日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::子供との甘い時間
「ラブフライボウ通信Vol.17」 完成しました!
拙いニューズレターですが、次号はまだですかーなんて奇特なお声もいただいたりしていよいよ書き出しました。

“パーミング”の絵を長男Rに描いてもらいました。
テーマが「目を癒す」だったから、次男Kに目玉おやじを描いてもらいました。
役立つようになったなぁ。とじみじみ。
R.jpg

そして、今朝のわたくしのツイッターより。

『次男が体操着袋を忘れて出かけようとしたので、後ろに隠して「なんか忘れてますよ~」と言ったら、「あ!」と踵をかえして私の前に立ち唇を突き出した(゜∀゜)。うん、チュウもそうだけどね(笑)体操着ですよ、体操着。』

甘い!!なんてスウィートな関係でしょう。

ところが、思春期的反抗期をむかえている長男Rは判で押したように機嫌が悪いと反抗的な態度。
ですから、余計にまだまだお子様な次男Kのこういった可愛さにメロメロしているわけですが、きっと彼も、たぶん兄より早めにこういう時期を迎えるんじゃないかな?と思ってます。

これは誰もが通る季節なので、一緒にキレたり、ぶつかったり、あやまったり、理解したり、しながら私もやり過ごそうと思います。

先日、長男Rはちょっとした悪さをして、私は子供とともに学校に呼び出しをくらいました。
とほほ・・な体験でしたけど、中学生になり急激な成長と外部からの刺激とアンバランスな心をもてあましていた長男Rが、このことをきっかけでちょっと変化したように思います。
私とも、JG(父親)とも、じっくり話をしましたし、生活もちょっとだけ改まったようです。
ふわふわと地上10センチぐらいのところを浮かんでいたような(浮ついた感じ)ところが無くなって、
地に足が着いたみたい。あくまでも私の印象ですが。

子供との甘~い時間は成長するにしたがって減ってくるのかもしれないけど、殻を破ってどんどん大人の階段を登っていこうとしている姿を見守るという経験も、“経験させてくれてありがとう”と神様に感謝したい気持ちがわいてくるんですよね。
いろいろ大変だけどね!!

ちょっと先をいく、先輩ママ友達が言いました。

「またうらぎられるかもしれないし、思うようにいかないし、そうそう迂闊に信用できないとこもあってもさ、親はどんなことがあっても子供を信じることしかできないんだよね。」

親はどんなことがあっても、何度うらぎられようとも、子供を信じるしかない。
すごくどすんと胸にささったいい言葉でした。(ありがとう。)

あらためて、子供をはじめ、家族そのものに向かい合う季節到来という感じです。
育児に必要なのはお母さんの体力だとよく私は言いますが、これからはさらに心力が必要ですね。
一番子供を見失っちゃいけない時期のような気がします。

・・・とか書いてたら、長男R、珈琲入れてくれましたよ。

“甘さ”はちょっと照れくさいものに変わったけど、変わらないものは変わらない。
あー、母さんいそがしいや。

スポンサーサイト
子供の庭  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。