日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::陰ヨガへいざなわれた5日間
先週から5日間、朝から夜までVICTOR先生の陰YOGAティーチャートレーニングを受けてきました。

世の中には相反する二つのエネルギーが存在します。太陽と月、男性と女性、昼と夜、上昇と下降、硬さと柔らかさ、温かさと冷たさ・・
どちらが優位とかどちらが大事とかではなく、両方あるから両方が生かされる。また、お互いの力関係は常に変動しています。
その「相手がいなくては成立しない」ということ、「力のバランスは変わってゆく」こと、そういう考えをもった陰陽学に魅かれ、
ヨガの中にも私たちが慣れ親しんでいる陽の要素をもったヨガと対立する要素をもった陰のヨガがある。もっともっと深く学んでみたいと思ったのがきっかけです。

日本でも陰ヨガ考案者のポール・グレリィ氏やともに陰ヨガを伝え続けている有名なサラ・パワーズさんのWSやTTを受けることは可能なのだけど、
私はどうもシンガポールからやってきたVictor Chng氏が気になっていました。いや、なぜと聞かれるとこまるんだけど。
WSに出たお友達の感想や、レポートを聞いて益々気になり、いつかそのプロフィールを見たときに、へんな豚のTシャツを着ていたVictor先生。これはとどめでした(笑)
なんだかチャーミングそうだぞと。

この度、家族の理解やお仕事の調整、自分の心身の状態とお財布事情等がうまくよい方向へいったのでめでたく参加することができたのです。
victor
(Victor先生、ON的写真。公式用)


楽しく学べた35時間でした。
参加者のほとんどは活躍中のヨガインストラクターだったんですが、さらにその方たちの先生だっていう先生まで参加されてましたよ。私もあちこちで写真やインタビューを
拝見したことがあるかたでした。
皆さんの質問やお互いをフォローする雰囲気にたくさんたくさん学びがありました。

こういうティーチャートレーニングって、自分の不勉強さや場違い感に落ちたり気後れ気味になったりしたらいやだなって思ってたけど、そんなこともなく、
先生にも参加者の皆さんからも教えられること多し。そして何より「陰ヨガ」の魅力と威力にぐるぐるとかき回された時間でした。

先生のお達し通り、この期間はとても禁欲的にすごしましたし(笑)、夜はお肉を食べず酒も飲まずゆっくりと過ごしました。
面白かったのが、参加者のほとんどが常にアクティブにヨガを教えたり学んだりしているので、陽のヨガを慎む生活(夜は休まなくちゃならないし、朝は早くからトレーニングだから)は
きつかったみたいですね。私もそうでした。
思いっきり陽に傾いている人達(笑)
私の場合は本当にそうです。日々せかせかしたことや前のめりなことが苦手で避けてきたにも関わらず、それでも自分が陽に傾いていたことを思い知りました。
バランスをとること。常に変化しているバランスを整える作業、あぁ、やっぱりバランスじゃん!!もうずっと昔からわかってた、私はここに行き着くんだとあらためて感じました。
学びの方向がさらに明確になった気持ちです。
そして、私は私の場所で、ご縁のある方々にお伝えしていきたい気持ちがさらにさらに強くなりました。

Victor先生の言葉が頭から離れません。
「自分のプラクティスの延長上にティーチングがある」という言葉が。

どうもありがとうございました。

今回は豚Tシャツじゃなくて、オレンジトレパンでした。オレンジの上下のウエアでちんまり座ってブルーの水筒で湯気がでているなにか温かいものをすすっている姿になんどもニヤリと口元がゆるんでしまいました。

101114_1816+010001_convert_20101117002050.jpg
(Victor先生、OFF的写真。サービス用)

しかし、ほんとに主婦で母な私がこの時間を取るのは大変でした。家事、ぜんぜんできなかったし。適当な夕飯続きでごめんね。宿題の「10時半には布団に入る」っていうの、すっごく大変だったよ!
誰よりも早くに家を出たので、最後の日、次男に「頑張ってね!でも頑張りすぎないでいつもどおりにね!」とありがたいお言葉をいただきました(笑)

「自由に暮らすこと」と「家族と暮らすこと」は両立しない。
自由に暮らしたいものは一人で暮らすべきだし、家族と暮らすことを選んだものは、しばしば自由を断念しなければならない。
って書いてらしたのは内田樹先生。
そんなことを思い出していた一週間。いや、べつに自由になりたいとか不自由さに頭をかかえるとか、そんなことじゃないんだけどね。なんとなくね。

陰ヨガは今までも何度か練習してきたけれど、こんなに陰三昧なのははじめて。
そこで、トレーニングが終わった後の私の変化。

・筋肉痛とは違う、下半身の股関節の奥のほうににぶーい重み。なのに、駅の階段を1段抜かしいけちゃうよっ!ってくらいの股関節稼動域の顕著なUP

・一日目の翌朝、どうにもこうにもからだが重くだるーい感じ。味わったことがない、下半身に水分をたくさんふくんだような状態。
 (これは陽に傾くとヴァータが増すのと反対の状態ですね)

・二日目の翌朝、昨日のあれは所謂好転反応だったのかと思えるほどの爽快さ。

・真夜中にいきなり起きて布団の上でダウンドッグをやりたい衝動に駆られて、やる。 (わからないけど、朝から晩まで陰ヨガ三昧でカラダが突然「陽」をもとめたんじゃないかと・・・)

・水がひたすら飲みたくなる。そして、飲む。

・日々の煩悩が減る。
(日々煩悩だらけなんで。妄想もこの期間は減ったきがするなー。ははははは。)

・カラダが「食事はご飯。そして昆布と鰹節の出し汁でじゅうぶんだよ」っていう。

・ココロが「やっぱり・・・ハレがあるからケが愛しい。ってことだよな」と妙に腑に落ちる。
(これは超個人的なバランスに対する感想であります)

まぁ、そんなとこです。
面白い変化でした。

カラダが硬い方、運動が苦手な方、とにかくリラックスしたい方、心を静めたい方、柔らかくなりたい方、
バランスを求めている方、じーーーーっと自分の身体と心を内観したい方におススメです。


一緒にやろうね!!
スポンサーサイト
ボディスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。