と首と手足だけに日焼け止めを塗ったら、見事に腹まわりが真っ赤に日焼けした。
痛かゆい。

そんなキャンプの一コマ一コマ日記。

2008キャンプ満月

左上のあかりは満月の月光。
右下のあかりはテントのランタン火。


こんな感じに、我が家のテントがポツンと立つ、まわりの山の向こう側から綺麗な月が顔を出す。
うわぁ、満月だったんだ!!!
大興奮であった。

横には水を溜めただけのプール(のようなもの)があって、子供たちは汗だくでテントを張ったあと、
わき目もふらずダイブ!
夜になってからも何度もダイブしていた。

「住める~!ここで暮らせる~!」と出来上がったつかの間の我が家に満足。
今回何がよかったかって、4人で朝昼晩同じご飯を食べられたこと。
オットは仕事柄ほとんど夕飯は家で食べない。
よって、家族4人が朝も昼も夜も同じものを食べて過ごす(それがたとえ4日間だったとしても)、
ことが、すごーく貴重で意外にこんなことが嬉しいことなのだと気づいたことはよかった。

子供たちには、わからなかったら聞く前に考えろ。とりあえずやってみろ。とだけ言って、あとは勝手にやらせた。
兄弟の性格の違いがとてもよくでていて笑った。叱られたり褒められたり、いろいろだった。

野外だって言うだけで、普段より男衆3人に大事にされたようなきがする。ラッキー。
「ボクたちで片付けちゃうからコーヒーでも飲んでれば?」
うっそー。家ではそんな台詞聞いたことないぞ。うれしい。

満月の光を浴びながら、夜ヨガ。といってもアーサナじゃなくて瞑想。
ずっとずっと不調だった耳(頭の中に音が響く)に意識を集中して光を浴びた。

私は俗人なので、瞑想っていったって、しばらくしたらすぐに気持ちよくなって寝てしまう。
テントにもぐりこみ、そのままぐっすり眠り込んだ。

翌朝、トイレに行こうとしたら、右耳からツルーっと水が垂れた。
なに????聞えない方の耳だったのでよくわからない。が、無味無臭の水が垂れた。
すると・・・・・昨夜まで音が響いていたへんな閉塞感がない!!!
うわぁ!何が起きたんだろう。よくわからないけど、「満月よありがとう」と心の中で言っておいた。

翌朝は、4時半に外にでて朝ヨガ。今度はゆったりとしたアーサナをやる。
5時になったら空が明るくなってきて、どこからかお寺の鐘がゴーンゴーンと聞えた。なんちゃってインド気分だ。

子供たちは毎日、プール、海、温泉、川、水溜り、海、海、海、とずっと水につかってた。
オットも日焼けで真っ赤な顔をしている。

あと一日家でゆっくり過ごしたら、また日常がはじまるのだ。
ハレがあるからケが愛しい。

我が家の夏休みはこんなふうだ。

2008キャンプallss





あ、そういえばもう何年かぶりに道端で潰れて30センチぐらいになった蛙を見た。
ぺっちゃんこだった。
そんなのを見たときの男子2名の雄叫びと興味津々顔と眉をひそめる顔の矛盾した習性が
伺えて、小学生男子ってこんなだったよなーと思い出したりした。


+++++++++
9月12日(金) 是政文化センター会議室 SANGO NO SONOGOクラス開催
定員5名です。やっとスペースがとれました。よろしかったら夏の滞りを汗とともに流しに・・どうぞ。
【旅】  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


::バジルの香漂う午後
20080815060412
バレエダンサーでヨガ仲間のYOKOちゃんに会ったら会うなりバジルの花束をくれた。
じわりとエネルギーが湧いてくる香りがする。
「マキさんぽいから」と言ってた。

午後からは、鍼灸院でやっている彼女のヨガクラスに参加した。
非常に美しい彼女の背中を堪能しながら(!)、全身を伸ばし解放してゆく。
イギリスにバレエ留学までしていたYOKOちゃんのヨガは、バレエ用語とヨガ用語@全米編が混じった彼女らしいリードで流れるように進んだ。
治療院の扇風機のカタカタいう音と、蝉の声。
そして、彼女曰く「今日はマキさんが居るから…」“密林系”のヨガミュージック。
yoga deep とカテゴライズされていた(笑)。

彼女は音楽のセンスがいいから好き。イイキモチにしてくれるから好き。

YOKOちゃん、今日はどうもありがとう!やはり話は尽きなかったね。
続きはゆっくりまた今度!
諸々の検討を祈る!

+++

では只今より、家族4人本気(と書いてそのまま“ほんき”と読む)キャンプに行ってきます!
メールのお返事しばしお待ち下さいませ。帰って来たら必ず!

FROM maki

日常雑記スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::『これでいいのだぁ~』
というわけで、12日。晴れてバカボンパパと同じ年齢になった。
サザエさんの歳を越したとき以上の衝撃だ。

しかしよい。
この日ばかりはいつもよりちょっと多くの人に思い出してもらえて、
ちょっとかしこまった愛の言葉や想いをもらえたり、産んでくれた母の思いにも触れられたりするから、歳を重ねる日も悪くない。

『貴女は腹巻きして「これでいいのだぁ」と笑ってればいい』

いただいた嬉しい言葉だが、腹巻きにハチマキにステテコに鼻毛。

巷に華やかに蔓延る「アラフォー」とはえらい違いだな。

だけどあのタイムリーな台詞をなげかけられると最高な気分になる。

「これでいいのだぁ」

ね。
日常雑記スイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::ほころびた夜
(続き)
よって夜はどうしたもんかな…と数日前に思っていたら、親友のMと彼女のお連れあいと一緒に四ッ谷のスペインバルへ行くことになった。
乾杯のときに「ちょっと早いけど、お誕生日おめでとう!」と言ってもらった。いくつになっても祝ってもらえるのは嬉しい。
正確には「誕生日を覚えてもらっていること」が嬉しい。
私はあと3日で41になる。

かれこれ四半世紀に及ぶ付き合いになるM。
その夫である男子はかつての私の仕事仲間だ。
その二人が、久々に私を見るなり、「わぁ!首が長くなってる!」「肩が下がってる!」と言ったので、私はこの一年くらいに劇的に変化したデコルテと首周りを挨拶直後に誉められたのですっかりご機嫌なのだった。
クルスカンポ(スペインのビール)が美味い!

四十路の可能性ってやつだね~と話が沸いた。

食事のあとは新宿三丁目に場所をうつし、お馴染みの「どん底」へ。
ハタチそこそこから集っていた店なのだ。生意気にも!
飲んで笑って語り合う。なんとも愉快。

帰り際にMが、近頃の私をみて
「貴女はどこへ行くんだろう」と言って言い直す。
「貴女はどこまで行くんだろう」と。

そして、
「私はなんも心配してないし、マキちゃんもなんも心配しなくていいよ」
と付け足した。

26年もの歳月をずっと近くで過ごしてきた彼女がそういうのだからきっと大丈夫なんだろう。

久々に終電まで飲んで帰宅。直後オットも帰宅。大変愉快で落ち着いた一日だった。

+++

今朝は朝から仕事。午前中に上がって、これから次男を迎えに行く。

また日常が戻ってくるんだ。真っ黒に日焼けしたチビすけとともに!

日常雑記スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::不慣れ
今日から長男は3泊の合宿。次男は横浜の祖父母宅へお泊まり。オットは休み前で忙しく。

誰の食事の心配も、自身の帰宅時間の心配も、
いらない日がひょっこり訪れた、不慣れ。

居心地いいんだか悪いんだか。

自由なんだか不自由なんだか。
日常雑記スイッチ  コメント(3)   トラックバック(0)  △ page top


::28の魂
仙台に行ってました。(単身で)

仙台七夕祭りでした。
目的はライブだったので七夕は丁度あたっただけだったのに、思わず充分堪能して、
オマケに33年前に住んでいた場所にも足をはこび、4ヶ月だけ通った小学校もみにいって、大変有意義な旅をしてきました。
えぇ、目的はライブだったんですけどね。ふふ。(だって、「生」が好きなんだもの。)

こんばんは。マキです。家族へのお土産は大奮発した牛タンセットです。

+++

帰宅して翌日。
朝から私は「さわさわ」へ向かった。今日はマタニティボールエクササイズだったのだ。
(ふみさんが産休に入るので、今日は私が代行)

立川の駅から歩くこと15分。炎天下をすたすたとあるくと、到着したとたんに吹き出る汗。流れる汗。
レッスン前にびっしょりという有様。
身軽な私がこんななのに・・・

妊婦の皆様、ご苦労様。よくお越しくださいました。

一番予定日が迫っている方は、8月11日予定日の方だった。(関係ないけど私の誕生日の前日)
えぇー!?あと4日じゃないですか!!と、驚く。
その次はインストラクターのふみさん。彼女も今月中に産み落とす予定なのだ。
他の参加者の方々も、お顔を見渡すとみなさんとてもいい表情。新しく参加された方々もみなにこやか。
あぁ、いいかんじ。すぐにそう思った。

本日集まってくれた妊婦さんはなんと、14名!どどーん。

皆さん、すこぶる元気で、話をすると真剣で熱い眼差しを向けてくれる。                                                                              
部屋の広さはというと、両手を広げるとくっつきそうな、あきらかにキャパオーバーな状態なのだけれども・・・・結果とても纏った感じにレッスンができて、皆様に感謝。
機転を利かせて最後のシャバーサナ(休息のポーズ)のときに電気を消してくれたみさえさんに感謝。

私はシャバーサナの時間が大好きだ。

最後の休息のために一所懸命動いたり弾んだりしているといっても過言ではない(笑)

激しく弾み、ストレッチで伸ばし、呼吸をととのえ、仰向けに寝てシャバーサナに入る。

妊婦さんはもちろん大静脈を圧迫したらいけないので、左下にして横向きになることもすすめる。

★むくみが気になる方は左下にして横向きになるといいですよ。
右側を下にして横向きに寝ると、子宮が下大静脈を圧迫してしまうので、下半身から心臓へ戻る血液の流れが滞ってしまいます。左側をしたにするとそれを防げるので、むくみ解消にもなります。


仰向けでも横向きでもとにかく基本は自分がリラックスできるポーズで休んでもらい、
今日は外側から内側に意識を向ける時間と、内側から外側を感じる時間をつくって、
意識のシフトチェンジをしてもらった。

どういうことかというと、
まずは、自分の手が赤ちゃんと子宮を触っているという感覚を味わう。次に、子宮(あかちゃん)が外から手を当ててもらっていると感じる感覚を味わう。

これは他のクラスでも好評な時間。それを導く作業が私は好き。

+++

えっと、まぁ、そうは言ってもね・・・・
そんなことする前に、きもちよくスヤスヤとおやすみになってる方もいたね(笑)

身体の要求のままにうっかり寝てしまう。。。。。上等!上等!いいのだ、それで。
こういうフレキシブルなところも、この時間のいいところ。

+++

クラスが終わって帰るとき、みさえさんが「大人数でどうなるかと思ったけど落ち着いていたねー」と
小さく拍手をしてくれた。ほんとに、私も拍手しちゃう。
14名の妊婦さんとともに、大変気持ちの良い時間を過ごせたのだから。

14名の妊婦。
心臓は28個。

この教室に、横たわってる魂は28個。
なんて圧巻なんだ!


皆様が横たわっていたとき、私はそんなことを思っていた。

28の魂。

どうか、全てが健やかに、出産の時を迎えることができますように。

そんなことも、思っていた。

<現場から>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top




| home | next>>
Copyright © 2008 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。