日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::母さん勉強中。
今日はカフェスローでひとりお勉強。
お昼になってご褒美のランチ!インドのワダ(?だっけ?)がついてたよ。中身は枝豆^^うまうま。

121009_1353~01

そのまま午後は友人と落ち合って沢山話をしたのだけれど、
やっぱり頭に詰め込んだことを口に出して言うと理解が深まる。難しい哲学も、日常に落とし込んでみると案外子供の頃に周りの大人たちから教えられてきたようなことや、児童文学から学んだエピソードや、お寺で聞いた話なんかを思い出したりするんだよね。

話の中心は仕事と子育て。子育てに関してはちょっとだけ彼女の先を歩く私なので、自分の時には見えなかったことが、今だから見えることもあったり、私も振り返ってまた学ぶことが多い。
午前中ヨガテキストをずっと読んでいたもんだから、ついつい熱く「それはさ、きっとこういうことなんじゃないかな?」「今頃やっと気づいたんだけどさ!」なんて語ってしまったり。
いつになく饒舌なわたしだったと思います。
目で見て頭で理解して・・というのが「読む」ということだと思うけど、それを「自分の口からまた語る」というのはすごい勢いで腑に落ちるもんだなと、今更ながら。

「そのことを1分以内で説明しなさい。それが出来なければそのことを知っているとは言えない。」というようなことを孝も言ってたしな。(※注 大学教授、齋藤孝様のことでございます)
なんてことをあれこれ感じながらの昼下がりでした。

気分よくてデザートまで食べちゃった。
121009_1441~01
ピザじゃないよ。
さつまいもとアップルのタルトだよ。

私は子育ての最終地点は、我が子を家庭から社会にしっかり送り出す。ということだと思っている。
こんな面白くてありがたいお仕事をさせてもらっていることに感謝。思い悩むことも沢山あるけれど、そういうときこそヨガっててよかったなと思う。暗闇から導いてくれるものを心に持つ、というのは大変にありがたいことなんだと実感する。

++

そうそう、昨日は息子二人と一緒に高尾山に登ってきた。
けっこうよく行くのだけど、毎回思うことがいろいろ生じていいことも問題点も気づきをたくさんくれるからありがたい。
昨日は次男が下山するまでの道のりをずーーーーーーっとすれ違う人たちに「こんにちわー!」と声をかけて歩いていた。
びっくりしたよ。物怖じしないあの天真爛漫な様子。長男はちょっぴり恥ずかしそうにたまに「こんにちわ」って言ってたけど、最後はどこぞのおばあさんと仲良くなって二人ですたすたと先にあるいていってしまった(笑)
「こんにちわー」って次男が声をかけると、明らかに嬉しそうに「こんにちわ!」と挨拶を返してくれる人のほうが圧倒的に多かったのがなんだか嬉しかった。
終いにはブロンドヘアのお姉さんや大柄のヤンキーボウイにまで「オォ!コンニチワ!(もちろん「二」にアクセント)」と返してもらってたんだから!

なぜ、山では誰彼構わず挨拶をするのだ?
そんな疑問は彼の中にはないのだろうか。
ただ受け入れている、ってことなんだろうなー。なんだかまっさらで素直だなー。って感動してしまったよ。
こういうのがサティア(誠実)なんじゃなかろうか、なんて母さんは一生懸命脳細胞を活性化させながら考えて歩いていたよ。

市井の人のヨガ哲学、扉をあけたら面白くってしょうがない。
お手本はやっぱり身近にたくさん生息しているんだよ!それがやっぱり面白いのであった。

そんなわけで、母さんは味噌汁つくりながら、洗濯たたみながら、勉強中なのであります。
121008_1058~01
スポンサーサイト
ラブスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。