日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::涙
先日のクラスで、涙が止まらなかった生徒さんから「ヨガやってよかった。ほんとうにありがとうございます」とメイルをいただいた。
感じ方、腑に落とす時期は人それぞれ。流れる涙も思い切りパーソナルなもの。師が私にしてくれたみたいに私も黙って見守りたいと思っています。
私もヨガの途中よく泣いてました。わけもなく。

産後のクラスも涙があるけど、これはまた美しい涙でね。
日々の緊張の糸がふと緩む瞬間、思いもよらぬ自分の本心の吐露‥‥。ただシンプルにホルモンの具合などなど。
いいと思います。出しちゃえばいいと思います。



今日も暑い中、満員御礼申し上げます。
汗に濡れた襟足のチビっ子達をみて、「夏が来たな~」と、しみじみと感じています。
スポンサーサイト
<現場から>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::何気ない七夕の日に。
気づいたら今日は七夕だったのね。
雨がパラパラ、でも今は月がみえるよ。
昼は440で美味しいカレーを食べた。
旧友とお互いの旅話をあれこれ。
身体の話しもあれこれ。
台風が近づいてくると音が聞こえずらい。
何気に聞こえるほうの左側に座ってくれると、
私の身体はとても安心する。とてもシンプル。
もう無理はしない。

夜空をみると、夜のフライトでみた満天の星を思い出す。
こわいくらいの美しさだったよ。

気づけば七夕。いい一日でした。
コンタクト外したら今日はおしまい。
白湯にレモン精油垂らしてのんだからもう眠い。

明日の産後クラスの準備をしたら、
おやすみなさい。

日常雑記スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::辻井伸行 プレミアムリサイタルの夜
音がキラキラツブツブと弾け飛ぶのを初めて見た。
辻井伸行氏のピアノは音が溢れて輝いて、それは降るように私の身体を包むから細胞が綺麗になるような気すらした。
聴いているこちらの身体が澄んでいく、あの純度の高さはすごい。
「音」を視覚でとらえたことは以前にもあるけれど、今日は桁違いだった。
鍵盤から音がピチピチとんで溢れて、金色に輝いているのをしっかりみたから。
羽のような透明の羽ばたきも見えたから。
楽器と音と身体があんなに一体化しているひとははじめてみたなぁ。
初めて生で聴いたので、終了後Twitterをのぞいたら多くの人が彼のピアノを
「キラキラ」と表現していて驚いた。そうか、見えたのは私だけじゃないんだなって。
アンコールにやってくれたラヴェルの「水の戯れ」なんて曲名知らなかった私が
「わー水が湧き出てきて止まらない!」と心の中で叫んだくらい水の戯れだった。
また聴きたい。
プレミアムな夜をありがとう。
BrtaU2wCAAESGjc.jpg


【music】  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


::インド旅行記①<プロローグ>
インドから帰ってきてあっという間に1ヶ月がすぎてしまった。
頭も体も心も様々な未体験ゾーン突入体験にしばし地に足がつかずふわんふわんしていた気がします。
思い出すと涙が出る。旅行記を書きたくてもちっとも整理がつかず、一日一日ちゃんと終えるのに精いっぱいって感じでした。
新月も過ぎて、やっと少しずつ、記録しておこうとページを開けました。超個人的体験の記録。ひっそり綴っておこうと思います。
fc2blog_20140524233212b8e.jpg


【プロローグ】

心が自由ならばどこへでもいける。そんな妄想を繋いで日常を浮遊している私ですが、、ある日突然「旅」は降ってくるものです。
フラメンコを学んでいた時はいつかスペインに!と思っていて、そのチャンスはやはり突然降ってきました。
ヨガを学んでいたらいつかインドに?いや、まだ早いんじゃないかしら。本当に欲した時に心して向かおう!そう思っていた場所でした。
ところがやはりソレは突然降りてきたのです。

敬愛するヨガマスター、スダカー先生が結婚するという情報が舞い込んできました。
おどろいたのなんのって。マスターって結婚しない人だと思ってたんだもん。(勝手なイメージ・・・)
インドでお式を挙げるという。各国から生徒が集まることになるという。お祝いの席に駆けつけることができるという。
心の奥で、行きたい気持ちが膨れ上がりました。
マスターとの出会いは本当に衝撃的で、言葉では言い尽くせません。現在進行形で多くのことを学ばせてもらっているし、
とても大切な師の幸せな瞬間に立ち会いたい、お祝いをしたいという気持ちがマックスに達した時に、今しかないと決心しました。

1週間ほどの旅です。
2年前に一度、次男(当時小学6年生)に「私、ちょっと旅に出ていいかな?」って聞いたら即「むりむりむりむり!こまるよー」と彼はいいました。
それが今回は「お、いよいよ行くの?グッドラック!」なんて言ってくれたのです。
長男も驚きはしたものの、大丈夫だよって。お弁当も、一週間くらい学食で食べるからいいよって言ってくれました。
仕事中のJG(オット)にメールで「行ってもいいかな?」と聞いたときは、即「もちろんだよ!」と返事をくれました。泣ける・・・・。
高齢の義母も義父も本当に快く協力をしてくれると言ってくれて。感謝の気持ちで出発前から胸がいっぱいでした。
なんでも一人でやっている思っていた頃には考えもしなかった、他者の応援や犠牲があっての想いの実現。こころしての旅となりました。

さて。
そんなわけで、かれこれ16年ぶりの海外旅行。それまでは風来坊だった私が、子供を産んでから海外に行こうと思ったこともなかったなぁ。
しかもインドはVISAも必要なわけで、インド行きを決めてからもろもろの手続きでそわそわしていました。
パスポートだって久しぶり。前回の写真と比べると16年たった私の顔はとてもまろやかになっていましたね。なんかそんなことも嬉しくて。
前回の野心ギラギラ(?)滾っていた勢いある写真も今となっては愛しいけれどね。恥ずかしい。

各地から生徒さんたちが好き好きにマスターのご実家がある南インド、チェンナイに向かいます。ルートも日程も様々で現地で落ち合う形になりました。
私は2年前のティーチャートレーニングで出会ったマブなダチ、かずこ嬢と共に香港経由でインドに向かいました。
わかります?成田ですら胸がトキメクこの気持ち!。あぁ、いよいよ行くんだ。インドに!!その前に香港に降り立つのもうれしい。だって最後の海外旅行は返還前の香港だったから。空港が新しくなっていたのも知らなかったよ。窓側に陣取って窓の外を乗り出すように見ていた私の姿をみてかずこ嬢がにまにまと笑っていました。
旅のはじまりです。

旅行記①

(つづく)














【旅】  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


| home |
Copyright © 2014 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。