日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::キャンドルナイト
キャンドルナイト2


キャンドルナイト1


国分寺市東恋ヶ窪一丁目の日立製作所中央研究所内に源を発し南へ流れる。西武国分寺線・JR中央本線と交差し、真姿の池湧水群からの湧き水を合わせ、東へ向きを変える。小金井市に入り、武蔵野公園にさしかかるあたりから東南に流れ、西武多摩川線とを交差し、野川公園に入る。小金井市と調布市の間を何度も縫ってその後三鷹市を流れ、再び調布市に入る。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より。野川について)

お隣の市、小金井で開催されたキャンドルナイトに参加してきた。
野川沿いの道がキャンドルでいっぱいになるというキャンドルナイト。
夕方、友人のはぐはぐさんに誘われて、10分ちょっとで新小金井駅に到着。
夜の散歩に子供たちもウキウキしてた。
駅前でクレープを食べ、おなかも温まったところで武蔵野公園へ向かった。
野川公園はよく行くし、ここでとった魚がかれこれ4年近く我が家の水槽で暮らし続けている。
とても気持ちが良い野川。武蔵野公園ははじめてだった。
向かう道にもキャンドルがともされ、住民の皆さんの協力・・というか、市民が参加しているイベントだということがよく伝わる光景だった。
公園に入ると、道の両脇にずらーっとキャンドルが並ぶ。温かく照らし出された道をそろそろと散歩する。
思ったより人出が多く驚いた。延々と続く人の列。点々と続く、キャンドルの灯。
けっこう寒いのだ。だけど、ところどころで係りの方が、「こんばんわー」と声をかけてくださる。
消えそうな炎をすぐに灯しなおす。

HPをみたら、シルバー人材の方々をはじめ、たくさんの市民の力があわさってできあがったキャンドルナイトだという。
子供たちが「これ誰が作ったんだろうねー」とガラス瓶に入った蝋燭をみていっていた。
素直に、「一体誰が?!」という疑問がぽかっと浮かぶほど、多くのキャンドルが並ぶ姿は圧巻なのであった。

夜の散歩も素敵だし、温かい炎も素敵だし、ライトダウンはエコ活動だし、冷えた夜だったけど心はあたたか。
帰りに食べたラーメンでさらに温か。
帰宅後倒れるように眠り込んでだ。いい夜だった。
スポンサーサイト
日常雑記スイッチ  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
我が家は寒さに負けて断念しました。
駅前のクレープやさんね、NLを見てくれたのは。
そう、あそこのお店アットホームでしょう?
KOGANEIって、市民力がものすごいのよ!!
2008.11.13 05:38 編集 △ page top
★えの字さま
そうそう!!駅前のクレープ屋さん。お客さんにも「いってらっしゃーい」と見送られたよ(笑)
えの字さんのニューズレターを発見してびっくり。
一緒に居た友達に、「これ!!これ、友達なの!」と言ってみせました。
歩いて配ったんだなぁ・・・と胸があつくなり。私も見習わないと・・・(汗)

確かに市民力を感じたな。あんなちょっとの触れ合いだったけど、あのキャンドルロードは並みの労力じゃできないよね。実行委員の方々、ほんとうに頑張ったんだなーと思いました。
えの字さん、来年は実行委員、どうでしょう(笑)
2008.11.13 19:50 編集 △ page top
行ったんだね♪お花見の時もキャンドルナイトやってたみたいだね~
新小金井は実家の最寄り駅だよ。明日も西武線で行ってきます。
2008.11.22 15:44 編集 △ page top
★さおちん
実家、新小金井なのね。思っていたよりも近いなー。
お花見の時期なら少しは暖かいかもしれないね。この日は寒かったわ~
2008.11.23 19:48 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。