日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::森の魔女たち
ゆっくりと深まるはずの秋が加速して冬になったような、そんな日。
友人インストラクターどんげちゃんがホステスを務める「森のテラス」でのイベントへ遊びに行ってきました。
今年の5月にわたしも参加したイベントです。

まず、午前中は三鷹にお住まいのプロカメラマン、直美さんによるフォトセッションを受けに。
ソロでばしばし撮っていただきました。自己満足です!(笑)出来上がりが楽しみ。
デッキではこの寒さだっていうのに蚊がブンブン飛んでいまして、合掌するわたしの腕に容赦なく止まり、
終わった後かぞえたら15箇所もさされてた・・・。急に冬めいてきて蚊も大慌てって感じでしょうか。
吸うだけ吸っていきやがりました。まぁ、許すよ。

お楽しみの一つ、ランチはまた「こまめや」さんのベジタブルランチ
ハロウィーンにちなみまして、かぼちゃ大王が入ってました!!
101026_1228~010001
絶品!!

赤ちゃん連れのかたや、そのお母様(赤ちゃんのおばあちゃんね)、メイクのタカちゃん、カメラマンの直美さん、5人のお子さんのお母さん、などなどステキな面子を前にしても私たちのいつものエロ話は健在でしたね。(・・・)

そして、午後は、やはり愛すべき友人インストラクター、オレンジフラワー嬢によるエサレンフェイスヒーリング
しかも、近い未来にどんどんたくさんの方の癒しの手になるであろう彼女は、今は準備段階。なので、私は実験台モニターになり、彼女のアーティスト写真(?)のモデルにもなってきたという美味しい役目。
満を持して吸い込むだけ吸い込むように学び続けている彼女のデモを受けるなんて役得なのであーる。

エサレンの手わざを受けるのは初めて。
触るか触らないかの柔らかなタッチ、薄暗い部屋(笑)、相変わらずのいい香り。もう最初のアプローチで涎でそうでしたけどね。
もったいないからなるべく寝ないようにしてました。

しかし。

Sphenoid_bone.png

蝶形骨↑(この蝶々みたいな繊細な骨)に、これでもかと長々とアプローチされ、そう・・・・・そのときでしょうか、
フッと彼女の気配が消えた瞬間がありまして、
その瞬間に、落ちました。ちーん。

次に「んっごっ!」っていう自分のイビキのような鼻の音で意識が戻ってきたときは頭を触られていました。
いやん、恥ずかしい~・・・なんてことはよもや彼女に対して思うはずも無く(心をゆるしてるってことよ)、
ひたすらわたしはゆるゆるにゆるんで行ったのでありました。

「波のよう」とは彼女の表現のなかによく出てくるのでありますが、なるほど、波のような、あ!あれだ、あれ。
1/fゆらぎ!だなんて勝手に思って目を瞑っておりました。(※えふぶんのいちゆらぎ、と頭で思っていたら「F/1」と書いてしまいましたよ。ご指摘いただき、訂正しました!ありがとうございます!)

きっと売れっ子セラピストになるよ。要チェックですよん。
恥ずかしいほどポジティブで前向きで喜びを背負ったような人だから、この時間は幸せになれます。

終了後、再び直美さんに施術中の写真も撮っていただき(私は鼻の穴のアップぐらいです)、オマケに最後に3人で写真をとっていただきました!
私たちを前にカメラを構えた直美さん、開口一番、「濃いっ!!」っておっしゃったけど、何がかしら?(笑)
私はフェイシャル後ですっぴんだし、どんげちゃんは和風美顔だし、蜜柑花ちゃんだってつるんとゆでたまごみたいだし、薄いはずなのに!

どうもなにやらえらいエネルギーを感じ取ってくださったそうです(笑)
そして、「魔女たち」とコメント付きで写真を送っていただきました。わっはっは。
中年女パワー。貫禄だけはありますね。

トリニティ


そうそう。いち早く、オレンジフラワーこと上美知代ブログに書いていただきました
すごいなぁと思うのが、観察眼と表現力。
わたし、大昔、「熱く冷めた時間」ってタイトルで文を書いていたんだよね。
わたしの稚拙な表現では「冷めた」としか出てこなかったのだけど、たしかに「静謐」に近いかもしれない。

そして、最後に。

私はその昔、彼女が私に言った、「あなたは大丈夫だよ!」っていう何の根拠もなかろうにと思ったけど嬉しかった一言で、インストラクターになろうと決意を固めたのでした。
迷って途方に暮れていたところに一筋の光をもってきてくれた人。
今じゃ会えば「五月蝿い!」だの「バカだなー」だの言ってますが(笑)、心の片隅では敬意を抱いています。
もちろん、もう一人の魔女、どんげちゃんにもね。




☆11月、12月のお知らせをアップしました。今年いっぱいは自身の研修でクラスは減ってしまいますが、
たくさん持ち帰って来年には新たに皆さんに提供できる体勢を整えたいと思っています。
よろしくおねがいします。

☆12月10日に森のテラスでのイベントが決まりました。詳細は決まり次第アップします。
スポンサーサイト
ラブスイッチ  コメント(6)   トラックバック(0)  △ page top


::薬草と秋の食卓。
101025_1233~01 ヘナ講習中の奥様
パック中にランチの準備をされています。

生徒さん宅に、ヘナ講習に伺いました。

まだまだ0歳~3,4歳ごろの小さい子たちを子育て中の若い母たち。
このチームはこちらが勉強させていただけちゃうほど食育やら健康活動に明るい。
あたしの拙い説明にも熱心に耳を傾けていただき、感激です。

講習が終わりに差し掛かった頃、リーダーのなおこさんが言いました。
「先生、ご飯食べていってくださいね!」
と。
なんと、皆さんが一品づづ持ち寄ってランチをご馳走してくれたのです!
みよ、この素晴らしい(いっきに元気になりそうな)健全な食卓!!!!
101025_1245~010001

丁寧に丁寧に子育てと生活を両立されている(または、両立しようと頑張っている)彼女たちは素晴らしい。
「珈琲飲むんですか?!」「コンビニでお弁当買ったりするんですか?!」「お酒は???」「お肉食べませんよね??」
こんな仕事をしていると、よくそう聞かれる。

たまにそういうモード(清く正しく美しい食生活)になるときはある。
ヨギがベジタリアンやビーガンになってゆくのも理解できるし自然な流れだと思う。
あたしだって白湯も飲むし、気をつけていることもまぁ多いかなと思う。
だけど、片足はちゃんと(?)ジャンクな場所に踏み入れている毎日なので、そう聞かれるとほんとすんませんって気持ちになってしまうよ。

今日は大いに勉強になりました。
お料理の先生もいらしてね、たまらなく美味いケーキまで焼いてきてくださいました。
101025_1345~010001

いい食事。

大事だね。ヘナだけじゃなく、こういうエネルギー補給はさらに人の輝きをアップするんじゃなかろうか。

先日やはりヘナ講習に伺ったお宅では、料理不得意の女子の心がこもったパエリアをいただいたんだった。
あのときもお気遣いが嬉しい気持ちとヘナでいい顔になってる人を見て喜ぶ気持ちが相まって本当に幸せだった。
(重ね重ね言いますが、飯を奢れといっているのではありませんからね(笑))

喜びや心をいただくっていうのかしらね。そういうことが言いたかったのよ。とにかくありがとう!

どうぞ、ヘナ&インドハーブを生活に取り入れてくださいまし。
魔法の粉ですからね★
<お仕事徒然>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::インターバル
ラブフラデリバリー。
出張訪問で、卒乳間近のラブリィな親子ちゃん宅へエクササイズとヘナトリートメントを施しに
伺いました。

マタニティのときからの訪問なので、このチビちゃんが卒乳するとなるとなんだか私も感慨深い。
来月に決めて準備をしているようなんだけど、
母曰く、「断乳、卒乳、来月でやめる、っていう単語をちゃんと聞いてると思うの。だから、すごい執着なんだよー」と。
そういえば、そんな話を聞いたことがある。
たしかに、この日のチビちゃんは母を追いかけるようにして乳をくわえておった(笑)。

究極はこれ。

ハラーサナ(鋤のポーズ)に入ろうとしたとたん、バタバタバターっと擦り寄ってきたチビちゃんが
無理くりに母のTシャツを上げ(いや、逆さになってるから下げ、かな)、
勝手に乳を吸う、の図。
ハラーサナ

こんなかっこで乳を吸われてる人をみたのは初めてです。

最後の一滴まで、こころゆくまで味わうがよいよ。
次に会うときにはちょっぴりまた成長してるんだろうね。楽しみにしています。

もうすっかり乳首も伸びきっているであろう、彼女から大変嬉しいコメントをいただきました。

「マキさんに会った後はいつも娘への愛しさが倍増する!」

うわー。これは本当にうれしい。
これこそ産後のリフレッシュじゃない?
私じゃなくてもいいのよ。
産後の母たちが、こういうちょっとした息抜きやハレの出来事を得たあとに、さらに子供への(もしくはパートナーへの)愛情が増すなんて、最高に有意義な時間じゃない!と思うのです。

私にも見に覚えがあるもんね。
頑張る母にはこういうインターバルが必要だと思います。



おしらせ

ドキュメンタリー映画【うまれる】http://www.umareru.jp/

これは産んだ人の話ばかりではありません。「うまれる」ことについて考えるきっかけになりそうです。
実は、私のヨガ友であり、インストラクターのヒロさんがお子さんと一緒に胎内記憶のお話で出演しているので、
とても楽しみにしています。

彼女の文を転写します。

起こったことだけ見ると 辛い体験だけど
みんな みんな かっこよくて
それぞれのいのちが キラッキラに輝いてます

自分のことも 肯定できました

私は私でいいんだ 大丈夫だって
強く思えた映画です

そして 沢山のありがとう・・
色んなことに対して 感謝が溢れてきました
もう生きてないけど お父さんのこと
おかあさん・・
私に関わってくれた人すべてに
ありがとう
愛してるって 言いたくなりました


※シネスイッチ銀座では 毎週木曜日13:50~の上映ではあかちゃんやお子様連れOKだそうです。
ヒロさんが、「泣き声もBGM!」って言ってましたよ。

きっと、この映画の鑑賞も“インターバル”になるんじゃないかと思います。
<イベント&パーソナル>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::同居ラプソディ(ストロベリィショートケーキ)
突然ですが、540円のショートケーキが数日前から食べたくてしょうがありませんでした。

普段それほど甘いものを欲したりしないのだけど、たまにケーキが食べたくなります。
シンプルな、イチゴとクリームのショートケーキ。

ケーキ一個に540円。
ひとりなら、まぁたまにはいいだろうと思う。
仕事帰りに疲れたなぁと、ケーキを食べたっていいと思う。
夕飯作らなくちゃならないなら家に買ってかえればいいと思う。

けど、我が家は6人家族。6個買って帰ったら3240円。ちょっと食べちゃおぅっていうには踏みとどまるお値段になります。私にはね。
うぅんと悩んで、やっぱり食べられずしまいで帰ること数日。

あー、ひとりだったらいいのに。

とか思った私はひどい女ですか。こんばんわ、マキです。久々の日記更新がこんなけちくさいネタ(笑)。
でも続けます。

一つこっそり買ってきて部屋でひっそり食べたっていいんじゃね?とか思ったりします。

でも、できない。

これがもし家族の誰かが食べたいっていったのなら、迷わず買うと思うんです。
だけど他の人は食べたいともいってないし、食べたいのは私だけなんだけどな、とか思うから余計踏みとどまるんですね。

正直に息子らに話をしたら、「えー!!なにそれ、ちゃんと僕たちのも買ってきてよね!!」と笑い混じりになじられました。
まぁいいじゃん。結局ちゃんと6個買ってきてみんなで美味しくたべることになるんだから。
買うまで数日かかったけどね。

ついつい栗に魅かれてモンブランも買いました。3780円が5分もたたずに消えました。ブラボー!

++

栗と言えば、
先日お友達からまたたくさん栗をいただいたので、早々と栗ご飯をいただきました。
姑イクさんと台所のテーブルで大量の栗をむきました。近所のおばさんの噂話をしながら。

こういうとき、しみじみ、ほっこりします。主婦が二人いるところとか(栗むく手間が減るとかそういう話じゃないわよ)、
女同士の時間とか。

101005_1922~01

長男が難しいお年頃になってまいりまして、私にはそれほど変わらずなんですが、何かと世話を焼いてくれる祖母に対して
つっけんどんになったり、そっけなかったり、そんな態度をとるようになりました。
こんなぐうたら母(私)に慣れているので、何から何まで手を出してやってくれようとする祖母に対してペースが崩れる感じなのかな?
そんな息子を見ていると、いつも吉本ばななの「キッチン」の冒頭を思い出します。ばあちゃんに辛くあたる孫を見てばあちゃんを亡くしたばかりの主人公が心の中でばあちゃん大切にしろバカ、みたいこと言うやつ。(うろ覚え)

家族が多いとめんどくさいこと、多いです。

ケーキ買うのにも迷いますし、息子と義母の間に入ってあーだこーだもいたしますし、料理の量も洗濯の量も働く主婦には結構きついものがあります。
が。
並んで栗の皮をむいている、そんなときの温かさや、それでも孫を可愛い可愛いとにこにこ見ている情のぬくもり、すったもんだで心をぶつけあう間柄から発生する当たり前の馴染んだ空気。
そういうこと知るとね、やっぱりいいよなと思うんですよ。

それには多少の努力と歩み寄りと諦めと(!)体力が必要です。だって、ゼロには戻れない。

だから、たまには一人でこっそりケーキ食べるくらいでバランスとれるんじゃないか?とも思ったりするんだよな。
結構、私、頑張ってると思います。


Twitterボタン
Twitterブログパーツ
家族スイッチ  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


::輝くその瞬間
秋の銀座をひとりあるいていました。

丁度一年前も同じように同じ目的をもって歩いていたことを思い出しました。
立石有美の個展」へ。

一年たった作家の作品たちはどんなのだろうとわくわく。
単純に、友人に久しぶりに会えるわくわく。
もう、出会ってから20年以上がたつんだなぁなんて思いながら。

画廊の入り口に、通りに面して飾ってある、“ハナ”という作品がありました。

一見植物をモチーフにしているのかな?と思えます。
でも彼女は言いました。

「そのものがパッと輝くその瞬間を“ハナ”と呼ぶことにしたんだよ」

と。

誰にでも何にでもある輝く瞬間。
だから、花でも華でもはなでもなく、もちろん鼻でもなくて、“ハナ”なんだって。
記憶の中にほんとのお花が咲いているイメージも残ってはいるけどね!とも言ってたな。

輝く瞬間は一度きりじゃなく何度も何度もその瞬間はくるんだって。

パッと咲くような輝くような刹那だね。

すごく嬉しくなる話じゃありませんか。

私はその刹那がいくつも繋がってその人らしい輝きができあがるんだと思っているのだよ。

他にも、この形はなに?これは何からイメージしたの?とうるさく聞くわたしに丁寧に答えてくれた彼女からは、やっぱりすごい力強さと、アーティストの頑固さ(!)と、子供のような感性がうかがえて、
ずっと私の胸はわくわくが続いていました。
101002_1643~01

やっぱり秋は美味しいご飯と芸術ですな。

【arts・dance】  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::走る!!ラブフライボウ。
忙しかったり、異様に眠かったり、メールの返信だけで精一杯だったりして
なかなかブログの更新できませんでした。

仕事の記録だけなのも色気がないし、なんか書きたいこともするすると流れる始末。
ならば写真だけでも載せちゃろう!
って日記。

さぁ!次のステップへ

sawasawaa秋

子育て広場、さわさわは子供が1歳になったら卒業です。
マタニティからご縁があった方なんて、それはそれは別れがたい卒業の日なのです。
1歳になればほら、ボールも膨らますことができるし!・・・なーんてのはうそだけど、「やってやるぞ」って
意欲が見られるお年頃。
新米母たちの、この笑顔がもう見られなくなるのはさびしいけど・・・・
さわさわマスターのみさえちゃんの言葉を載せておきます。

こんなに大きくなるなんて、あの頃は想像できなかったよね。
ああ、今日は疲れてるみたいだなあ、とか、
元気そうだなあ、とか、
いろんなときがあったけど、
赤ちゃんだけじゃなく、
お母さんたちも、いっぱい成長してるなあ、と、
ほほえましく感じています。
1才過ぎると、0才の頃とはまた違った大変さもあるけれど、また子どもとの暮らしがどんどんおもしろくなるときでもあります。
応援してるからね~


20人超えの人数ですので、正直わたしはここまで皆さんの調子を伺うことはできませんでした。
そのかわり、みさえちゃんが静かに見守ってくれています。
ただ、わたしもね、「応援してる!」って気持ちは同じです。
またいつかどこかで!

ヘナマジック♪体験中

hena1.jpg
インドヘナでヘアパック中に授乳してます(笑)
彼女が感想を寄せてくれたので、ご紹介しましょう。

ヘナ中は塗った頭がカッカしてる感じで、体はじんわりと汗かくぐらいポカポカと温まりました
意識ははっきりとあるけど、頭の後ろというか首のつけね、眉間、まぶたがジーンと重い感じ
ふわふわするけど、気持ち悪い感じはなかったです
今はコロっと横になってお抹茶の良い香りに癒されてます
頭から何か出てきたときは、びっくりでした!(◎_◎;)
産後、皮脂バランスがおかしくてベタつき傾向だったんですけど頭皮がキュッと元気になったのを感じます。
今日はありがとうございました。
またヘナの機会があれば呼んでくださーい
とっても楽しかったです!


親子の時間

母は強し

こちらのサークルはお子さんの参加は生徒さんにお任せしています。なのでかなり自由。
お子さんも、すっかり場に慣れています。
もう余計なことは言いません。
母は強し!!

いっぱい触ってあげましょう

101001_1036~01101001_1036~02

なんていいお顔!
ベビータッチ、いつからいつまでなんて括りはないのです!
いっぱい触って確かめ合いましょ!!

暑苦しいほどスキンシップにはかなり自信のある我が家です(笑)
思春期の息子も、4年生の息子も、母の手が必要なときは動物のように擦り寄ってきます。
手に触れてもらえる気持ちよさ、安心感、ちゃんとわかってるんだと思います。




こんな感じにあっちいったりこっちいったり、
ラブフライボウの看板掲げて走り回っております。

今週は、6日と10日に「ヨーガへの一歩」が府中で10:00から。
10月のラブフラデリバリー(出張版)は、すべてうまりました。ありがとうございます!!
<現場から>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2010 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。