日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::私のお産と「まんまる助産院」新年会
こういうお仕事をしていると、出会う方や周りにいらっしゃる方々のお産はとっても「自然派」が多いことに気づく。
助産院で産む、好きなスタイルで産む、家族に囲まれて産む、好きな場所で産む、臍のをパートナーが切る、胎盤食べる(!)などなど・・・
たしかに私もこういうのに憧れてはいた。水中で産みたい、とかも思った。

が、如何せん私は2回の妊婦時代、産休に入るまで通勤時間1時間の都会でフルで働いていたのでお産の準備といったら定期的な検診くらいしかできていなかった。
母親学級も行ったことがない。検診で半休したり休んだり、切迫流産で休んだりしたのでそのほかの時間はとにかく必死に通勤してた。

今思うと、「母になる準備」や「子の快適な腹環境」にもっともっと時間や脳みそを使えばよかった。
オフィスでは、自分の代わりになる人なんていっぱいいたのに。子を産む私の代役はいないのに。妊娠中も「ワーキング妊婦だからしょうがない」という考えに支配されていたんだなーと7年たった今気づくなんて!!!(涙)

ただ、一人目が分娩中に心音がさがり(胎児仮死と母子手帳に書いてあってあとからびびる)緊急帝王切開になったこと、二人目はVBAC(※前回帝王切開で分娩し、次の出産で経腟分娩を選択すること。=帝王切開後経腟分娩=VBAC:vaginal birth after cesarean section)。
そして出産10日でごく稀な病気で小児病院に入院・・・という「泣きの出産、泣きの産後」だったので、そのことを考えると私は産院で産んだことに後悔はない。
人それぞれであっていいと思う。

必要以上に「自然」を謳わなくともいいと思うし、何が何でもシステマチックなものを否定することはないと思う。
もちろんナチュラルなものがいいとおもうけど、「産む」側より「産まれる」側に焦点をあてたい。
その両方は最終的には繋がるんだとおもうけど、ん・・・なんていうんだろ、「どうやって産むか」に縛られてはいけないということ。


きっとこのお仕事に出会わなければ、知らなかったお産や育児の世界がいっぱいあった。経産婦なのにね。

そんなわけで現に未だに驚くことが多いのだ。
育児サークル、助産院のコミュニティ、自然育児グループ・・・そういった世界に触れるとほんっとにカルチャーショックっていうか、「同じお産をしているのになぜにこんなに違うんだ!!!」と腰が抜けるのだ。
先に書いたようにどっちがいい悪いじゃなくてね。

たとえば、立会い出産について。二人の子なのだから二人で産むのがいいのはわかるし立会いが素晴らしいのも想像だけどわかる。
でも、私は希望しなかった。動物のように一人ひっそり産みたかった。もちろんドアの外にはいて欲しいけど、メス状態の私は見られたくない・・と思ったのかはよくわからないけど最初から希望していなかった。
次があったらどうするだろう・・・と思ったりしたけど、やっぱり「ちょっとそこでまってて。産んでくるから」と言っちゃいそうだなぁ。笑。

+++

先日、立川の「まんまる助産院」の新年会に参加させてもらった。(こちらのボールエクササイズの講師をさせてもらっている)
せいぜい20人くらいかなー?なんて暢気に出かけたらとんでもない!!100人はゆうに越している人たちの盛大なる新年会だった。
ここで、バランスボールのデモンストレーションを。わたしは生徒になって体験者の方々と一緒に弾んできた。

その後は、まんまる助産院で出産された女性たちによるお産劇(!)を鑑賞したり、
サルサの体験(腰の動きがお産に生かせるとか!)をしたり、
持ち寄りの豪勢なバイキング料理を堪能したり、
子育て&癒しグッツの販売ブースを覗いたり、
とても楽しい時間をすごさせてもらったのだけど、やっぱり終始「驚き」なのだった。
人のパワー、産前産後女子のエネルギー、地域力・・・そんなものにひたすらやられた感じで、家に帰ってしばらくボーっとしてしまったほど。

最初のお産から10年も経った今、私はこんなことをしている。こんなところでボーっとしている。それが不思議なのだ。
なにがどうしてここにいるんだろう。
今日であった産後の女性たちには、私がクラスでお伝えしているささやかな言葉は必要ないんじゃないかとすら思ってしまった。そのくらい、パワーがあった。

これだけ大きなコミュニティを先導しているみさえさんも淡々としているのにすごい人だなぁとあらためて思ったし。
「私にできること」を改めて考えさせてもらった新年会だった。

しかし!!サルサの“メレンゲ”というステップ、ほんと気持ちよかった!!汗をじわっとかくような、骨盤が気持ちよく動くような、その動きが身体に馴染むような、そんなステップ。
やっぱ骨盤は動かさなきゃだめね。

というとりとめのない感じでおしまい。


☆母たちによるお惨劇・・じゃない、お産劇!!(ひたすら胸をうたれる)
お産劇

お産劇2


☆もちより食事のバイキング(保育園の交流会を思い出し、私には懐かしい光景)
バイキング




スポンサーサイト
ラブフライボウ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
画像つきですばらしい!
私はいつも楽しんじゃうから、写真をとり忘れちゃうんですよね~v-239

夏にもきっとお祭りがあると思うので、
また一緒に盛り上げましょう!
2008.01.14 19:20 編集 △ page top
ボールデモの写真も撮ればよかったなーって思いましたv-212
国際色豊かでもありましたし!!

私はあのタヒチアン(?)の曲がすっごく気持ちよかったわ。いつもより更にココロも弾んだみたい!
2008.01.16 14:29 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。