日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::思い出のニケ
高校生の頃、朝の通学時に、バス停2つの距離を歩かずにバスに乗った私に対して、
「信じられないな、もったいない」とか、「いったい何考えてるの?そのくらい歩けよ」とか、
いきなり怒って言ってきた男の子が居た。

で、その子は次の日の朝から私の家に自転車で寄るようになった。
「後ろに乗れ」と。
何で私がバスに乗るとあなたが怒るのだ。と理不尽な気持ちもあり、
何でこの人が自転車通学に変わらなくちゃならないのか。という解せない気持ちもあり、
後ろに乗せてもらいながらも私はすごく不機嫌な顔をしていたと思う。(ここで何も気づかないうぶで鈍感なだめ女子高生であった私)

今考えるとずいぶん甘しょっぱい思い出じゃないか。

その男の子が、ある日突然私に一枚の写真をくれたのだ。
写真というか、B4サイズの大き目のものだったのだけど、そこの写っていたのは
サモトラケのニケだった。

「素晴らしいだろ?すごいよなぁ~」「なんて美しいんだろう。はぁ、ため息でちゃうよな~」と
ひとりで大絶賛しながら「はい。これ、やるよ。」と、私にくれたのだ。

先日実家改装につき行く場所がなくなったため母が送ってきた私の“過去の荷物”の中にこの「サモトラケのニケ」が入っていた。


ルーヴル美術館にあると言っていた。
これをもらった10年後にパリに行ったけれど、とても短期間では見切れないと思い、敢えてルーブルには足を運ばなかった。(いつかこのためだけに訪れようと思ったのだ)
以来、すっかり私の頭の中の引出しにしまいこまれたまま、今の今まで取り出されることはなかった。

それが・・・だ。
また出会ってしまったのだ。ニケに。

巨大な迷宮、世界最大の美術館であるルーヴルに初めて撮影隊が入ってドキュメンタリーフィルムが撮影された、
ニコラ・フィリベール監督の映画【パリ*ルーヴル美術館の秘密】の中で再会してしまった。

ちらりと映っただけだったけど、「あっ!」と小さく声をあげてしまった。
救急隊員が階段を駆け上っているシーンの傍らに、サモトラケのニケが しらっと佇んでいた。

この映画の感想は明日にでも書こうと思う。あまりにも素晴らしい映画だったので、もう一回観にいこうと思っている。

さて。
高校生の私にニケを教えてくれた男の子は、今ヨーロッパでご活躍中。ドイツだかスイスだかの美女を奥様にしたとの噂。元気で居るのだろうか。
もうすっかり音信不通なのだけど。


スポンサーサイト
【arts・dance】  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。