日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::レッツ・ロック・アゲイン
レッツ・ロック・アゲイン! [DVD]レッツ・ロック・アゲイン! [DVD]
(2006/06/07)
ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス

商品詳細を見る


レッツ・ロック・アゲイン! スペシャルBOX (完全初回限定生産)
ジョー・ストラマー&ザ・メスカレロス / / キングレコード
ISBN : B000F6RURA


クリスマスに鳥のモモ。ローストしていただきます。ローズマリーのいい匂い。
今日は楽しいクリスマス。

ということで、昨夜は(頑張ってまた視聴可能になった)自宅のテレビで、ジョー・ストラマー氏のドキュメンタリー映画、「レッツ・ロック・アゲイン」を鑑賞した。なにが「ということで」なのかわからないけど。

「あーこれ、バウスシアターでやってたときから観たかったんだよねー。」
などと暢気に見始めたはいいが、だめだ・・・もう途中から涙で画面がゆがんでしまう。

ストラマー先生・・・・(涙)

彼が2002年の12月に亡くなる前、来日したりライブしたり活動していた頃、私は何をしていたんだろう。何故、ライブにいかなかったのだろう、と今更後悔した。

ザ・メスカレロス、すんごいカッコイイ!痺れる!!!思わず喉の奥から「うぐっ」っと発してしまってJGに笑われた。
そして、「行けばよかったね、ライブ」と彼も言った。

ライブ映像も素晴らしいのだけれど、インタビューがとても贅沢に入っていて、どれも名言ばかりだった。
ストラマー語録である。

「オレは意見をもたないようになった。意見を持ちはじめると視野が狭くなるんだ」

頭のてっぺんからつま先まで「謙虚」であった。奢ることに恐れているようだった。
クラッシュ時代にちやほやされた位置をわざと打ち消さないと、地に足をつけて曲を書かないと、作品にソレが全部でてしまう。それじゃぜんぜんダメ、というようなことを語っていた。

アメリカの路上で自作のフライヤーを自ら配りながら、「今日、ライブがあるよ」と客を集める姿にもう胸がジンジンして、涙が溢れた。(気の毒にとかそんなことまでして!とかそんな気持ちじゃないよ)
ほんとにスタートに戻って1から自分の音楽をやりじめているんだなと。
それを証拠に、本当にいい顔をしていたよ。全てを楽しんでやっている感じ。
ラジオ局めぐりをして、曲をかけてもらい、地道なプロモーション活動。そしてファンへのめちゃくちゃ親切な対応。熱い熱いステージ。

何が悲しいって、こうしてエンジンかかった矢先に逝ってしまったこと。
残念でならない。もう4年もたっていることだけれども
スポンサーサイト
【music】  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。