日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::涙は拭うな!
あたしのマブなダチが密かに悲鳴を上げていた。

彼女は隣町から自転車をこいで私のお座敷ヨガクラスへやってくる。
「話したいことはいっぱいあるけど、話さなくても感じたりつながったりしているね。」
彼女はそんなことを言ってクラスが終わると颯爽とまた自転車に乗って帰っていく。

そのマブなダチと今日は一緒にお昼ご飯を食べる時間が持てた。
彼女は私に話をする。私はその話を聞く。私も話す、彼女が聞く。二人で涙を流す。
そんなシンプルな行為を大切に行ってきた、そんな感じだ。(ご飯もしっかりたべた。スイーツも食べた。)

命について考える。
子供について、その保護者たちについて、社会の大人について、仕事について、そしてやはり命について。
より良い方向へ向かうために彼女はありったけの勇気をもって小さな社会に向かってまさに一石を投じようとしている。
話を聞いていてこちらまで息苦しいような、突破する手前の怖気づく心持ちのような、そんな感覚に一瞬なったけど、
これはまさにヨーガスートラ八支則、ニヤマの中のタパス(苦行)だ。
私は師に“幸せに向かう道”はすべてTAPASだと教わった。
そしてTAPASは偉大な受容なんだ。

心から応援している。
その道の途中で怖くて傷ついたなら私が持っている手を1本でも2本でも差し出すよ。
背中を押すこともさすることもできるよ。

そして思い出して欲しい。
インストラクターになって自信がなくてうじうじしていた当時の私に、いつも「大丈夫。あなたを待っている人が絶対いるよ!」
そう言ってくれたこと。その言葉が私の背中を押したこと。

今、あなたを待っている人がきっといる。
もう踏み出したあなたへ、涙は拭うな!偉大なる受容に向かって。


♪NowPlaying 「Super Charger Star」 by ZIGZO
スポンサーサイト
ラブスイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
TAPASな日々、
わたしが怖かったのは、世間だったということに
気づいたよ。

 あぁ、世間ってばすごい。

 ってことに気づいて、
だけどなんだかふっきれて、
最善もイメージしてみようと思った。

 自分の中で諦めていたこと。
 それは、担任の先生が戻ってきて、
卒業式でこどもたちの名前を呼んでいるの。

 そしたらね、
ちからがわいてきた。
 叶わなかったとしても、
そう祈りたかったんだって。

 そのイメージは自分の内側からのちからになるよ。

 ありがとう。
2013.01.29 06:59 編集 △ page top
世間、それは常に変化しているもの。
永遠じゃないもの。不確かなもの。流れてゆくもの。恐る必要はないもの。だよね、きっと。
私たちはいつもいつも、ともすると永遠じゃないものに惑わされて普遍の真実を見失いがち。

そして、その道のりこそが大切だと気づかないで結果ばかり追ってしまう。

でももう大丈夫だね。
愛の戦場よ!祈りながら闘うのよ。その力を信じて。
2013.01.30 17:34 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。