日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::果てた実を庇う術はもうそこへ埋めて。
年賀状の季節がやってきた。
毎年毎年「来年こそは早く用意して元旦に着くように投函するのだー!」と闘志を燃やすのだが、
一年経つとすっかりその闘志は燃えかすになっている。

その昔、自分に子供ができるまでは、「子供だけ」「ペット(という名の家族)だけ」の年賀状をいただくと、斜め45度くらいからチャチャをいれつつ眺めていた。可愛いけど、わたしは差出人の顔のほうがみたいぞ!と。

ところがどうだ。
自分に子供ができた途端、膨大な数の写真から選りすぐりの可愛い一枚を年賀状に載せた。もちろん、子供だけ。
だって、みんながそろっていい顔してるなんて奇跡なんだもん。
子供さえ可愛けりゃいい。

かっこわりぃー!チャチャをいれていた私はなんだ。これでもし猫ちゃんなんて飼おうものなら、
子供と猫の写真をきっと使う。いやー。

でも・・・思うのだ。
毎日毎日来る日も来る日も小さな赤ん坊のおしっこやうんちや涎や涙や食べかすやミルクにまみれ、
どうにか健やかに育ってくれと、奮闘しているのだ。
部屋にいつも落ちているご飯粒を踏んで靴下にくっついていることなんて日常茶飯事な毎日なのだ。(うちだけ??)

水面下ではいっぱい頑張って奮闘して子育てをしている。
そう思うとね、年に一回、人様にお披露目するときぐらい、親ばかになって可愛いわが子(可愛く仕立て上げた我が子)の写真くらい送ったっていいじゃないか。と。

どうぞ、皆様温かい目でみてやっておくんなまし。

そして我が家はもう何年も前から家族の一人づつの写真を切り張りして寄せ集めた写真で年賀状を送らせていただいている。
全員が揃ってイケテル顔の一枚が奇跡だとしたら、それぞれのイケテル顔を切って貼れ!とばかりに。

「みんな達者にやっとります。近頃はこんな感じです。どうぞ今年もよろしくたのみます。」
そういう思いが、じつは詰まった年賀状なのだ。

いつの間にか、子供の写真だけの年賀状もめちゃくちゃ愛おしく眺められる自分がいた。
「おぉ。あのひとにこんな子供がうまれたのか」とちゃんと(写っていない差出人に)思いを馳せることができるようになっていた。



おまけ。

本日、カルチャーの生徒さんたちに「子供をもって自分か変わったことはなんですか?」とお聞きした。
環境問題に興味がでてきて、エコを意識するようになりました。
白黒はっきりつけないとダメだった性格なのに、グレーもまぁいいかと思えるようになりました。
仕事で子供を持つ親と接するのだけど、やっと親の気持ちがわかるようになりました。
子供があまり好きではなかったのに、いまでは人様の子供も可愛いと思うようになりました。
などなど。

年賀状を眺める目が変わった私も同じ。
いろんなことが「受け入れられる」ようになって、「世界がちょっと広く」なって、「それもありだよな」と心が少し柔軟になる。

自分の意思ではどうにもならない自分以外の人間を相手にするというのは、自分のことも広く深くしてくれるということなんだろう。果てしなく。

果てた実は、その度に手放すと、新たな世界が目の前に。


+++++++
今年最後(たぶん)の文化センタークラス、開催日が決まりました。
12月4日(木) 是政文化センター 会議室 定員6名 です。
メールフォームよりお申込みお待ちしております。

スポンサーサイト
ラブフライボウ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
年賀状、やはり子供の写真にしなくちゃダメかすら・・・
せめて遠方の親戚にはその方がいいのかなやっぱり。
足形とかじゃダメ?だははー。
2008.11.17 11:11 編集 △ page top
★PoivreNoirさま
貴方様ががっつり子供写真で年賀状を作成されていたら、それはそれは美味しい話のネタになりますから!(私的に・笑)
「このひとは子供が生まれても写真はないだろうなー」と思っていると大抵期待を裏切られることもなく、スマートなすっきりとしたハイセンスな年賀状が届きます。
だけど、いつの間にかそういうのに「物足りなさ」を感じてる自分がいました。
おそらく、親戚のおばちゃんと同じ心境です(笑)
2008.11.18 08:16 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。