日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::召しませ、“ときめき”
昔、「ときめきに死す」っていう映画があったな。
ジュリーと可南子の映画ね。

でも違うのね。ときめいて瀕死だったのは私なのだ。
今週2日間、家族のご協力をいただいて、かれこれ8年間ファンをやっているアーティストのライブを観にいって、
全身の毛穴からなんか出て、指先から髪の毛一本の先までビリビリとふるえるようなときめきを味わって、もぬけの殻だった、私のとこなのだ。

【ファン】・・・特定の対象に対する応援者、愛好者のこと(fanatist:狂信者の略)。

人でも作品でも、身の毛を逆立てるほど愛でるものがあるっていことはほんとに幸せなことだなぁと、自分のことを思う。
何がそんなに好きなの?と聞かれても、もう何が好きなのかなんてわからない。たぶんDNAに組み込まれているんだな。(大真面目)

目の前で息をして、目に見えるほどのオーラを撒き散らしながら右へ左へと駆け抜けて歌う、そんな姿に目が眩み、
下腹に響くベースの音と肩を撫でて心をもってゆくギターに喜び、職人技のドラミングに酔う。(かなりファンフィルターかかった表現で失礼)
うわぁ、なんで歌いながら涙流すのだ!!オーディエンスも息を呑む。きいているこっちも涙出る。心がこんなに震えて共鳴する。
(人が聞いたらかなりキモチワルイだろう・・・でも!)
そんな時間を愛して止まない。・・・のが、ファンというものだ。

また、こんな妻のときめきを、そんな母さんのうきうきを、生暖かく見守ってくれるオットと子供よ。
私のような娘に「そういうことは大事だよ」と何かと協力してくれる両親よ。いつもいつもありがとう。

夢を食って生きているわけじゃぁないけれど、そんな嗜好品がわたしを豊かにする。
50になっても、60になっても、どんなにババアになっても、わたしは、ときめきに生きるぞ。


さあ、諸君。召しませ“ときめき” 
そんな自由、私にはないもの!と思う方もいるだろう。制限はどこにでもある。
泳げる範囲で溺れるのだ。
死んでいるひまなんてないくらいに、溺れるのだ。おほほほほ。
スポンサーサイト
セルフスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。