日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::りんく
繋がりあう想い。

ある日。
小さい方の息子のクラスに絵本の読み聞かせ隊として出向く。
小さい方の息子は一年生なのだが、クラスの子供たちはなんだかまだまだ幼児のようで、ござに座る私の膝の上に平気で乗っかってきたりした。
初対面のオバサンの膝にのる子供たち。他人の体と接触することに抵抗が無い子供ってなんか安心する。みんなの頭からスイカのにおいがした。幼児特有の匂いだよなぁ、あれって。

ある日。
センパイのDさんのマタニティクラスを受講されていた方が、出産を終えて母となり、今度は私のクラスへ足を運んでくれた。
「繋がり」だ。ヴァーチャルではない温度の有る「リンク」。
このクラスに初回から通ってくださっているTさんは、家でもかなりボールで弾んでいるらしく、お会いするたびにカラダに芯ができている。
まぶしい。

ある日。
息子の学校へ、家庭科の豆腐作りの手伝いに行く。賑やかしく一生懸命作業をする子供たちの姿が素晴らしい。
「Rのお母さ~ん!!」と声をかけてくれる子供がぐっと増えた。ほんと、みんなが可愛い。
おからをいただいたので、夕飯におからハンバーグを子供たちと一緒に作る。ホットプレートでいっぺんに焼いて、やっぱり賑やかしくいただく。
ちなみにホットプレートは前日に皆で作った餃子を焼いて、洗ったまましまわずにおきっぱなしになってたやつ。

ある日。
昨日作った豆腐を食べるのを心待ちにしていたのに、息子、喘息が少し出る。苦しそうなので学校を休んでぼんやりしていたら、
クラスの女の子がおからクッキーを届けてくれた。昨日一緒に作業をしたお母さん友達のコレマリちゃんがクッキーを作ってクラスにもっていったらしい。
休んだわが子の手のひらにも33分の1個が届けられる。ありがとう。
コレマリちゃん、いい女だよなぁ。

ある日。
マタニティヨーガの研修を一緒に受けたMちゃん(臨月でした)から、出産報告メールが届く。うわーい!
4時間でつるんと産めて安産だったとのこと。うははは。湯気がでていそうな、生まれたての赤ちゃんを見せていただき眼福!!

ある日。
午後、大きい息子のクラスのお母さんにバランスボールがやってみたいのだけれど・・・と話しかけられる。
なんでもやってみる月間なので、文化センターでサークル活動をしてみようかと思う。
“もはや産後とよべないひと”(私もだ、私も)でも、カラダを愛でる気持ちに火がついたら消してはいけない!
心と体に対する愛情は一生持ち続けてほしいから、ほんのきっかけになる一石をわたしがちょっと投げてみる。

ある日。
前の職場で一緒だったMちゃんから第二子ご懐妊の報告をいただく。なんと、私のブログをみて亜莉さんの手わざをうけにいったそうだ。
おっぱいが美しくなって帰ってきたそうだ。彼女は巨乳なので(!)マッサージのしがいがあっただろうなぁ。
産休に入ったら、こぶたラボに行くのも楽しみにしていた!なんてこった!私もまだ行ったことがないのに(笑)

そして、

Yさんのこと。

Yさんという、大好きな年下の友人から便りが来る。
彼女の身の上に起こった悲しい出来事に私はかける言葉もないのだけれど、心は一生懸命寄り添っているつもりでいた。
そして私は私で毎日一生懸命生きる、ということしかできることは思い浮かばなかった。
「ただ生きてるだけで消耗してしまう心身」を元気にするために、今彼女は手を伸ばしている。

時間は癒してくれるだろうけど、解決はしてくれない。そしてその時間は絶え間なく流れてゆく。
その中で彼女は強く美しく前をみて歩いているのだろう。いや、歩む前の、やっと顔が前に向いたばかりかもしれない。
相変わらず私には何もできることはないけれど、私に「知り合えてよかった」と素直に言葉にしてくれる彼女に、恥ずかしくない日々を歩んでいきたい。

また会えるその日を、ほんとうに楽しみに待っているから。
スポンサーサイト
ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。