日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::日々の現場、ナウ。
100526_1212~010001「よいしょ。」

彼女、昨年の初夏、お母さんのおなかの中で一緒に弾んだり伸びたりしていたひと。
彼女の母は、私が担当している“まんまる助産院”主宰「さわさわ」の妊婦クラスに参加した後、
立川の駅のトイレでおしるしがあったそうだ。(たしか、予定日一日すぎちゃってるんですって言ってた記憶が・・・)
そして、理想的なお産ができたけど、産後いろいろと「こんなはずでは!」という思いを味わって、
今日再び産後のクラスに参加してくれた。おなかで一緒に弾んでいたこと、覚えてるかしら?

***

100514_1159~010001「ぴったり。」

これ、何してるかわかるかな?
二人の生徒さんが背中合わせに重なってるとこ。相手の重みと呼吸と体温を感じてもらうのだ。
気持ちがいい、ペアヨガの一つ。
ただし、メンバーが熟成したクラスでしかやっていない。
まだまだ他人のカラダに抵抗がある方は多い。クラスの空気を読みつつ、
もういいだろうなと思ったときにやってみる。
「きもちいーーー」と温泉につかったときのようなふやけた声が聞えるのが、すき。

***
100423_1203~010001「ぷしゅー。」

まるで苦しんでいる人達・・・のようだ。終了後ボールの空気を各々抜いているシーン。
体重をかけて寄りかかる、って案外気持ちがいいものなのだ。

***
CA3F0061_convert_20100528000552.jpg「ぱかっ。」

こちらは、私がインストラクターになってはじめて地元で開催したクラスのメンバーが続けてきてくれているクラス。
人それぞれのペースで、徐々に気持ちがいい具合に開いてきてる。
私はいまでも「初めて」のときの彼女たちの姿形をよく覚えているから、誰も気づかなくとも私はその変化にしっかり気づいているよ!

***
「ワクワク!」

月に1回、いつもの賑やかで一生懸命で悩ましくて子育てや生活に翻弄されていていながらも、いかによりよく生きるかをちゃんと模索している女子たちの集まりへ出張している。
かれこれ2年以上のお付き合いになるのだけれど、このクラスは、おしゃべりの中でかなり核心を付いてくるトークを繰り広げてくれるのでいつも面白い。今日も面白かった。

本日の調子をうかがっていたら、Sさんが目をキラキラとさせて
「嬉しい事や興奮することがいっぱいあってぜんぜん眠れないんです!!」
っていうのね。疲れすぎて眠れないとか子供に起されるとかそんなんじゃなく、うれしくてワクワクして眠れないんですって。
びっくりだ。子供みたいなワクワク。
彼女が話しているだけで周りが明るくなって、すぐさま「なーんか、こっちまで気持ちが上がる~」って仲間が反応していたのも素晴らしい!
彼女のハッピーがクラス中に満ち満ちてキラキラなのだ。
なにやらどでかい夢を抱えていて、それに向かってワクワクする思いとそんなことできるわけないというダウンな気持ちが交差して自分で疲れちゃうっていうのね。
感情に振り回されるってよくないけれど、こんな勢いそうそうないからね。見守りたいなと思った。
Sさんは子供を授かってから、助産師になりたくて勉強を始めたそうだ。その夢をひとまず置いておいてもっと大きな夢にむかっている。
冒険だよ、冒険!!


私の大好きな、いつも支えられている詩「Invitation」の一説を原文のまま。

あなたが何で生計を立てていようと、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、あなたが何で胸を痛めているか、
そしてあこがれとの出会いを夢見る勇気を持っているかどうかだ

あなたが何歳だろうと、わたしには興味はない
知りたいのはむしろ、あなたが愚か者に見えるのも覚悟のうえで
あえて愛を、夢を、生きるという冒険をもとめるかどうかだ
スポンサーサイト
<現場から>  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。