日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::美術館デイト。
3連休中日。
朝一で吉祥寺までYOGAレッスンにいく予定だったのに、すっかり寝過ごし。
あー。もう、雨戸しめると部屋は真っ暗になってシェルターみたいになって、
冬眠してるかと思うくらい心地よく眠れてしまう!!
睡眠障害の人の治療に「朝日を浴びる」っていうのがあるけれど、うなずける。
いままで(実家暮らしのころから)雨戸を閉める習慣が無かった。
いくら遮光カーテンを閉めていてもほんのり明かりは差し込んできて朝の明るさになるものだ。
ガバッとおきたらデジタルで光る時計の文字だけが暗闇に光っていた。
7:50。「あー・・・・」と嘆いたら、横でJGが寝言のように「雨戸が・・・」とつぶやいた。
「そうなんだよ。雨戸が・・・・」と首をうな垂れる私。
なら、雨戸開けて寝ればいいじゃん?と思うでしょ?
ところがそんなことしたら凍えます。木造築35年(笑)。

窓を開けたら目がくらむほどの青空。
JGは免許の書き換えに行くというし、次男は友人と遊びに飛び出してしまったし、残された長男とわたしは
近所の美術館へ行くことにした。

徒歩の散歩圏内に美術館がある喜びをかみ締める。

今はターナーの絵が展示されている。長男Rは市内児童のカードを提示すれば無料。
ただでターナーの絵が観られるなんてな。すごいことなんだぞ!と言っておいた。

100110_1359~01
公園を抜けていくのでふらふらと寄り道をしつつ歩く。
「君がはじめて寝返りをしたのも、よちよち歩きで倒れて後頭部を強打したのも、あの辺りだよ」とか思い出話をしながら。

美術館についたものの、すぐに「休憩してから入ろうよ」とかいうので仕方なくカフェによった。
「はい、たべる?」
って、デイトの王道じゃ。
100110_1414+01_convert_20100110174329.jpg

肝心の美術展はさくっと流し(たぶん奴がもっとも関心を示したのは絵画ではなく豪奢な額縁だったと思われる。すごいすごいとといちいちつぶやいていた。)、ちょうど階下で開催されていた、近郊の中学校の美術作品展の方が興味津々だった。
私もすごく楽しんだんだけど、レベルが高いのねー。驚いた。
長男が得意とする木炭画の作品たちを何分も眺めていたり、これみてよ、すごいすごい!とスクラッチ作品を指差したり、これやってみたいなーとしきりに言っていた。

帰りにショップで月光荘の練り消しゴムを買う。
neri.jpg
今週の息子らの課題は奇しくも木炭画。
さぁ、思う存分描いてくれたまへ。

スポンサーサイト
家族スイッチ  コメント(1)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010.01.15 05:58 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。