日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ムーンデイに感謝を綴る。
突然ですが、ミクシィでのHNは「あかり@フライボウ」といいます。
こんばんわ。マキです。

本日ムーンデイ。満月ですね。
昨日の夜から、気温の低さも手伝って冴え冴えと美しい満月が強い光を放っています。

今日は、しんのすけ先生のシヴァナンダヨガのレッスンに参加してきました。
のどかですごく気持ちがいい場所。
ひっそりとした静けさと温かい日差しと大きな木が目の前に息づいている交流センターで、
そこは府中から大して遠くないのにぽっこりと昔のままのような場所でした。

シヴァナンダヨガはアシュタンガと比べると動き的には少々ゆるやかなメソッドだけれども、
とてもゆっくり自分のポーズを深めていけるので私に合っているなぁと思って以来大切に練習を続けています。
たくさんの種類のヨーガがあるなかで、少しずつ自分に合ったものに近づいている感じに感謝します。

+++

3月はとても忙しかったなぁと振り返ってみました。
おかげさまで、あちこちでお仕事をさせていただけたし、息子の卒業もあったし、
サッカーの卒団式実行係りでもあったし、コンスタントに学ぶこともできたし。
はじめまして、とたくさんの方とお会いできたのも嬉しかったし、旧友たちとの交流もありました。
酒もいっぱい飲みました!
涙もいっぱい流しました!

私には13歳も年下の何でも話せる親しい友人がいるんですが、彼女とはそれこそ育ってきた環境も年代も趣味も仕事も学歴も性格も何一つ共通点がない(笑)のに、話していると話が尽きないんですよね。
この日も終電まで飲みながら、上(頭脳)から下(下半身)までありとあらゆる話をしました。

それから、先週は横浜から実母が泊まりにきました。
うちは両親同士とても仲が良く、みんなが元気なときは、実家の両親とJGの両親4人で旅行いったりしていたくらいなのです。
だから母も我が家に気兼ねなくとまりに来てくれます。ありがたやー。

人とのつながりに感謝です。

+++

昨日のラブフラ(女子のボディメンテナンスクラス)は、常連さんばかり。
ずーっと通い続けてくれている気心の知れた生徒さんにはせっかくだからとちょっと踏み込んだ話をさせてもらいます。
まぁ、セックスの話ね。
エロトークじゃなくって大真面目な産後女子たちの体話です。結局それはパートナーとのコミュニケーションにつながっていきます。
たまにはこんなクラスもいいものです。
話の流れから、その後のエクササイズは骨盤調整をメインにやっていきました。

帰宅してから私はものすごく眠くて眠くて眠くてどうしていいかわからなかったんですが、
さっき参加してくれていた生徒のYさんのメールに、
「私も眠かったです。今日は骨盤をたくさん動かしたからですね!」と書いてあって、はっとしました。
Yさんはすっかり「NO白湯NOライフ」になっているというし、私のお伝えすることを余すことなく吸収してくれる素晴らしい方。
生徒さんから教えられることいっぱいです。

+++

感謝がいっぱいの月でした。
キレイな月の夜なので、たくさん感謝の反芻をしました。ここまで読んでくださって、ありがとう。

桜が咲く、新年度がはじまりますね。もっともっと自然の呼吸と同化したいなーと思う日々です。

そういえば、右耳の聴力を失ってから、もう6年も経つんですよ。おかげさまでこんな感謝日記を書けるくらいは平穏に暮らしています。ありがとう。

あら、また感謝がここに。

そんなかんじで、おやすみ!!

+++

拍手コメントお返事
★sk・・さん
うれしいコメントありがとうございました!
私は「雨が降っても雪が降っても自転車での保育園の送り迎えなどを思い出しました。」という言葉にじんとしました。私も同じ。台風でも合羽着てスカートたくし上げて前後に子供乗せた自転車こいで園に行ってた。
タイヤがしょっちゅうパンクしてました。
あれは親子ともども「一つの季節」ですよね。愛しいです。




スポンサーサイト
日常雑記スイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::卒業しました!思うのは12年間の歩み。
こんにちわ。長男です。無事に卒業式を終え、
紅白饅頭の白を食べながら、記念誌を読んでます。

卒業1

6年前はこんなに小さかったんだけど。
6年前
え?あんまり変わってない???

+++

いやいや、大きくなったわよー。と母は思います。
スーツなんて着るとお父さんにそっくりな佇まい。
饅頭食べてるからだの角度までくりそつです。

残念ながら雨の降っている寒い寒い日の卒業になりましたが、何度も目頭が熱くなりましたよ。
式が終わったら、息子がこんな手紙をくれました。
letter.jpg
感謝の手紙ですって。
中身を見る前に、まず封筒をあけるでしょ?そこにね、ザビエルが貼ってあったからもう大笑い。
笑いながら手紙を読んだから油断しました。
そこにはとても愛おしい言葉が並んでいた。いっきにぐっとこみ上げるものがありました。
6年間かぁ。。。と文章を読みながら繰り返してみたけど、ほんとは母は「12年間かぁ」と思っていたんだよ。

小学生じゃなくなったというよりは、赤ちゃんの頃からの成長を思っていました。
同時に自分自身の育児生活を振り返ってもいました。

+++

保護者の控え室は図書室でした。
式の前後にここで保護者が待機するのですが、入室すると多くの顔見知りのなかでも一際親しみのある顔がありました。
保育園のころからの友達です。

私たちが子供を通わせていた保育園は、とても歴史のある保育園で、保育士さんの中にはこの保育園の出身者もいるくらいです。
夜間保育や病時保育などをいち早く取り入れたパイオニア的存在の園長先生はいつも私たち働く母に寄り添ってくださる素晴らしい方でした。
私は子供二人分、合わせて9年間ここに通ったわけです。
周りはフルタイムで働く人、夜勤のある人、夕飯も園で食べることになる人などがたくさんいました。
私も当時は新宿で働くOLでしたから、お迎えは7時。みんなみんな忙しくて必死でした。
そんな中、園は安心して子供を預けられる環境を整えてくださり、親と先生たちとのコミュニケーションも密だったと思います。
そして、そこで共に育った子供たちと保護者たちの絆はやはり強いのでした。

卒業式の前に写真を撮りました。
まるで自分たちの卒業式みたいです。
卒業式

口々に、「12年だねー」といいました。それぞれの脳裏に浮かぶのはオムツをしてやっとハイハイしたような子供たちの姿です。
そして髪振り乱して(!)送り迎え時に会っていた父母友達の顔なのでした。
また、保育園の先生方が送り出してくれた「小学校」という場で6年間学んだ子供たちは、この日、こんどは小学校の先生方に見送られ校舎を後にしたのですが、最後に生徒の列の先頭をあるく担任の先生の目がうっすらと赤かったのが印象的でした。

12年間、どれだけ多くの人達に支えられ育ててもらったんだろう。
彼らはこれからさらに「幸せな大人」となって社会に出てゆくために学びを続けていく。勉強だけじゃなくてさまざまな学びをね。

出張が重なって式にでられなかったJGに、電話で様子を伝えました。
新潟から想いを馳せていたことでしょう。

みんな、みんな、卒業おめでとう。
私もまた気を引き締めて母さん業をがんばらねばね。幸せな大人の身近なモデルでいないとね。

明日はサッカー卒団式です。
母さん、もう泣かない!(笑)

<ワーキングマザー>  コメント(8)   トラックバック(0)  △ page top


::ジェリービーンズな君たち。
ジェリービーンズ3

サッカー練習の昼休み。
グラウンドで保護者のお一人から外国のお土産ということで、カラフルなジェリービーンズをいただいた。
子供たち、ひとりひとりにひとつつみ。

目がくらむようなキレイな色彩。潔いまでに人工的な香。

素朴な日本のお子たちは、もうそれだけで大騒ぎだった。
とくに下の学年ね。3年生男子たちの騒ぎようったら、ほんとにおバカでおかしかった。
「なんだこのニオイ!!!」とか、「目つぶってつかんだの絶対食べろよ!」とか、
「鼻くその味だ~!」とか、「トイレの味だ~!」とか(知ってるのか、その味を・・・)

非日常的な食べ物を与えた動物(笑)たちの興奮度合いに笑いが止まらなかったわよ。
ひとりひとりが可愛くてならない。まだまだ、おちびちゃんと呼びたくなっちゃう。

+++

午後は、6年生の最後の練習試合だった。
こちらはもう「おちびちゃん」たちではない。でっかいよ!!靴のサイズ26センチだって?!(うちのこは24センチ)
背もにょきにょき大きくなってる。(うちのこは伸び悩み中)
中学でもサッカーを続けるか、どこでやるかなんて話題でも盛り上がる。
ラストストロング

試合はラストを勝利で飾ることができて、子供たちもいい顔してた。
いつもぽやーーーんとしてる長男Rも、JGと私ががっつり観ていたからか知らないけど、めずらしく(!)スイッチが入っていたようで、すっごく気持ちの良いさくっとしたゴールをきめた!あー。最後に嬉しい!すごくうれしいよ!!
点数を入れたことよりそのときのイイカオが観られて嬉しいっていう親の勝手な喜び。

マイペースながらも着実に歩を進めていた長男Rに、父JGもすごく嬉しそうな顔をしてみてた。

このチームは強いか弱いかといったら・・・うん、弱い。

でも、長男Rはこのチームだったから続けてこられたんだと思う。
ベンチにいることが多かった時も、足の不調で辛かったときも、いつも彼は笑っていた。
そりゃぁ、彼なりに悩ましい時期もあったとは思うけど、練習を見に行くといつも仲間たちと楽しそうにしていた。

見守る母たちも、チームの子供たちをひとりづつ親しみこめて呼び捨てにして可愛がっている。
途中入団した当時はそれに慣れずに、私一人子供たちを「○○くん」と呼んでいた。
だんだん親睦をふかめていくと、自然にチームの一人ひとりが身近になって、いつの間にか私も
愛をこめて子供たちを呼び捨てにしていた。

さっきたべたジェリービーンズみたいだなーと思った。
ひとつぶひとつぶ違う味。
結構小さいながらも個性とニオイをぷんぷん主張している。
そして、一人ひとりがいい色を発色して生き生き。袋のなかでちゃんと共存している。

思春期の、生命力溢れる人達を観ているだけでこちらまでエネルギーが沸いてくる。
「未来」が目の前にどどんと開けている人達。あー眩しい。

週末の卒団式にむけていろいろ準備している途中だけれど、いまから涙の予感なのだ。いやん。

保育園の卒園とはもう違う、子供が、彼自身が一人でいろんな殻を破って脱皮して大きくなった姿を送るのだ。
しっかり見届けて、あらたなスタートの背中を押してあげたいと思う。
家族スイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::息子の女子力。
帰宅したら、部屋で長男が背中を丸めてなにやら作業をしていた。

ぱちん!とハサミを使って、「できた!」と声をあげた。

そして、「はい!プレゼント!」と、手縫いのプチバックをくれた。

プチバック

家庭科で作ったらしい。

持って帰ってきたらボタンが取れてて付け直したらしい。
そういえば、「出来上がったらママにあげるからねっ」と言ってたな。
中学生になったらママって呼ぶのやめるかな。

あと3回登校したら、卒業式だね。大きくなったね。
子供の庭  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::愛にのってキヨシがポストにやってきた。
tubaki-heart2.jpg

椿の木。
はぁと型。
ぽとぽとと落ちた花は道のように続く。
某小学校の校庭にて。

tubaki-road.jpg



買い物をして帰宅すると、ポストに大きな封筒が入っていた。
あたくし宛て。

裏をみると、差出人は友人みゆたんからだった。
中をあけると、びっくりだ。なんとDVD詰め合わせ。
その数11枚。
それはぜーーーーんぶ、
キヨシローだったんだぜ、ベイベェ!(鼻血)

kiyosi.jpg



えー????
もうすぐお誕生日を迎えるのは彼女のほうなのだ。私は彼女宛にカードをしたためておったところなのだ。
なんで????

と手紙を読むと、かつて私が彼女に贈ったつたない言葉のお礼だということだった。
すごい労力、すごい愛情。真心とはこういうことを言うんだろうかと、しみじみ眺めた。
80年代の清志くんもいた。まだ青臭いチャボもいたよ。(涙)
JGも大喜びなのだ。

みゆたんという人は、とても優しくよく気配りのできる女子なのだ。当然のことながら、彼女を慕う友人もたくさんいる。みんなが「いいひと、あんないいひといないよね」っていう。
私もそう思う。
でも、私が好きなのは、彼女の優しさが素直すぎてたまにちょっとぶきっちょだったりすることろだ。
ぶきっちょで、一回点半ぐらいしちゃってあまり相手に伝わらなかったりするところだったりするのだ。(ごめん)
そんな愛情をいただくと、私はいつも感動してしまう。
子供のように素直でまっすぐな人の想いって、すごくストレートに人を感動させるんだよ。
私にはない真っ直ぐさなので、いつも眩しいなっておもってみている。

あー、もう、そんな眩しさと、大好きなキヨシローが合わさってほんとにハッピーよ。
ありがとう。老後の楽しみができた(笑)

そういえば、先日友人のカツイくんがBaby#1に参加したって日記にかいてあったな。すごい!
さっそく聴いてみないと!!わくわくするなー。

このジャケット写真もいいね。
Baby #1Baby #1
(2010/03/05)
忌野清志郎

商品詳細を見る







拍手お返事
★AJさん
熱かったねー。よく反応するポイント、被るよね(笑)
おっしゃるとおり、「はじめての熱」は一生身体に残るとおもう。あーなんか甘酸っぱい気持ちになってきたぞ(笑)
ラブスイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::ラジオとカレー
インターネットラジオです。今回のセレクト、うちのだんなさん。

基本ジャズチャンネルなのに、ジョニサンなどもはいっちょる。自由だ(笑)

jjazz.net

よろしければPCのお供に。

このラインナップみて好きなものがずっと変わらん人だなーとあらためて。

人のこと言えないけど。


+++

話ぜんぜん変わるけど、
今日のカレー。
子供たちの要望を無視して市販のルーは使わず。(子供は給食カレーがすきなのだ)
手間隙かけてつくりました。(ひまだったので)

やっぱり胃にかかる負担がぜんぜんちがうのね。
スパイシィだけどカラダが軽くなる!
3杯もおかわりして食べちゃったよー。うまうま。
今日もやっぱり土鍋で作りました。
自家製らっきょうもよく合いました。
curry3.jpg
日常雑記スイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::なんにも。
なんにもしない午後。

うちは基本、じーさんばーさんが家にいるので、彼らがでかけないかぎり(病院と散歩くらいしか外出しない)
家に一人になることがない。

べつにいいんだけど、今日みたいにぽっかり家に一人になると、なんかしみじみする。
あー・・・・って力がぬける。

この気持ちはなんだろかと観察してみると、
清々したかんじでも、孤独感でも、開放感でも、なんでもない。
「うっひょー!!オレは自由だぜ~!!!」とか、裸になってお腹掻いたりオナラしたりしたら気持ちがいいかもしれないけど、
あんまりそういう欲求も無く。
ていうか、自分の部屋があるんだからそこでやればすむことだし。

ただ、静寂。

久しぶりにポカポカと日差しも温かく、洗濯も干したし、ほんとうはやらなくちゃならないこともいっぱいあるけど。

いいや。

今日はもうなんもしない。チビたちが帰ってくるまでは、なんにも。

なんにも2

お日様にあたってウトウトして、ふと庭をみたらチューリップがそだってた。

遅咲き椿が咲いていた。
なんにも1

ほんとはほしいはずの便りを待っていたりする。
ほんとはありたい姿と現状のギャップに凹んでたりもする。
ほんとは大事に大事にしていたものを失くしたことを、「身代わりだったのねー」とは諦められないでいる。
かっこわりぃなぁ~と悔し涙を隠したりもしてる。

が、いいのだ。今はもう、なんにもしない。なんにも。


日常雑記スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::あなたを内側からささえる何か。
雨でどんよりした休日。月経2日目、もう熊のようにのっそりした一日。

夕飯には薬膳スープを。
見た目はあんまりよろしくないけど、鳥の手羽にきくらげ、葱、生姜、干しえび、しいたけ、そのた諸々、
カラダのしんから温まる。そして毎度のことだけど、土鍋ラブ。土鍋の熱伝導率ってすごいよね!
やわらかくてあたたかくて素晴らしいよね。
yakuzen.jpg

給食かっ!ってくらいのおかわりっぷりで、あっという間に鍋は空。母さん、うれしいよ。

++

ニューズレター『フライボウ通信』Vol.16がやっとできあがった。

いつのまにか季節発行になってしまったなぁ。
私はなんかもう、わらっちゃうくらいにいつも同じコトを繰り返していっているような気がする。
昔から変わってないところは変わってない。
だけど、懲りずに発信している。
口元から、垂れ流している。

今回はいつもの「愛でよ!カラダ」コーナーに“食”からアプローチしてもらう助っ人登場。
ラブフラメンバーでもある、食育インストラクターのFUMICOさん
彼女からのおススメレシピを掲載させていただいた。ほっほっほ。

コラムには、「あなたを内側から支える何か」というタイトルでだらだらと一筆。

大好きな、ネイティブアメリカンの長老の詩を読みながら書いていた。
詩の一節をご紹介しよう。

あなたがどこで、何を、誰と勉強したかはどうでもいいことです。
私が知りたいのは、皆が見捨ててたった一人になったとき、
あなたの内側からあなたを支えるものは何かということです。

私はあなたが自分自身としっかり向き合い、
その何もない時間の中にいる自分を、
心から愛しているのかどうかを知りたいと思っているのです。


私のコラムなんてどうでもいいからこの詩をそのまま載せればよかったかな。
ニューズレターを書きながら、どんどん口調が熱くなってしまった(恥)
だけど、自分がありたい姿はこれであるからしょうがない。


そして、「なつかしの一枚」コーナーには、スティングのNothing Like the sunを。
去年もどっかで書いたけど、【イングリッシュマン・イン・ニューヨーク】について。

Be yourself no matter what they say

だれがなんと言おうとあなた自身でありなさい

自分を見失わない。

どんなときでも、あなたであれ。

先日みつけた昔のノートに、この歌詞とこの言葉が書きなぐってあって、照れて思わず頭を掻いた。
学生時代からかわってないなんて。

そして、自分自身にしみこませるように語る。それから、ご縁があったみなさまにも伝える。
熱かったらごめんあそばせ。




本日のわたしを構成する成分は、「薬膳スープ」と「ネイティブアメリカン」と「スティング」。
相変わらずカオス!!

では、おやすみ。
セルフスイッチ  コメント(6)   トラックバック(1)  △ page top


::ココロもカラダも「美味い!」と喜んだ日。
ある日。
豆愛食さんによる、「こまめや」の豆尽くしランチ試食会

このたび友人どんげちゃんのご紹介で「こまめやランチ」の試食会に参加さていていただきました。
面子は、どんげ+蜜柑花+わたしの、文科系インストラクターかしまし3人女@不惑。

前日、夕飯時のヨガ練習のために夕飯を抜いていたわたし。食いしん坊なくせに、倒立の練習をたくさんやった後は
不思議と空腹感がなくて、エネルギーに満たされている感じがするくらいになる。
だから身体的には調子がよい状態なんだと思う。

そんなクリーンな胃袋に、隅々までしみこむような優しい豆料理は、もうグッとくるどころの話じゃないくらい
美味しくて、全身で感謝したい気分だったなー。
「マスター!おかわりっ!」って言いたかったくらいよ。これが試食会じゃなかったらね!
おおげさじゃなくてよ?

ヨーガの教えに、5つの基本原則というのがあって、その中にしっかり組み込まれている「よい食事」。
エネルギーが満たされる、よい気にあふれた食材をいただくということなんだけど、
やっと頭ではなくて身を持って「よい食事」のありがたさやそれがもたらすよい効果がわかってきたこのごろで、
そりゃあもちろん今までだって、より安全な食材を求めたり、バランスを考えたり、白砂糖は使わなかったり、
それこそ育ち盛り&高齢者含む6人家族の食事を毎日作るにあたっていろいろ考えながらやってきたんだけど、
そういう「頭モード」じゃなくて「身体モード」で感じる食事っていうのかな。そんなのがわかるようになってきた。
これはやっぱり“呼吸”と“運動”も大いに関係しているっていうこともね。

+++

komameランチ
メニュー 
 ・煎り大豆入りごはん
 ・金時豆の春巻き 
 ・ひじきとお豆のサラダ
 ・温野菜自家製投入マヨネーズがけ
 ・牛蒡のスープ豆乳仕立て
 ・りんごと手忙のコンポート


この全てが詰まったお弁当(スープもつくよ)が800円前後でいただけます。
調布市周辺の方はぜひおためしを!気になったらわたくしまでご連絡くださいね。

煎り大豆いりご飯なんて、簡単でそく真似っこしたい一品でした。
うちのこたち大豆だいすきだから。私の豆好きも相当なので、ほんとに喜びのメニューでございました。

すごいのはね、帰り道感じたんだけど、お腹は満たされているのにすっごく軽いんだよ。
ジャンプしたいくらいの軽さ。
焼肉大好き、がっつり食べますよっ!っていう私は飛び出た胃袋さすりながら「げっぷぅ~」って満足げな息を吐くことが満たされることだと思ってる人の気持ちがよくわかる(とてもヨガスタジオでは言えないけど(笑))。
でも、こんな軽くて満たされる「食」があることを知るのはものすごい幸せなことだと思うよ。

+++

試食会のあと、まるで温泉上りのようなここちよい高揚感をかかえた私たちは、そのまま帰るはずもなく。

つづきは別記事に。
ラブスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::弥生月便り
弥生三月。
別名「夢見月」とも言うけれど、あまりに美しい名前すぎて口するにはちと照れる。

「春爛漫」という言葉が大好きだ。
聞けばとたんに満開の桜、花びら舞い降りる温かで眩しい風景が浮かぶ。
それでも毎年毎年「そういえば梅のほうが好きだったんだよなー」と思いながら梅の香を堪能するのだけれど、
今年はそんなひと時が無くて残念。
あとは桜開花を待つばかり。

今日の東京はうす曇で肌寒く。春爛漫とはまだ遠いような一日だった。
でもボールで弾む彼女たちが集った部屋は暖かく、暑いくらいで汗もかいた。
昨年、カルチャーセンターの産後クラスに首が座ったばかりの赤ちゃんを連れてやってきたYさん。
今はラブフラ一般クラスに来てくれている。
その赤ちゃんは今週1歳になるそうだ。
成長の見本のように「後追い」「場所見知り」「人見知り」が始まっててしばらく泣いてた。
だけどクラスの後半は他の生徒さんのところにちょこちょこ歩いてよっていき、
かわいらしい笑顔をふりまいていた。
思わず噛み付きそうになるくらいに可愛い。しないけど。

弥生月のご連絡。もうすぐ「フライボウ通信16号」もでる予定。(出すよ、絶対・笑)

sakura_bm_03.gif3月のお知らせ


◆コンディショニングYOGA&バランスボール

 1日(月)(中央文化センター) 10:15~11:45
 5日(金)(日野市公会堂)   10:00~11:30
 8日(月)(東府中スタジオヴィジョン)10:15~11:45
12日(金)(東府中公会堂)  10:30~12:00
19日(金)(府中市内多目的ルーム)10:00~11:30
26日(金)(東府中公会堂)    10:30~12:00
29日(月)(東府中スタジオヴィジョン)10:15~11:45  

◆産前産後のボールエクササイズ@さわさわ

18日(木)10:30~12:00 産前産後
23日(火)10:30~12:00 マタニティ

◆マタニティ・ヨーガ(府中カルチャーセンター)

11日(木)11:30~13:00
17日(水)15:00~16:30

産後のボディメンテナンス@4月コース メンバー募集中!
5,12,19,26(月)





おまけ。

ボールエクササイズイントラ仲間のえの字さんが無事に第2子を出産されました!
さっそく「さわさわ」のボールクラスで弾んでます。
骨盤の角度、ひざの角度、完璧です。さぁ、目に焼き付けて!
ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2010 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。