日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::終わりとはじまりのご挨拶。
新しい年を、迎えました!
みなさま、本年もよろしくお願いいたします。

せっかくあけたのだけれど、ちょっとだけ年末のお話から。

2010年、最後に観た映画は【スプリング・フィーバー】でした。
UPLINKの小さな小さなシアターで観ました。
あの【天安門、恋人達】のロウ・イエ監督の作品。観終わったあとの切なさ、息苦しさ、しょうがなさは今年観た映画の中で一番。
監督が、「湿度の高さが恋愛を生む」と言っていたとおり、画面はずっと湿っぽく、薄暗くて美しく、その中で男と男と女の愛情と欲望と孤独が漂って終わるのだけど、なんとも感想を書きにくい映画で、映画中に郁達夫の「春風沈酔の夜」が織り込まれ、日本語には訳しきれない空気を感じました。
見逃さなくて良かったです。

「こんなにやるせなく春風に酔うような夜は 私はいつも明け方まで方々歩き回るのだった」
【春風沈酔の夜】郁達夫



そして大晦日は子供達も一緒に大掃除を。窓拭きを終えた彼らの屋根の上でのいっぷく。気持ちがよさそうです。
101231_1420~01
子供の頃、屋根に上るの憧れたよなぁ。
すいこまれるような青空でしたね!!



それから元旦です。我が家はオットが普通に元旦も出勤するので大晦日の夜に一通りお節料理をいただきます。
そして元旦の朝はふつーに、いってらっしゃーいと送り出し、二度寝(笑)
全然フレッシュなかんじじゃぁありませんね。
今年は息子二人と初詣に行き、参道でなぜか屋台のインドカレーをナン付きで腹いっぱい食べて帰ってきたという。。。へんてこな初詣。おみくじは末吉でした。



2日には横浜の実家に、やっぱり息子らと3人だけで帰省しました。
彼らが赤ちゃんの頃から、私は一人で彼らを連れて実家へ帰ってきました。お正月にお父さんが仕事のおうちはそうだよね。
上の子がまだ3歳の頃なんて、電車でベビーカーに一人のせ一人は抱っことか。長男が眠ってしまったら乗車客の誰かに声かけて荷物を持ってもらい、両脇に子供抱えて電車を降りたりとか。
車中で長男がゲロってしまい、半べそかきながら床を拭いていたら隣のおばさんが一緒に片付けてくれたこともあったなぁ。。。
なんて、思い出しながらの帰省なのでした。

今日なんて、帰りに3人で立ち食いカレー(またカレー)食べて帰ってきました。次男も余裕でカウンターに背が届きます。
あー成長したなぁ・・・
って、こんなところで感じた正月でありました。




さて、最後に、恒例の漢字一文字で表してみよう!コーナーです。


昨年は「快」な年にしようと、念頭に掲げました。一年過ごしてみて、より自分らしく、より心地よく生きられたとおもう反面、快くばかりはいられないということも知り、それは嘆くべく事ではなくてそれだけじゃあかんよ、って気づきだと思ってます。

そして、ウサギ年の本年ですが、より学びを深めたい、より思慮深くありたい、うわべじゃなくて心の深いところで繋がってゆきたいという思いもこめて、

「深」

とすることにしました。

2009年は「触」
2010年は「快」
2011年は「深」

実は体調は絶不調な年明けでした。いまも風邪がぬけきらずぼーっとしてます。
元旦は二度寝だし、寝不足だし、だらだらだけど、こんな年明けもあるってことで。

どうぞ、よろしくおねがいします!
スポンサーサイト
ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。