日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::少年の夏、爽快な青空。
120716_1636~01   120716_1750~01

夏真っ盛り。
猛暑が続いておりますが、みなさまいかがお過ごしですか?

我が家の長男が所属する中学サッカー部がこの度都大会進出を決めました。
子供たちは炎天下の中、真っ黒になって練習を重ね、一勝一勝コツコツと進んでいった熱い夏でした。
両親は仕事のやりくりをしつつ応援に励げみ青春を追体験させてもらえたような幸福感を味わっていました。

結果、接戦の末ベスト16という結果に涙涙の結末でしたが大いに彼らは頑張ったと思います。

実は彼らは春の大会でも、都大会に進む権利を掴み取ったのでした。
しかし、大会の日程と学校の体育祭が重なり、中体連の規定に従って泣く泣く辞退せざるを得なかったという辛い経験をしていました。
あの時は親として一緒に泣いてやるしかなかったほんとうに悔しい経験でした。

緊急保護者会が開かれ、学校側の考えを聞き、子供たちの心のケアについて考え、顧問の先生とも今後のことを話合い、大人たちも大いにかき乱された出来事でした。
インターネットにも、「なんで棄権したんだ?」「なんか悪さしたんじゃね?」などと心ない書き込みがあったりして、そんなものも全て一から正したいような気持ちになって、大人のほうが過敏になっていたように思います。

ところが、いち早く前を向いて未来に進みだしていたのは子供たちでした。
「悔しいけど、体育祭は力抜かないで頑張ろうぜ!」と声を掛け合っていたのは彼らでした。
「夏の大会にも絶対行くぞ!」と叱咤激励しあっていたのも。

そして、夏の大会の出場権を掴んだのです。
すげぇなぁー。中学生ってば。大人たちの事情や昔からの決め事なんかに打ちのめされてもちゃんと立ち上がる!
前を向いているんだもの。いつまでたっても腑に落ちない私達のことなんてとっくに置いてきぼりにしてがんがん前に進んでいました。

そんな思いで勝ち進んできた最後の大会。熱中症の心配をよそに緑の芝生の上で汗を撒き散らしながら精一杯駆け回っていた。笑ったし大声もだしたし涙もいっぱい出た。
親はただただ見守って応援するしかないのです。だけど、そんな幸せな体験をさせてくれた子供たちに感謝です。

夏が終わったーーーー!
と、子供よりも私のほうが感じていたかもしれません。
いやいや、受験生の夏は寧ろこれからはじまるのだよ。と自分で突っ込んだりしてね。

悔しがって泣いている、そんな我が子の姿が眩しかったです。
勝てば喜ぶけど負けても淡々としていた小学生の頃とは大違いです。悔し泣き、大いに結構。やっぱりそれは次へのステップだと思うから。

まぁ、案の定抜け殻です。
家でごろごろごろごろしてる週末でした。(息子がね)
先生に待っていてもらった3者面談にも昨日行ってきました。ちっともまだ切り替えができていない息子に渇が入りましたがまったく響いていません(T▽T)
どうなることやら。

「俺たちのチームは、一人ひとりがすごいんじゃなくて、チームワークがすごいんだ。」
そういって誇らしげな顔をしていた中3男子。いいかおでした。
その顔に対面しながら、私は漠然と子育てのステージがまた新しくなったような感覚を覚えました。
私の方が学ぶことがなんと多いことか。
そして、「どう生きるか」っていう大きなテーマを抱えて人間対人間というようなスケールになってきたなぁと夏の青空を見上げながら思ったしだいです。

次男坊も小学生最後の夏合宿があるし、試合も多い。そして彼もめきめき成長している。今年の夏は、男児母三昧。そんな感じです。

そして、エンジンかからない息子の横でだらだらと汗をながしながら一緒に【時をかける少女】を観ました。
大好きな映画です。
青空です。夏の・・・・

毎回胸がキュンキュンしますが、今回もやっぱりしました。
隣に寝転んでる息子に、
「あんた、こんな高校生活がこれから待ってるんだよ!!!うらやましすぎる。そのためにする勉強なんて屁でもないじゃん!!」と熱く語って、嫌がられました。

でもやっぱり羨ましい(笑)。
未来しかみていない、その感覚が羨ましい。

サッカーは引退だけど、君の道は進むべき道しかない。まだ未知の道。前しか、見えないんだよ。

時をかける少女 通常版 [DVD]時をかける少女 通常版 [DVD]
(2007/04/20)
仲里依紗、石田卓也 他

商品詳細を見る


ついでに息子がさっき読み終えた小説の表紙、こんなんでした。
やっぱり青春は青い空に向かって飛ぶんだな。
階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)階段途中のビッグ・ノイズ (幻冬舎文庫)
(2010/05)
越谷 オサム

商品詳細を見る
スポンサーサイト
家族スイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
マキさんご無沙汰です!
私も男児母三昧の夏です!
長男(小3)のサッカーの大会で泣いたり笑ったり叫んだり。
楽しいですよね、男児母(^^)

2012.08.24 11:40 編集 △ page top
おひさしぶりーーー!!
元気に男の子母さんやってますか?やってるんだろうね^^
サッカー少年なんだね。
暑い夏、親子ともども大変だけど一緒に一喜一憂。ありがたいね!
またどっかで会いたいな。
2012.08.26 22:05 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。