日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::また君に会えて嬉しい。
みごとな秋っ晴れ!

温かい・・というより暑いくらいの日差し。もうすっかり見納めたはずの日傘をさしているひとを見たよ。

今日はちょっと不便な場所に建っている施設で『産後ヨガ』クラスでした。
そして、お一人以外は皆さん出産後はじめてのご参加。

「あぁ、あなたがお腹にはいってた子なのね!」
と思う気持ちを味わえる贅沢なクラス。

中には第一子の出産後にクラスにいらして、3年のママヨガクラス、第二子のマタニティクラス、そして産後クラスと長いお付き合いの方もいました。
もう、私はすっかり親戚のオバサンか田舎の婆さんの気持ちよ。

ちょっぴりお姉さんのKちゃんの姿に、新米ママさんたちは「わぁ、あんなになるんだねー」と目を細めて。

今日はお茶室にもなる和室だったんだけど、窓を開けるとプチ石庭まであって日当たり良好。
でも部屋の中ではあちこちからボキっバキっと身体がなる音と「ひぃー」っていう悲鳴が(笑)
出産後はとくに足がぐらぐらだよね。骨盤もまだ安定しない。恥骨がまだ痛い。腹筋なんてどっかにいっちゃった。縫ったから上手く歩けなかった。膝立ちで膝酷使していたい。もちろん腰痛予備軍、おまけに手首だっていたくなる。
あたりまえの症状。だけど、それは防げたり、セルフケアできたり、できること。

ちょっとまってね。
産後、大仕事を終えたからだは満身創痍。お産は病気じゃないけれど、大怪我した後と同じくらいのダメージなのだって。徐々に癒していきましょうね。

産後メンテナンスに関しては、私はいろんなツールをもって健康な母の心と身体を保つためのクラスを提供しようと思っています。
心のシェアリング、日常生活に取り入れられるセルフケア、乳児育児時期特有の身体のトラブル緩和対策などなど。
それはアンタ、もうヨガとはいえないよ!と突っ込まれようと、これは別。
違う名前がつけばそれでもいいよ。
ただ、根底に、ベースに流れるヨガの教えをしっかり伝えられるように頑張ります。きっと産後母を助けてくれるヒントがあるから。


20分以上歩いてきてくださったかた、バスを2本乗り継いで来てくださったかた、いち早く先生に赤ちゃんを見せたいといって来てくれたかた、みんなありがとう。

次回は11月13日ですよ。
happybaby.jpg
スポンサーサイト
<現場から>  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


::記憶の粒
121018_2108~02

夕食後に石榴。綺麗だねぇ、宝石みたいだねぇ、とか言いながら、ちゅうちゅう吸う。
甘酸っぱい石榴を食べながら、次男と一緒に算数の問題を解く。あしたテストがあるらしい。

昨日は仕事を抜け出して、長男の合唱コンクールを観にいった。
15歳の声は、もう男の声として安定していて立派にハーモニーができていた。
数日前に何かにイラついて、曇った顔をしながら必死に出口を探してる様子だった人が舞台で友人達と
声をそろえて歌ってる。
若い声が重なり合って青臭い真摯な波動が伝わってくる中学生の合唱コンクール、聞いていると涙がでてくる。

彼のクラスは金賞を受賞した。
帰ってきた長男に、「おめでとう!」と言ったら嬉しそうな、恥ずかしそうな、どうでもよさそうな、顔をして笑った。

算数の時速の計算をしながら次男が
「おにいちゃん、今日は機嫌いいね」と呟いた。
「そうだね。よかったね」と石榴をしゃぶりながら返事をした。チビなりの心配。
兄ちゃんはきっと今脱皮中なのだ。だから大丈夫だよ。
そして、この先の問題は私じゃなくておにいちゃんに教えてもらってね。と伝えておいた。

「あ!あと音読があるんだよ。それだけ聞いてよ」
と言うので、音読を聞くことにした。石榴を食べながら。


「じゃぁ、行くよ?ちゃんときいててね。」
「うんうん」


「やまなし。」
!!!!!!

キターーーーーーーーッ!
クラムボン!!!

「クラムボンはわらったよ。クラムボンはかぷかぷわらったよ。」
言わずと知れた宮沢賢治の『やまなし』だ。

自分が小学生のときに初めて読んだときの衝撃。とうとう「クラムボン」がなんだかわからなかった小学生。
言葉の面白さにノックアウトされた瞬間だった。いまでもしっかり暗記していて、チビと一緒に音読したら「一緒に読まなくていいよー。聞くだけにして!」とおこられた。

しかし30年以上残っているフレーズってすごい。
案外長男も合唱コンクールで歌った歌を30年後も覚えているかもしれない。
「あの曲、けっこう好き・・・」とか言ってたし。

子供の頃の記憶の断片、この石榴のつぶつぶみたいにひとつづつ、
私達の頭や心に残ってる。
ひょんなことでパンとはじけてキュンとなる。甘酸っぱいね。
日常雑記スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::母さん勉強中。
今日はカフェスローでひとりお勉強。
お昼になってご褒美のランチ!インドのワダ(?だっけ?)がついてたよ。中身は枝豆^^うまうま。

121009_1353~01

そのまま午後は友人と落ち合って沢山話をしたのだけれど、
やっぱり頭に詰め込んだことを口に出して言うと理解が深まる。難しい哲学も、日常に落とし込んでみると案外子供の頃に周りの大人たちから教えられてきたようなことや、児童文学から学んだエピソードや、お寺で聞いた話なんかを思い出したりするんだよね。

話の中心は仕事と子育て。子育てに関してはちょっとだけ彼女の先を歩く私なので、自分の時には見えなかったことが、今だから見えることもあったり、私も振り返ってまた学ぶことが多い。
午前中ヨガテキストをずっと読んでいたもんだから、ついつい熱く「それはさ、きっとこういうことなんじゃないかな?」「今頃やっと気づいたんだけどさ!」なんて語ってしまったり。
いつになく饒舌なわたしだったと思います。
目で見て頭で理解して・・というのが「読む」ということだと思うけど、それを「自分の口からまた語る」というのはすごい勢いで腑に落ちるもんだなと、今更ながら。

「そのことを1分以内で説明しなさい。それが出来なければそのことを知っているとは言えない。」というようなことを孝も言ってたしな。(※注 大学教授、齋藤孝様のことでございます)
なんてことをあれこれ感じながらの昼下がりでした。

気分よくてデザートまで食べちゃった。
121009_1441~01
ピザじゃないよ。
さつまいもとアップルのタルトだよ。

私は子育ての最終地点は、我が子を家庭から社会にしっかり送り出す。ということだと思っている。
こんな面白くてありがたいお仕事をさせてもらっていることに感謝。思い悩むことも沢山あるけれど、そういうときこそヨガっててよかったなと思う。暗闇から導いてくれるものを心に持つ、というのは大変にありがたいことなんだと実感する。

++

そうそう、昨日は息子二人と一緒に高尾山に登ってきた。
けっこうよく行くのだけど、毎回思うことがいろいろ生じていいことも問題点も気づきをたくさんくれるからありがたい。
昨日は次男が下山するまでの道のりをずーーーーーーっとすれ違う人たちに「こんにちわー!」と声をかけて歩いていた。
びっくりしたよ。物怖じしないあの天真爛漫な様子。長男はちょっぴり恥ずかしそうにたまに「こんにちわ」って言ってたけど、最後はどこぞのおばあさんと仲良くなって二人ですたすたと先にあるいていってしまった(笑)
「こんにちわー」って次男が声をかけると、明らかに嬉しそうに「こんにちわ!」と挨拶を返してくれる人のほうが圧倒的に多かったのがなんだか嬉しかった。
終いにはブロンドヘアのお姉さんや大柄のヤンキーボウイにまで「オォ!コンニチワ!(もちろん「二」にアクセント)」と返してもらってたんだから!

なぜ、山では誰彼構わず挨拶をするのだ?
そんな疑問は彼の中にはないのだろうか。
ただ受け入れている、ってことなんだろうなー。なんだかまっさらで素直だなー。って感動してしまったよ。
こういうのがサティア(誠実)なんじゃなかろうか、なんて母さんは一生懸命脳細胞を活性化させながら考えて歩いていたよ。

市井の人のヨガ哲学、扉をあけたら面白くってしょうがない。
お手本はやっぱり身近にたくさん生息しているんだよ!それがやっぱり面白いのであった。

そんなわけで、母さんは味噌汁つくりながら、洗濯たたみながら、勉強中なのであります。
121008_1058~01
ラブスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::いつも想っているよ。
121001_0322~01
嵐が去って、満月の夜。夜中の3時15分ごろ、突然目がぱちっと覚めてしまいました。
こんなこと、めったにないし、この目の覚め方がバイオハザードの水槽に入ったアリスが突然ガバッと目を見開く感じ(・・・)あんな感じで目が覚めたのです。カーテンを開けると、大きな月が光っていました。
「呼んだわね?」と思わずおもってしまうような輝きでした。

翌日、ツイッターやフェイスブックのタイムラインに、友人達が其々の場所で其々のシチュエーションで見た月の写真がたくさん上がってました。
まさに、“同じ月を見ている”です。(※土田世紀氏の漫画作品タイトル)
よく「子供、猫、空、食べ物、そんな写真アップしてつぶやく意味あんのか」と辛辣にいう言葉を聞いたりもするけれど、まぁ、わからなくもないけど、べつにいいじゃん?ねぇ。それを見て何を感じるか、必要なければやらなきゃいいし、わたしみたいになんとなくホッコリした気持ちになれたらそれでいいもの。

「あー、あの人、いまあそこで空見上げてんのね。」と思いを馳せると、キュンとするよ。
電話したりメールしたりはあんまりしないけど、
いつも想っているよ。

+++

【10月のスケジュール】

5日(金)10:15~11:45 是政文化センター 和室(定員4名)
7日(日)10:15~11:45 スタジオリムザ
16日(火) 9:30~11:00 日野
20日(土)14:00~15:30 小平(多文化ネットワーク)
21日(日)10:15~11:45 是政文化センター 大広間
26日(金)10:15~11:45 生涯学習センター 和室
28日(日)10:15~11:45 是政文化センター 大広間
30日(火)10:30~12:00 東府中オンリーワン 
  

サークルとレギュラー一般クラスがあります。お問い合わせくださいませ。
10月はマタニティ&産後オンリーのクラスはありませんが、対応できるクラスをご案内しますので
お気軽にご連絡くださいませ。

ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2012 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。