日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ちょっとした10分間
はじめてのお産をひかえた女性が、産後の女性と赤ちゃんを見てちょっとだけでも予習ができたらすてきだなって思ってた。
ちょっとだけセンパイ母と生まれたての小さい人にちらりと触れるだけでもいいんじゃないかなって思ってた。

++
今日からカルチャークラスの時間が変わった。
「マタニティヨガ」クラスの前の枠をとってもらった。

産後のフィットネスを終えた母と赤ちゃんがいる教室に、妊婦さんとマタニティヨガの講師のどんげさんが入ってきた。
ほんの10分程度、お互い着替えをしながら交流する。
マタニティヨガをやっていた生徒さんは、生れ落ちたわが子を「こんなんでしたー」とどんげ先生にお披露目する。
また、妊婦さんは産後クラスの赤ちゃんをみて、「4ヶ月ってハイハイはまだですよね???」と素朴な疑問をなげかける。
産後ハハたちは、口々に「妊婦時代にいろんな赤ちゃんみてみたかったよねー」と言っていた。そうだよね。

だから今日はこの10分くらいの時間が、私はとても美しいなと思ったのだ。
なんか、みんな笑顔だったし。

子育て広場「さわさわ」でもよく思う。妊婦さんがたっくさんの(いつも20名前後)産後ハハとあかちゃんに囲まれるクラス。
あと何ヵ月後にはこんななんだなぁって、ぽわんと脳内で思い描けるかもしれない。こういうグッズが役立つのね、って知るかもしれない。
産院の先生に検診で聞き損ねたちょっとした質問も、先輩ハハにできるかもしれない。

そんなこんなの思いで、ちょっと嬉しかった本日のクラスであった。

++
嬉しかったこと、あと二つ。

地元で一つ、ちいさなクラスが立ち上がろうとしている。
働く母である一人の女性が、4回続けてクラスをうけたいので私が人を集める。働く母のクラスをつくりましょうと、声をあげてくれたのだ。
ものすごくありがたく、私もフンドシを締める!!

そして、息子の担任だった女性(スーパースペシャルいい女&素晴らしい教師(2年前に定年退職された)&働く母の強い味方)からの便りを受け取った。
そこには、「わたしもクラスの生徒になりたいのですが・・・若いかた向けなのかしら」と書かれてあった。
先生!!!!先生だって、立派な産後女性じゃないですか。ぜひ、ぜひ、ぜひいらしてくださいまし。
ていうか、女性の大先輩のお話を、また聞きたい。保護者会でみんなが涙した先生のあったかいトークを聞きたい。
息子差し置いて私が生徒になりたいくらいの先生だったのだから。

++
さー、明日は初踊りだ。もう寝よう。おやすみなさい。
スポンサーサイト
ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。