日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::点と線
約10年前くらいだろうか。
一緒にお酒をのんだりご飯食べたりした人がいた。
私はこの人に、たいそう気に入られていて、そりゃあもう大変だった。私はまだ小娘だったしね。
多分その頃すでにその人、40代後半だったんじゃないだろうか。

その人から、なんと、今日電話があったのだ。び、びっくり。

実家で連絡先を聞いたらしい。
とにかく、驚いたよ。10年のブランクを怒涛のようにしゃべっていた。
ふんふん。と相槌をうつ私。
懐かしかった。
実は一度だけ、ネットでその活躍ぶりは目にしていたんだけども。
ここでまた、他人事のようにぼんやりと、「よく、思い出してくれたもんだわ。」って思った。
思い出すだけではなく、連絡先を聞いて電話してくれたんだ。
そんなのやっぱり嬉しくなって、
正直に「よく、電話くれたね。」って言ってみた。
そうしたら、

「女は点で生きているけど、男は線で生きているんだ。そういうもんだ。」

って、またわけのわからん素敵な人生論を語ってた。

そして、近いうちに会いましょう。という話で電話を切った。

う~ん。と、しばし電話の前で立っていたんだけど、
トイレから次男Kの「ママぁ。うんちでたよーっ」って声でするするといつもの日常にもどった。

点と線ね。そうそう。女はそうでないとやってられないんだよーん。と、
なんとなく思った。
スポンサーサイト
ラブスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhome
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。