日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::柘榴、無花果、その色と魅力。
zakuro

ずっと狙っていたご近所さんの庭先の柘榴をいただいた。

そうそう、毎朝通るたびに熟れていくザクロを眺めながら、いつこちらの御宅の奥様に「いっこください」とお願いしようかと思っていた。
だって、みるみる熟して割れてしたたる汁も甘そうで、鳥達がつついたりしてて、欲しくて欲しくてしょうがなかったのだ。

そうしたら、あっさりとあちらから我が家に届けてくださった。
義母のご友人であった。言わんでもきれいになった年はくださるそうなのだ。
てっきり私の欲しいビームを察知されたのかと思ったけどそうじゃなかったよ。

さっそくボジョレーとチーズと柘榴。

これがまたよく合うのでちびちびと楽しんだ。

ザクロとイチジクは女性のシンボル。
似ているこの二つの果実の色味が大好きだ。シックで色っぽくて大好き。

豊穣、繁栄、そんなイメージがあって、実際「子宝にめぐまれる」といったシンポルから結婚のお祝いにもなったという。
貧血にもいいし、なんだかとっても女性の味方。

惹かれるものに理由や理屈などない。
味が好きだったわけじゃない。無花果なんて特に子供の頃には手がでなかった。
柘榴は味よりも、つぶをとって遊びの合間に食べていた子供時代を思い出す。

どうにもこうにも惹かれる色とイメージ。

いま作ってもらっているサイトのイメージカラーにも「無花果っぽいの」なんてお願いをしたんだけれど、
うまく意図をくみとっていただいて楽しみにしているところ。

フィクスカリカ。いちじくの学名。
グラナーダ。ザクロのスペイン名。

名前すらも愛おしい。

「ちょー酸っぱいけど、なんかやめられない!」とつぶつぶを食す次男。
「ちょー酸っぱいけど、美味しいわね〜」と母。
「ちょー酸っぱいけど、みてよこのルビー色!!」とつぶを電球にかざす私。

二つの愛しい女の果実。エッセンスをいただいて、楽しみながらきれいになろう。血も肌も心も瞳も。

そういや、フラメンコを踊っていたとき、はじめて作った衣装の色がワイン色だった。
あの色にはとことん惹かれて、今でも大事にとってあるのだけれど、思えばあれもザクロの色だった。
好きで惹かれるものって、むかーしから変わらない。

なんかわからないけど、呼ばれる色、呼ばれる果実、みたいなのだ。
スポンサーサイト
ラブスイッチ  コメント(3)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
私が子供の頃は、実家にザクロの木があって、酸っぱさで顔をクシュ ってしながら食べてたのを思い出しました。
今はザクロ(や、びわ)の木はなくなってしまったけど、一昨年、祖母が日中過ごしていた小屋?を取り壊したら、その裏庭にイチジクの木がひっそりと生息してるのが発見されました 
去年、一昨年は祖母を思い出しながら食べたけど、今年は放射能とか心配ないかしら??なんて思いながら食しました。好きだから心配しながらも食べてしまう 
ボジョレーと一緒にってのがいいなぁと羨む授乳期の私 
2011.11.23 08:59 編集 △ page top
コメントありがとう。
なんか小説のような情景・・・
味や匂いってとっても記憶に残るよね。
庭に柘榴、枇杷、無花果・・・なんと素敵なのでしょう。豊かだなと思います。
ひとつでも残ってよかったね。
心配事ができてしまったのが本当に残念ですが。。。

そうそう、「クラスの様子」にはんなまさんのマタニティヨガ写真を使わせていただいてます^^すごくいい写真だから!お許しになって♪
2011.11.27 00:12 編集 △ page top
1年ほど前の森のテラスでの写真ですね!あの時はホントに伸びて緩んで心地よかったから、いい表情してるな~と我ながらに思う写真でした。HPのお役に立てて嬉しいわ。またいつか、クラスにも参加したいなぁ…
2011.11.27 23:00 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。