日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::VIVA!小学生。
息子2号。小学生最後の運動会でした。
組体操はすばらしくて泣いた!!
音楽の選曲も素晴らしくてね。ROCKテイストで、クイーンではじまってあげあげ♪
一人技、二人技、グループ、全体とどんどん増えていくんだけど、間にエアギターのフリまで入っちゃって、
クスッと笑ってしまう楽しさもあり、力が合わさって全員が形になるスケールの大きさに感動もあり、
「もう小学校の運動会に来るのも最後だね」とJG(オット)と話しながらジンとしました。

運動会組体操

思わずヨガのポーズだ!と写真をとってしまった^^
小学生たちの【サーランバ・サルヴァンガーサナ】
小学生たちの【チャクラアサナ】

大きくなったなぁ。。。。

しみじみ。
来年は中学校の体育祭だね。お兄ちゃんは高校生になる(たぶん)。親はどんどん遠くから子供の成長を静かに見るようになるのね。

というわけで。
今日は週末にあった運動会の振り替え休日でした。
ちょうど私もお仕事がオフ!
ここは、どっかに連れて行ってやろうということで、息子とその友人たちを連れてサマーランドに行って来ました!

彼らは電車の中でも楽しそう。途中でお菓子の交換をはじめて、ちゃんと私にまでくれるんだもの。
平日でいい具合に空いている室内ドームプール。
もう6年生だしほっといて私はプールサイドで本を読んでいました。
そしたら、「一緒に遊ぼうよー!」と誘ってくれた(笑)

母さん、喜んで少年達に混ざってビーチボールで大遊びしてきました。楽しかった~
気づけば4時間も経っていて指先が皺皺だったよ。並みのプールにも流されたよ!

かわいいのね。

でも、きっと来年は、中学生になったらそうも行かないでしょう。
小学生と中学生。たった1年の差だけどそこには見えない境界線がある。
ランチタイムに、「おれキャベツきらーい!」と少年Aがレタスを残したので「それ、キャベツじゃないし、レタスだし!」と突っ込んだら、「・・・どうちがうの?」って言う。
少年Bが「ちがうだろー!味はいっしょだけど、厚さが違うじゃん!」って言う。「味、ちがうから!」と更に突っ込むと、ずっと何が違うかを話し合っていた。
トンチンカンでかわいいね。
もう、ずっとニヤニヤしながら傍観していました。

なんだかとっても貴重な時間をすごしたような気がしたよ。
楽しかったです。ありがとう、小学生!
スポンサーサイト
家族スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::自分に差し出す手
まだ夜中にぱっと目がさめると、マスターの「Yes or No?」という問いかけと、マドカ先生の「いいですか?大丈夫ですか?」というマスターの一言を追いかけるように私達を置いてけぼりにしないようにする叱咤激励の言葉が頭の中をリフレインする。

千草ちゃんが言っていた言葉をかりると、「大雨の水をたくさん集めるのに、ペットボトルくらいの口しか空いていない」状態の私はせっかくの教えをポロポロと取りこぼしてしまって、情けない思いをしたのだけれど、知らず知らずに私の中から何かが発せられているのは確かなようで、謙虚に少しずつでも噛み砕いていきたいなと思った今日のレッスンでした。

私の現場にいるのは、産前産後、そして更年期からシニア世代の女性たち。産後のほうは新米ママさんからそれこそもう10年以上たってるよって方もいます。
その現場でこの正しい教えをどのように生かしていくか、それが私の課題だと思っています。

今日はじめていらした方は、3人のお子さんのお母さん。カラダはもう死んでるような状態だという。
ママから離れない第3子をとても丁寧に育てていらっしゃる印象を受けました。
途中、お子さんがぐずってご自分のヨガは中断されてしまったけれど、ちゃんとお子さんと向き合っていたので大変でしたねと声をかけると、
「ここに来られただけで嬉しいです」とおっしゃったのです。押入れから以前使っていたヨガマットを取り出すだけで嬉しかったと。
自分自身のための小さなアクション。
子育て中のお母さんにとってこんな小さなアクションが染みるように嬉しい。その気持ち、痛いほどわかります。
家族に、わが子に差し出している手を自分自身に差し出す瞬間。

マットのうえで行う動きだけがヨガじゃないというお話、してみました。
少しずつ其々の胸に届いてくれたようで、レッスン後こっそり心が明るくなったと打ち明けてくれたかたもいました。

今の気持ちをしっかり感じて味わって、自分の中のどろどろざわざわに蓋をしないで、心もカラダも受け入れてそれを感受性として育てていけたら、今後の人生がぐっと楽しく面白くなる。
大人って楽しい、って思える。
私はそれがなかなかできなかったからその後大変だったけど、気づいたから今があるんだよね。だからこんな仕事をしているんだよね。
「経験は智慧」っていう言葉を心に刻んだのはたしか次男の産休中だったよなーと思い出していた一日でした。

帰りに生徒さんにカレー屋さんに連れて行ってもらいました。
ネパール料理。うまうま。熱々のナンを頬張りながら、中年女のお悩み話で盛り上がりました。みんな素敵!
120510_1244~01120510_1254~01



ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2012 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。