日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::さよなら重力
あぁ、なんていう放置状態。
「せんせー、8月の予定おしえてくださいよー」と生徒さんに言われているしまつ。
なんでかなー。なんでだろー。
全然うごけない。

いや、誤解なきように。ちゃんとお仕事はしております。

今日なんてね、素晴らしいクラスだったよ。夏休みにも関わらず、集まってくれた皆、ありがとう。
台風や気圧、湿気に翻弄されて悩み多き身体をかかえたみんな。(私含む)
一緒にすこしだけ流せたね。
「流れた~♪キテヨカッター」そういう笑顔をいただけたとき、ほんとうに幸せな仕事だなぁと思う。

で、これは別として。

今、インプットもアウトプットも微量な感じなのです。
微量だけどバランスは取れてるのね。
しーんと自分の中が静かでね。
流れに乗れなかったら乗らないの。前に人が走っていようと、たとえ私が集団から遅れを取っていようと、
自分だけをみたらただ自分のペースで歩いている自分がいるだけだもんね。前も後ろも見えるけど目に映っているだけというかね。

物欲がまったくない。あと、所謂自己実現欲というの?「願い事は口に出していえば叶う!」とか、
「いまあなたは試されてるのよ!」なんてのはもうノーサンキュー。
ちょっと自分で意欲の無い、やる気の無い子だと勘違いしちゃった。
そうじゃないの。ちょっとものすごく今、自分の中がシンプルで、事足りている感じ。
でも、持っているものは豊かだからそれでいい・・・

うぅん、何を言っているかわからないですよね。自分でもこれはいったいどういう状態なんだろうかと様子を伺っているところなのでね。

ブログ(というか、私の文章)もつまんないな。なんて思っていたらかけなかった。
面白いことはいっぱいあるのに。

というか、いまのこの状態が非常に面白い。私的にとても面白いのです。
だからもうしばらく待って。(誰に言っているのか・・・)

ともかく今月中には予定を載せますね。次回31日は是政文化センターでラブフラ朝ヨガクラスがあるよ!
夏休み、お出かけ中の方が多いよね。ぽっかり都合がつく方はお顔みせにきてね♪

そうそう、関係ないけどね、先日夜に近所の友達から突然飲みに行こうと誘われたので、
夕飯を食べた後にのみに出かけました。
久しぶりにあった友人は私と同じ年の熟女のくせに、まーーーーーーーっくろに日焼けしてた(笑)
もうそれはそれは潔いかんじに。沖縄帰りだった。
アンチエイジングはやりだけどさ、こんだけ日焼けしてても彼女は若々しかったよ。たぶん手入れなんてたいしてしてないよ(笑)
こういう人は話をしていてもなんだか気持ちがいいですね。
自由な風が吹いていました。

というわけで、
おやすみ!

♪さよなら、重力。ぼくは自由だ~

と歌いながら、おやすみ!
スポンサーサイト
セルフスイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::キケンな人のがっつりした日常
先週もたいへん面白い一週間だった。

だけど真っ只中にいると、忙しくてちょっと嫌になる。
好きなことも、やらなくちゃいけないことも、気持ちがいいことも、寝不足なことも、美味しいことも、
しんどいことも、全部ひっくるめてめんどくさくなったりもする。

いちいちが悩ましい。

とにかく、金曜日が満月で、その前後にいろいろと面白かったきがする。

fullmoon.jpg

ある日。
次男Kと近所の映画館へ、【鋼の錬金術師 嘆きの丘ミロスの聖なる星】を観にいく。
私とKはハガレンの大ファンで、ふたりして作品が終わってしまったことを嘆いていた。「最終回なんてこなければいいのに・・・」と言いあっていたあの日。映画だけでもまた会えてよかったよ。

ある日。
ヨーガの練習で、先生の完璧な太陽礼拝を見て感銘をうけた。はじまりはいつも丹田から、っていう名言を体現してるひと。すばらしかった。

ある日。
真夜中の午前3時15分。
満月に呼ばれるように目が覚めて、何気なくツイートしたら、同時期に目が覚めていた友人あり。
翌日のラブフラヨガの生徒さんにも、同時刻に目が覚めたといわれてびっくり。

ある日。
この日は数ヶ月ぶりの生徒さんばかりがあつまったラブフラヨガ。皆さんが暑い中汗をたらしながら坂道を上ってやってきてくれた。坂の上から来たのは私だけ。なんだか申し訳ないような・・・暑い日だった。

ある日。
多文化ヨガ講座にて。タイ、中国、インド、台湾、そして日本。アジアンな女子達とのひと時。
じつはドキドキしていたけれど、同じアジア人。親しみの持てる面持ちで最高の笑顔に救われた。
かたことで、「キテヨカッタ」と伝えてもらって喜びに満たされた日。
伝える手段は言葉だけじゃないということに気づいたことをあらためて思い出させてもらったきもち。

ある日。
忙しい、大変だ、自分の時間がほしい!そう思いがちだけど、じつはめんどくさいこともやらなきゃいけないことも、不本意なことも雑用も全部ひっくるめて自分の時間なんだと気づかせてもらったひととき。

ある日。
「キケンなひと」と褒められた日。

「あなたの本質は相当キケンなひと。それを社会に繋がらせているのが家族であったり仕事であったりするんだね。」
あぁ、これって前にも他の誰かに言われたことだ。褒め言葉だと思ってるけど。

ある日。
うっかり自分のインドパンツと一緒に長男の体操着を洗ってしまった。
見事にラベンダー色に染まった体操着を片手に、彼に謝ろうとしたら、「いい色だね」って言った。誰に似たのだろう。その心の広さ。

ある日。
“成熟した大人の性を語り合う会”に参加。自分のセクシュアリティを見つめなおすとかなんとか。
とても興味深く面白く、楽しいひと時であった。
「産む現場」にいるプロの話も、隣の夜の生活話的な話も、妙な持論も、経験も、シェアするのは面白い。
でもやっぱり性ってつくづくパーソナルなものなんだなーという実感。
人のモノサシがこうも長さが違うものかと感心したような驚いたような時間であった。
とりあえず、私は寒いときより暑いときにするセックスがすき。

散々真面目にも軽口でも性のお話をした後、一人深大寺の獣道のような道を通って帰路についた。
そして、かえってからJGと息子二人と一緒にアイスを食べながらテレビをみて大笑いした。
私の日常はこれだ。
これが、愛しい日常だ。

今日はサッカーの試合で朝から炎天下で肌を焼く。子供の一生懸命をサポートした一日。
もうだめだ。ギブアップ。
裸で転がっている息子達の間で私も転がって寝よう。お肌の手入れなんて、今日はもうしない。
ねむくてしょうがない。

そして、明日は働いた後に、男だらけのバレエ団「トロカデロ・モンテカルロ・バレエ団」の公演をみるよ。
私は常に、感動してたいんだ。なんにでも。

では、おやすみ!




セルフスイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::夏の風。もやもやを受け止める。
110705_1355~01

夏の昼下がり、友人の娘ちゃん、「マキさんのまね」ってボールにのって見せてくれました。
くちびるが可愛すぎる

たまに訪問するヨガ仲間のYちゃんのお宅。
ラブフラデリバリー(出張ヨガだったり、ヘナの施術だったり)のときもあるけど、ただおしゃべりに行くことも。

小さい子を持つお母さんと仕事柄接することは多いけれど、なかなかじっくり話をするのは案外ままならないので、Yちゃんから聞く、放射能に対する考え方や、周りのお母さん達の様子や、いまどきの幼稚園事情などのお話はとても興味深かったです。水はどうしてる?とか、外遊びはどう?なんて意見を交換し合ったり。
ついでに、私もハワイアンウォーターのサーバーが欲しい!!とか(笑)

結論はなかなかでないけど、こうして多くの意見を聞いたり、交換したりっていう何気ない時間はとても大切だよね、って思いました。

かえってから、Yちゃんがメールをくれたのだけど、それがとても・・なんていうかシェアしたい内容だったので
少し抜粋して載せさせてもらいますね。


・・・(略)
やっぱりヨガでもヘナでもお願いしておけば良かったな~なんて、ちょっぴり思ったりもしたけど、
マキさんと一緒のあの時間だけで、十分過ぎるくらいにほぐされてしまいました(遠隔ヨガ??笑)

相変わらずちっちゃいちっちゃい世界の中で、めちゃくちゃ狭~い視野しか持たずに、子供に振り回されながら、幸せいっぱいだけど単調な日常をセコセコと送っている私を、マキさんのお話はいろんなトコロへ連れて行ってくれました。
そしていろんなコト言い訳にして疎かにしちゃってる沢山のこと、オシャレすることとか、オンナとしての潤いを保っておくこと、音楽を楽しむことや、ちゃんと社会とつながっておくこと、そんな当たり前のことの大切さを思い出させてくれました

(中略)
震災後、自分の中でのいろいろな思いも、だいぶ整理されてきてると思ってたけど、まだまだ思いっきり混乱してたんだナ。まるでまとまりのない、自分でもよく分からないモヤモヤの断片を噴出させることに終止しちゃった。
「親の価値観を吸い取って生きる子供について」ってことも、ものすご~く考えさせられちゃった。
カルく浅いところから深~いところまで、いろんなイミでの自分のあり方とか。


・・・・

私からしてみたら、すごーくしっかり子供と向き合って子育てをしているYちゃんです。
そんな彼女でも、やはりこんな混沌とした思いを日々抱えているんですね。ちょっと驚きました。そのくらい、とても素直に子育てしてる。

自分の我を通すところではないときに通したくなる子育て導入期。
私っていったいなに?と思いがちな、子供と密着した日常。
社会と離れたような感覚に陥ってすごく焦る時期でもあると思います。
だからこそ、こんなストレートなモヤモヤした思いをメールで届けてくれるなんて、すばらしいなって思うんです。
私はもっともっと歪んだ形で心に抱えてしまって、人に伝えようとも思わなかった(涙)

私はちょっぴり先を歩いている先輩ママとして、たまにこうして違った風を吹かせにお邪魔するっていうのも、
なにか意味があるのかなぁなんて、嬉しく思ったりもしました。




私が、先日日記に書いた羅針盤の【ロビンソン】を彼女におススメしたら、代わりにjamiroquaiの【half the man】をススメてくれたよ。
ぽーんと宇宙に放りだされたような気になったって。
ふふ、友達のそんな心のちょっとした宝を教えてもらえるのって、うれしい。ねぇ。



帽子被ってない姿が新鮮だわー
と、夏の日が差し込む部屋でご機嫌に聞いていたら、息子が「あ!カップヌードルの人だ。」と言って通りすがっていきました。

あぁ、今日も暑いね!
ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::違うどこかへ飛びたいの。
友人がスピッツのライブに行ってうきうきしていたので、私はつい最近久々に聴いた
羅針盤の【ロビンソン】を今日もまた聴いて過ごした。


マサムネ氏のあの独特な奇跡の声で歌われる曲をカバーをするって、どうなんだろーと「スピッツのカバー」と聞くだけで「んー?」と思ってしまうのだけど、羅針盤のロビンソンは素晴らしいよ。
違うどっかへ連れて行ってくれるよ。
こんな方法もありなのね、って連れて行かれ方だよ。



先日、友人と美味しい蕎麦を食べながら他愛の無い話をたくさんして、なんともいい時間をすごしたのだけど、
たくさんの話題の中に、「親の価値観を吸い取って生きる子供について」というのがあった。
今回の原発事故の影響に関しても、あまりにも各家庭での温度差が激しく、其々の親の価値観や視差を素直に吸収して生きる子供達を思うと、良し悪しの結果はわからなくとも、親である大人はところどころで立ち止まって今一度冷静に見ることも必要だよな、って強く思った。

それからもう一つ、「もっと力抜いてやっても、じつはある程度生きられるんじゃないのかな?」って話。

いつも忙しい感じ、いつもせわしない感じ、お金ないから稼がなくちゃって思考、自分で稼いでないと好きなことができないよっていう自分ルール、やるからにはもっともっとと学びを追い掛け回す癖、泡のような活動に憧れながらも「あのひと、いったいどうやって食べてるの?」と不思議でならない自分のやっかいな物差し。

これらを一掃してやってみても、もしかしたら実は今とあまり変わらないんじゃないだろうか・・・
そんな自由な発想をちょっとだけ持った帰り道。

話は戻るけど、羅針盤のロビンソンを聴くと、

パァーっと全部手放してしまいたくなる衝動に駆られる。

もし私が、突然今ある諸々をやめたり間引いたりスタイルを変えたりしだしたら、それはロビンソンのせい(笑)
違うどっかへ飛んでいったせい。
いや、そのまま今までどおりちまちまと汗水たらしている可能性大だけど。これも、たまにはね、
足をとめて考えてみるのもいいかもね。
【music】  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2011 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。