日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::人間たらし
今朝、緒形拳さんの訃報に呆然とする。

つい、3日前に職場で20代の女子に「マキさんの好みのタイプってどんな人?」と聞かれ、
「おがたけん!」と即答したわたしだ。
あの色気がたまらないのだとか、どの作品のこんな顔がよかっただとか、ひとり熱く語ったら、
「えっと・・・・あの、おじいちゃんですよね?」って。

・・・・うー。たしかに、おじいちゃんだが。・・・と、ジェネレーションギャップを感じたところだった。

「楢山節考」や「砂の器」はもちろんだけれども、私の心に残っている映画以外の緒形さんを記しておこう。

まだ二十歳そこそこだったか、夜遊びをして帰ったわたしに母が「緒形拳のテレビやってたから録画しておいてあげたわよ」と言った。(なんと気が利くことだ!と母に感謝した)
そのときに観たのが、何の番組だったか、緒形さんがスペインのバスクにホームステイする番組だった。
その番組が緒形さんの人間性に触れたようで、よくてよくて、テープがのびてしまうほど観た思い出がある。

もうひとつ、1992年くらいに放送していたドラマ「愛はどうだ」の中の、妻に先立たれ娘3人と暮らす父親役だった。
泣きじゃくる娘を無言でじーーーーーっとみつめる顔。今でもはっきり覚えている。
あの顔に私はおちた。思えば一時停止してまで俳優の顔をまじまじと見たのはあれがはじめてじゃないかな(しっかり録画もしてた)。ほんの何秒かのシーン(しかも無言)を16年も経ったいまも覚えているとは。

倉本聰さんからのメッセージにあった、「人間たらし」という言葉。
なんてピッタリな言葉なんだろう。「人間たらしの笑顔」たった一言で表されているな。さすが。

今朝、テレビの前でスンスン泣いていたら、背後から次男K(8才)がぽてぽてとやってきて、

「あ・・・・おがたけんさん、なくなったの?」

と、言った。「そう・・・」と答えながらも、
息子がちゃんと「さん」付けで言ったのと、「なくなった」と言ったことにちょっと感動した。
数分前にオットにむかって、「おがたけんしんじゃったよーっ」と叫んだ自分をちょっと恥じる。

あぁ、寂しい。
役者として最期まで、苦しまずに穏やかに、家族に看取られて、「らしい死」・・・
すべてそうなんだろうけど、やっぱり残念。

今は拳さん自ら日記に「是非是非ご覧下さい」とかかれていた、『風のガーデン』を楽しみにしてる。

10月9日(木)夜10時スタート、フジテレビ。

スポンサーサイト
ラブスイッチ  コメント(6)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
私も、いわゆる面識のない芸能人の訃報で、
こんなにショックだったのは初めてです。

緒方拳さんの書は、かっちかっちの楷書で、
これがもう、すごくすごくよくて、わたしはそれでおちたと言ってもいいかも。

たくさんのひとが、演技にも人間性にも「たらされた」んだね。

「鬼龍院花子」のぎらぎらした演技をまた見たくなりました。
DVD借りてこようと思ってる。(あー、追悼で映画やるかもだね。)
2008.10.08 08:53 編集 △ page top
MAKIさん、こんにちは。
私も緒形拳さん好きなんです。ほんとにびっくりしてしまいました。
私は何がきっかけで好きになったんだったかな・・・。
とぼけたお父さんや、ぎらぎらした女衒、狂気の殺人者どれもそのつどピッタリって感じで。
カッコイイ俳優さんですよね。色気がありますよね。ああ、ほんとに残念。
2008.10.08 10:21 編集 △ page top
通りがかりでコメントを書いて失礼します。

「たらし」という言葉は、そもそも「おんなたらし」という言葉に代表されるように、「たぶらかす」「だます」という意味です。それがいつのまにか、プラスの意味で使われるようになって「ひとたらし」という言葉で定着したように思えます。
豊臣秀吉を評して「人たらし」と呼んだことからはじまったのではないかと推測しています。
ひとたらし、が定着したといっても、「人間たらし」というのは、いささか言葉に無理があるように感じます。「たらし」漢字で書くと「誑し」。
「人間誑し」。これって違和感を感じませんか?
2008.10.08 22:19 編集 △ page top
★あんさん
「楷書は形状的にも変化を好み正方を嫌う」らしいです。くすくす・・。

そういえば、味ばかりに馴染んでいて、「ギラギラ」を忘れてた!
鬼龍院花子!!!ビデオ持ってる・・けど、のびのびだわ(笑)
人間性は今になって知る、っていう面が多いんだけど、演技や纏っていた空気には存分に
やられてましたね。
追悼、まっているんだけどまだやらないね。とりあえず、今夜がたのしみです。

2008.10.09 17:39 編集 △ page top
★yukiさん
ほんと、あの色気はなんでしょうね。とぼけてのほほんとした面とギラギラの面のギャップも
魅かれるところですよねー。
過去のVTRで、息子に、「おい、おまえ何年生まれだっけ?」って聞いてたんだけど、
そんな一言だけでカッコイイんだよ。まいっちゃう。
2008.10.09 17:44 編集 △ page top
★ちょもこさま
はじめまして。

>ひとたらし、が定着したといっても、「人間たらし」というのは、いささか言葉に無理があるように感じます。

私はこの言葉は倉本さんの造語かと思いました。
本来ある言葉ではないだろうと。「人たらし」だとかえって違和感があったかもしれない。
(しかも、漢字「誑」をつかうとまたニュアンスが違ってしまいますね。)

言葉というのは、誰が誰に言ったか、お互いの関係によって良くとれたり悪口になったりします。
「人間たらし」、私は緒形さんと深い交流があった倉本さんならではの表現かと思いました。
ですので、上手いこというなぁと思ったのです。
誰が誰にむけて発した言葉なのかっていうので、違和感を感じたり腑に落ちたりするような気がします。

むしろ「たらされたい!」と思うような魅力ある人物に向けられた言葉だから、最高の賛辞に聞えたのかもしれません。

より深く考えるにいたるコメントありがとうございました!

2008.10.09 18:01 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。