日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::満月のよるにオーエさんとタカノさん。
LOFT.jpg

この夜は、最高の宴だった。空には限りなく満月に近い月。

仕事が終わった後にひとり大久保へ向かった。韓流ファンがウキウキ通り過ぎる職安通りへでて、小さな音楽カフェ、ネイキッドロフトへ、ずっと楽しみにしていたライブを観に行った。

大江慎也&高野哲@新宿ネイキッドロフト

なんて私得なライブなんだ。(両者のファンです)
大江さんなんて、こんなに近くで観るの、何年振りだろう。いやいや、考えてみたら私は彼のソロを生で観るのは初めてじゃないか。
数か月前にオットが彼のソロライブにいって、良くも悪くも、もういろんな想いに翻弄されてかなり酔っぱらって深夜に帰宅したことがあった。ベットの中で半寝状態でライブの感想を聞いていた私だ。
同じライブを見ていた従妹の感想もFBで読んだりして、だいたいの雰囲気?あぁ、今はそんな感じなんだな。とぼんやりイメージをしていた。
もうすぐ55歳。ゴーゴーな年齢にお祝いライブをやるらしいとの情報も得た。ふぅん。
あーだこーだと心の中ではいろんな思いがわくけれど、やっぱりそこに居れば目が離せないし、心も踊るというもの。
ロフトに向かう足取りはもう小走りだったよ。

ツーマンなので、入り口でいつものように「誰を見に来ましたか?」って聞かれる。
なんか人数を把握しているんだろうね。ただのアンケートのようなものなのに、本気で「両方だよっ!」と心の中で思ったりして。

前半1時間は高野哲が登場。
哲さんは先日青山でチャボ氏とも共演している。私はチケットが完売してしまっていたので行かれずじまいでかなり残念な思いをした。
彼はいつもチャレンジしてる。アウェイな環境でもどんなにずっと憧れてきた人との空間でも、いつもの調子で果敢に挑んでいく。その姿が私は好きだ。 BATTLE OF LOVEだ。

大江慎也と共演。さぞかし緊張と喜びとで胸がバクバクしてるんじゃないかと勝手に推測。
案の定、ルースターズの曲を一曲カバーする際の選曲目的だけの飲み会までしたらしい。
しかし、登場した彼はいつもどおりのギターとノリと歌声とでぐいぐい引き込んでいった。
リードボーカルをやっている3つのバンドから7曲と、ルースターズのCMCを自分のバンドメンバーカジくんと一緒にそれはそれは楽しそうに演奏した。
上手いとか下手とかじゃなくね、「好きなんだなぁ」と微笑ましくなるようなハッピーな演奏だった。
そしてやっぱり殺傷力の強い歌声。いい声だ。
余談だけど、彼がカバーに選んだ曲は、当初CMCじゃなくてガールフレンドだったらしい。この日まで一生懸命練習してきて、いざ当日。楽屋で大江さんのセットリストみたらこの曲があって「えぇぇぇ?!」と心の中で叫んだらしい。「今日一番の大事故でした」って言ってた。

続いて、いよいよ、大江登場である。
ばばーん。ちょっと!!!!!びっくりな姿で目の前に現れた大江氏。なんと、オールバックにスーツ、そして、水色の蝶ネクタイ!!
なんていうスタイルだ。最近はこんななの?そうなの?と思うもひとりぼっちなので聞く人もいない。
太っちゃ、貫禄ついちゃって、お元気そうだ。
ちょろっとMC。あぁぁぁぁぁぁ、ほんとに噂にたがわず何言ってるのかわからなーい。
けど、ご機嫌よろしそう。
なんてごちゃごちゃ衝撃を受けて口開けてみていたら、一発目にいきなり「CASE OF INSANITY」が・・・。
心の準備がまだできていない。まだ耳に高野哲の声が残ってる、そんな一発目にきた。この曲に鳥肌がたつ。よれよれなメロディなのに。
昔何度も聞いていたそれに比べたら…いやいや、くらべちゃいかん。そういう問題じゃない。いま目の前に大江さんがいてギター弾いてて歌ってる。もうそれで十分だ。
懐かしい曲もたくさんやってくれて、なんと1時間15分くらいで14,5曲やったんじゃないだろうか。驚異的。

ハイボール飲みながら、哲さんはコロナビール飲みながら、楽しげに二人でセッションタイム。
フール・フォー・ユー、恋をしようよ、モナ。一緒に歌う姿が・・・・・なんかもう、
おじいちゃんと孫?!みたいな。
大江さんは楽しそう、哲さんは嬉しそう。音楽って素晴らしいな。
哲さんが一生懸命大江さんの表情や手元をうかがって、しっかりばっちり、キメてきた。かっこいい。

客席からもヒュー!とかピィーとか、指笛までなってたよ。往年のルースターズファンのアダルティな方々も、
身体を揺すって楽しそうだった。ツイッターの書き込みで「大江ファンだとわからせたいからルースターズのTシャツ着ていこう」というのをみかけたけど、そういう人たちはどう思っただろう。いろんな垣根を飛び越した先にあるもの、感じ、味わえただろうか。
こんなに楽しいライブになろうとは。
20代の私と40代の私が心の中でがっちり握手をしていた。

「続けているといいことあるもんですね。」
そういっていた哲さんの言葉が印象的。

続けていれば、こんなご褒美がある。
キッズだったころに憧れていた人と共演するに至る道。それぞれが同じ方向をみて歩み続けていなければこんな楽しい時間はなかったということだ。
そして、その人がまだその道を歩き続けているという事実も喜ばしいことなんだ。


この日はもちろん、今度は私が仕事帰りの疲れているオットをつかまえて語りまくり、かってに酔っぱらって寝落ちしてしまった。
朝起きたら、ちゃんとお布団をかけてもらって、のびのびと気持ちよく寝ていた私。
申し訳なしです(笑顔)



スポンサーサイト
【music】  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::RE・BIRTH
※先日めちゃくちゃ久しぶりに大江さんを観に行ったので過去に書いた記事をもってきました。
ちょっと懐かしい。


「人間は変わってゆくものでしょう。」

18~二十歳ぐらいの頃、遅咲きの私がむさぼるようにあちこちのライブハウスでたくさん音楽を楽しんでいた頃、ルースターズというバンドが大好きだった。
私が聴きはじめてすぐに、バンドの顔であった大江慎也がルースターズからいなくなって、花田さんがフロントに立つルースターズをしんみりした気持ちで観に行った芝浦ファクトリー。あの日のことは、今でもよく覚えている。

大江さんがルースターズを脱退したその後のことはよくわからなかったし、敢えて調べたりもしなかったしで、そのまま月日はながれていった。
2004年、彼らがフジロックに一回きりの復活で出演することになると聞いて驚いた。
大江さんの活動はその前からポチポチ耳に入るようになって、その頃のインタビューは一通り読んではいたのだけど、(「音と人」のインタビューなんて)読んでいて苦しくてつらい・・・という印象だった。

そのころ私はチビたちの子育て真っ最中で行くことは叶わなかったけれど、後々そのステージは素晴らしかったと、ライブを体験した何人かから聞いたし、記事もレポもできるかぎり読んでいた。

そのライブに至るまでの一連の様子はこのDVDで伺うことができる。
あんなに衝撃的なロックバンドだったにもかかわらず、そうか。大江さんがフロントにいたのはたった4年だったんだね。
DVD見ながら、バンドの行方、メンバーの葛藤、大江さんの精神状態、大江さん療養期間中の花田さんの奮闘(私が見たのはこのころですね)、が素晴らしい映像と構成で綴られている。爆裂都市の石井さんが監督だ!
RE・BIRTH II [DVD]RE・BIRTH II [DVD]
(2005/08/24)
ザ・ルースターズ

商品詳細を見る



ここに映っているリハーサル、ロフトライブは痛々しくて苦しくてみるのがつらい。
現役バリバリの花田さんの声がやけにつややかで、とにかくその他の音(ドラムもベースも)が格段にレベルアップしていて、時の流れの様々な様子が痛いほど目に耳に感じてしまうのだ。
大江さんのプレイに関してはなんだか見るのが怖いような気さえした。
私は見ながら、うーん、うーーーん、うぅーーーーーーん。と唸っていた。実際。く、くるしい・・・。

どうなの?大丈夫なの?メンバーはどう思ってるの?(リハでほっとんど口をきかないあの空気が余計にハラハラするのよね)
そのくらいリハやロフトライブは見るのが辛かった。声がね。歌が入るとさらに辛いの。

ところがどっこい。ごめんなさい。
フジロックステージの大江さんはどうだろう。
何かが降りていた。
花田さんのギタープレイみて笑っていた。

あの、体力が続かなそうな息遣いはどこへ。あの、苦しそうな身体の硬さはどこへ。
黒のスーツを着て髪もびしっと決めてステージにたち、ガシガシギターを鳴らし、ほえるように歌う。どうしたっていうのだ。いったいあの短い期間に何があったんだろう。
テンションはずっとかわらず。マックスのままだった。最初から最後まで、あのテンションの異様な高さ。ビリビリした。

そして改めて。なんて名曲揃いなんだろう。ドスーンドスーンとお腹にくるね。これらの歌詞はこの人が歌ってこそ、と思った。

やっぱり【CASE OF INSANITY】で波がきた。鳥肌立って涙でた。

DVDに映っている全ての観客に、嫉妬。生の音のグルーブを私にもちょうだい。

そんな風にお茶の間で思っていたのが、そう、2005年だった。

そしてまた時は過ぎ、オットはそれから何度か大江さんのソロを観に行ったりしてたけど、その都度感想をきくだけに留まっていた私。
いつか聴けたらいいなぁぐらいの気持ちでいる。いろいろと噂は聞くけれど、この目で、この耳でそのうちちゃんと観に行くよ!その日を楽しみにしている。

身体だけはお大事にね。大江さん。
【music】  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::残暑お見舞いもうしあげます!
ぎゃー!ひどいわ。あんまりにも更新しなかったから変なスポンサー広告でちゃったわ!
こんなこと初めて。
アクセス解析をたまにみると、こんなに更新していないブログでも毎日少しずつ足跡があって、
たぶん生徒さんが日程を確認したりしてくださってるんだと思うんだけど、ごめんね、マメじゃなくて・・・
反省。

先週は2000年以降一番の暑さの日もあって、ゲリラ豪雨なんてちっとも色気のないネーミングの夕立で雷なんかも鳴っちゃって、あまり穏やかでない猛暑日が続きました。
そんな中、私は46回目のお誕生日を迎えました。
この日をなんと表現したら適切なんだろうか。
「日常の流れのなかでキラッと一瞬輝くけどすぐにまた泡沫の日々に溶け込んでゆく・・・」そんな感じ。

私の誕生日である8月12日は、お盆の前日であったり、日航機墜落の日であったりして、否応なしに「死」を身近に感じるような日でもあるのです。
それは「縁起でもない!」とかそんな話じゃなくてね、「永遠でない世界から永遠の世界へ魂が放たれる」という概念というかそんなとらえ方をより身近に思う日ということ。

実家の母はかるい認知症を患っているが、それでも私の誕生日はちゃんと覚えていてくれる。
「うんでくれてありがとうね!」というと、「何言ってるのよぉぉぉ」と電話口で笑う。
家族がそれぞれの形でそれぞれの言葉で声をかけてくれる。
友人達からのメッセージも然り。今ではSNSを使用していればPCが友達の誕生日を教えてくれる。そんなのなんだか味気ないなとへそ曲がりの私は思うのだけど、実際それをきっかけに彼らからいただける私へのメッセージは嘘でもなんでもなく、心にズキューンと突き刺さる本物の言葉だ。嬉しいものなんだ。
そういったキラッとするものをいただいて、それらは特別だけど、流れの中のたった24時間で、あっという間に過ぎていくのよ。

健康で、平和で、適度に稼げてつつましく生きていける、そのことの幸せさをかみしめて、また祈る日でもあると実感した46回目の誕生日でありました。

そして、お盆が過ぎると海月がでるからね、ってことで急いで実家の方の海へでかけて遊んできた昨日。
母を30年以上ぶりに海辺へ誘いました。
母はかなづちで、水嫌い。私たちが子供の頃もいつも浜辺でサングラスをして日傘をさしてじっと座って笑っていた、その姿が懐かしく。
ちょっとした刺激になるんではないかと連れ出したのだけど、暑くて終始心配でした。
でもなかなか本人は楽しんでくれたようです。

ちょっと優雅なマダム風にビーチチェアに横たわる母。
ところで、母は病気の性質上、気になったことを何十回も繰り返すわけだけど、とにかくもう「あなた、結構腕太いのねー」を30回くらい言われていい加減萎えたということも記念に記しておく。どんだけ気になったんだ!

夏の思い出2013

それから、翌日の今日。
小平へヨガサークルのお仕事に行った帰り道、暑さにうだる向日葵をみました。
しっかり陽に背を向けてるよ。そうだよね、暑いもんね、暑いもんね!!
日常雑記スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2013 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。