日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ワーキングマザーサロンへ
今朝は朝から学校で、小さい方の息子(一年生)のクラスへいき本の読み聞かせボランティア。
変な声色をつかったり、大げさに抑揚をつけて読んでみたり、一年坊主たちの心を掴むのに前日から練習したんだよ。長男のアドバイスつきで。
楽しかったので来月もまたいくとしよう。

その後愛車の紫ちゃん(自転車ね)を飛ばして駅に行き、電車に飛び乗り、川崎にあるNEC玉川クラブへむかった。

今日はNECワーキングマザーサロンがこの玉川クラブで開催されたのだ。前回は府中であったのでこのときもスタッフとしてお手伝いさせてもらったのだけど、今日もまたお手伝いをしにのこのこと出かけた。

(余談だが、昨夜バランスボールをカバンにつめていたとき、無性になんだか熱いものがこみ上げてきて何事かと思った。熱いものって言うのは、簡単に言うと「バランスボール」に対する愛情(笑)。
この赤くて可愛くてちょっとへんな匂いのするボールが、私は大好き。
これが自分の仕事道具になっていることが突然嬉しくなってしまったのだ。我ながら変な人・・・と自分で思う。)

久々に会うマドレボニータのインストラクターの方々と照れくさくてにやけた挨拶をかわし、NECの社会貢献室の方々とおひさしぶりとご挨拶をし、その後私は託児をされる方々の誘導をした。

今日は9組の母子が託児を利用されたのだけれど、半分くらいのかたが
「子供と離れるのが今日はじめてなんです・・・」と不安そうであった。
保育園に預けて仕事にでることを思うとほんの2時間のお別れなんて!と思うけれど、生まれて初めてわが子を人に託して自分のために講座に参加する。母にとっても大きな出来事で、子供にとっても母さんと離れる初体験。親子ともども不安なのはあたりまえ。

私はみなさんに、「では、今日はいい機会でしたね!」と声をかけた。
人に預けるのはきっかけがないとなかなか難しい。これからまた職場に復帰する彼女たちにはとてもいい「託し」に慣れるきっかけになると思ったからだ。
別に無理矢理人に預けろってことじゃなくて、これから必要になるのならきっかけがあってそのことで少し自信がつけばいいとおもうのだ。

講座修了後のお母さんたちを見て嬉しくなった。
母の頬は緩んで紅潮し、赤ちゃんはお母さんが迎えに来てホクホク。
託児のファーストステップ終了。おめでとう。

さて、私の仕事はそれだけなので、あとはちゃっかりマコ先生の講座を聞いた。

可笑しい。なんだか、可笑しさがヴァージョンアップしている気がする。
今回のワーキングマザーたちは食い入るようにマコ先生を見ている。
マコ先生は腹を見せている。(平らのお腹の作り方レクチャー中)
ワーキングマザーたちの手は自然と自分のお腹に行っていて、それぞれが「へぇ~」って顔して綺麗な姿勢をとっている。
あらためて、この「へぇ~」っていうのがとっても大事な贈り物なのだと思う。
こうやって、気づいて、自分のカラダに置き換えてあれこれやってみること。できるできないは(今は)問題ではなくって、こうやって知ることが大事。
貴重な「育児休業中」という期間にぜひ身につけて、美しくたくましく復帰できたらいいと思う。

そして、私も一緒にシェアリングをやったのだけれど、なんと組ませてもらったのが今年の2月に一緒に吉祥寺クラスに参加したOさんなのだった。
インストラクターになるべく勉強をはじめられたそう。
なんだか嬉しいシェアリングとなる。(ありがとう)

シェアリング後は明らかに空気が密になって、懇親会ではかなり盛り上がっている方も多数。
とにかく会場をでる参加者の方々の表情が格段に明るくなっているのを久々に目にして、唸る。

二度の育児休業期を過ごし職場復帰した経験のある私はもう、今日の参加者が羨ましくてならなかった。
彼女たちは今日どれだけのものを持ち帰ったのかな。
アンケートをチラ見したら長文がたくさん書いてあった。
きっと今日は興奮して眠れないか、ボールで少し弾んで気持ちよくてよく眠れるか、どっちかだろう。

これから、うんとうんとうんとうんと体力が必要になりますよ!!
うんとうんとうんとうんとキンニクを使わなければならなくなりますよ!!

そして行きつく所は健やかで美しい母。


あ、そうだ。
また余談だけど、先日息子2号が都立府中病院のERに運ばれた。額を切って4針縫った日の夜に嘔吐したからだ。
CTだ、レントゲンだ、と検査で病院内をずっと25キロの息子を抱いて移動しまくった。「車椅子をつかっていいですよ」と言われたけれど、
必死に抱っこした。
結果、息子は無事で、今はここでごろんと気持ちよさそうに床に寝ている。
言いたかったのは、25キロを抱き続けていても私はどこも痛くなかったってこと。腰も腕も。

そう、子供を抱き上げるのは赤ちゃん時期だけじゃないってこと。
一度身につけた正しい力の入れ方、正しい姿勢は、ずっとずっと後になっても役立つってこと。


さぁ、お母さん方、きばっていきましょー。









スポンサーサイト
<ワーキングマザー>  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
今日は再会出来てうれしかったです。
しかも思いがけずシェアリングご一緒できて・・・光栄です!

悩みつつも走り続けて見えてくるものを都度拾えるように、頑張ります。

25キロを抱えて走り回れる力を蓄えながら☆
(息子さん、なにもなくてよかったですね)
2007.11.22 02:46 編集 △ page top
ほんとうに、再びご一緒できて嬉しかったです。

>悩みつつも走り続けて見えてくるものを
私は風の強い日を選んで走ってきた感があり、
これからは歩み続けようと思っているところです。
怠けるわけではなくて、進み方を変えてみてもいいかなと。

シェアリングでの理想の自身のあり方に、とても近いものを
感じました。

またお会いしましょう!
2007.11.23 01:22 編集 △ page top
久々にお会いできてとても嬉しかったです=☆
いきなり、駅でテンションあがってしまいました。
マキさんがいてくださったからこそ、
声かけしてくださったからこそ、
託児デビューの方も安心なさっていたのだとおもいます。
頼れる姉御としてこれからも宜しくお願いいたします!
2007.11.25 01:03 編集 △ page top
>カオリ様
こちらこそありがとうございました!
あの場でのわたしの新たな役割があることに喜びを感じました。
カオリさんはプレス方面とイントラ業とお疲れ様でした。
これから益々マドレの顔になっていくのですね!!

あ、ムスメちゃんのお誕生日おめでとうございましたv-238
自分のルーツを巡る旅。わたしも出かけたいです。

2007.11.25 12:21 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。