日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::日常を共にするひと。
猛暑の中、バランスボールが12個も入ったスーツケースをガラガラとひきながら、
汗をかきかきレッスン場へむかったり、
肌寒い夜、図書館でアーユルヴェーダとヨーガの勉強をしたり、
芸術の秋にむけてアートの裏方の雑事をこなしたり、
愛しのロックモンスターに会いに行ったり、
息子のサッカーを応援したり、もくもくとアーサナに没頭したり・・・・

異常気象といわれる秋を大波小波の感情をいとしみながら暮らしております。

そんな中、16回目の結婚記念日でした。

100911_0223~02

働き盛りの中年男が伴侶なので、結婚記念日だから仕事切り上げて早くかえるよーん、なんて言うはずもなく、
むしろそんなこと言うような男いやだけど、
それでも彼は職場で今日が結婚記念日だと話をしていたようで、職場のみなさまがこんな花束をくださった。

夜中に彼はこの花束を抱えて「おめでとう!」って帰ってきました。
こんな情熱的でオサレな花束、いったい誰がくれたのかとすぐに聞きました。だって、自力で選べるとは到底思えず(ごめん)。
店の子達がくれた。俺、じーんとしちゃった。すごくうれしかった。
って言ってました。
なんだか、この人いい仕事してるんだなーって私もじーんとしました。

付き合い始めたのが20歳そこそこ。
もう人生の半分以上一緒にいることになります。

先日、ある方がご自分の同居されているご主人のお父様とお母様のエピソードを日記に書いておられました。

勝手に抜粋。

「数年前に胃癌になって手術したお義母さんは病気の為にかなり体重が落ちた。
完治したいまも時々お義父さんが体重計でお義母さんの体重を量る
変わりがない事を確認すると安心したように「もう寝るぞ」といって部屋に戻る姿をみて、
もう見慣れた風景だけど今夜は改めて恋愛の時とは違う長年連れ添った夫婦の愛情を感じました」

あぁ、ほほえましい。
我が家でも同じような光景を毎日見ています。

姑イクさんの血圧を毎晩かかさず、義父が測っています。
寝る前になると、寡黙な父が、「じゃ、測ろうか」と布団の横に正座して、母がごろんと横になってじーっと静かにしています。
几帳面にノートに書き留めるのも父です。

JG(オット)に「恋愛のゴールは結婚かな?」って聞いたとき、「ううん。結婚からまた始まるからゴールじゃない」とさらりと答えました。この人ロマンチストだなって嫁は思いましたけど、きっとほんとにそう思ってるんでしょう。
好いた惚れただけじゃ一緒には暮らしていけません。たぶんね。
でもそれを続けていく「何か」は結婚からスタートして育まれるんだろうなと漠然と思います。

そうそう、血圧はかりっこしてるJGの両親、二人は結婚前に1回しか会ったことがないんですよね。2回目はもう結婚式っていう・・・。
ゲゲゲの女房もびっくりですよね。
日常を共にする。
って、人と人と関わって築く関係の最たるもののような気がします。

記念日。とくに何をするわけでもないけれど、
漠然と「あーあたし、大事にされてんなー」と悦に入る日が年に一回でもあると嬉しいものです。
スポンサーサイト
家族スイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。