日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::いざというときに飛び乗れる筏
昨日の昼下がり、息子たちを前に私は語った。

父がしっかり稼いできてくれるから私たちはご飯がたべられるのだとか、
私は以前たくさん稼いでいたけど、今は心からやりたい仕事を選んだので収入が激減しただとか、
だからあんまり贅沢はできないし君たちに我慢させることも多くなるかも。とか、
だけどそれでも今の仕事をやりたいからこれからは慎ましく行きたいだとか、
君たちがやりたいことができたら応援したいだとか、

そんな話をした。

「なによ、今更!」
と、長男Rが笑った。
「ぼく、べつにいまのままでぜんぜんいいよー」
と。
「ぼくも。動く車は欲しいけどー」
と次男。(相変わらず車庫にはオブジェと化したワゴニアが鎮座しておる。)

そんな感じでたいして重い話にもならずに終わった。

私はなんでこんな話したんだろう。。。。

+++

私は毎日のように、迷っている。

生徒さんが増えて、私を必要だといってくれる人が増えて、仕事の声がかかるようになって、
転職当時を思えばうそのように充実している。

だけど、迷う。
私の生き方、稼ぎ方、暮らし方。

+++

一通のメールが届く。

最近出産されたYちゃんからだった。

『マキさんありがとう

いざというときに飛び乗れる筏を

いつも近くの岸に浮かべておいてくれて』


あーーーーー。と脱力した。

産後、自分がどうなっちゃうかわからないと言っていた出産前のYちゃん。
彼女がいざというときは私がいると心にとめていてくれたということだ。

「いざというときに飛び乗れる筏」

うまいこと言うなぁ・・・。いかだ。ってさいしょ読めなかったけど(爆)

私の役割はここらへんにあるのではないか。
そんな気がした。

+++

まぁ、きっと、これでいいのだ。


+++

ヨガフェスタのチケットが届いた!

私はマタニティ指導とマッサージコンタクトのセラピーセッションを受ける予定。
すぐに沈没しちゃう筏じゃこまるからな。はっはっは。




スポンサーサイト
<お仕事徒然>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。