日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::アーユルヴェーディックオイル礼讃
なかなか目眩の名残がとれなくて、頭も霞がかかったような状態ですっきりしなかったので、これはピッタが上がってるのかな?と思ってた。
ピッタというのは人が本来持っている3つの体質のなかの「火」を表しているもの。私は本来ヴァータ(風)が強いので、そちらばかり気にしていたけど、耳に障害があるし20代にめまいで悩んだこともあったし、けっこうピッタの乱れを注意しないといけないのかもなーなんて思って、ヘナとヘナ風呂でセルフ調整して、
後は人様のお手をお借りしよう!と思い、アーユルヴェーダのサロンへ行ってきた。

カウンセリングでやっぱりかなりピッタに偏っててびっくり。これほどまでは今までなかった。
そういえば、ここんとこパンクばっかり聴いてたし(笑)音楽の好みもドーシャのバランスが影響しているという発見。

オイルを欲していたからアビヤンガは必須。アビヤンガって「塗布する」という意味だけど「滑らかな愛の手で」っていうような意味もあるのだと聞いたことがある。
特にシローダラーがやりたかった。
あの、ごま油を額に延々と垂らし続ける、あれね。
極上の気持ちよさなんですよ、おくさん。意識が飛ぶ。温かいオイルがさわさわさわーっと額に流れ続ける。
今日いったサロンでは額よりもう少し上をやるそうで、より脳を洗う効果が強いということ。
終わったあとは、脳みそがとろとろ。目がすっきり。頭の靄も晴れていた。

体もたくさんオイルといっしょに薬草成分も吸い込んでここちよい。
頭からはカレー臭。(カレー粉の匂いがするハーブパウダーで最後洗ったからね)とってもいい感じだ。

アーユルヴェーダをもっと生活に取り入れてあたりまえに使えるようになりたいなと思ってからずいぶんたつ。子供たちは疲れれば勝手にヘナとハーブの足湯をするし、セサミオイルで肌ケアしたり臍の掃除したり(?)してるけど、私にはこのくらいのちょっとした生活の知恵程度っていうのが一番しっくりくる。
施術してもらうところも、おしゃれでもスタイリッシュでもなくていいんだ。ふつうでいいの。(普通ってなにww)
しかし、シローダラーは自分じゃできないからね。
こればかりはたまにやりたいなと思っている。美容院にもめったにいかないし(!)いいよね、これくらい。

というわけで、この生命力が確実にアップした気になるオイルケア。おすすめ。
私もずいぶん救われた。
年齢的にもよいお年頃だし、体質が変化してくる時期にこうしてちょっと自分を助けてくれるアイテムがあると安心。
あとは、私の不調を知ったヨガの師が教えてくれた夜明け前の特別な時間「ブルフマ・ムフルタ」に起床して太陽礼拝をするっていうことが体質の改善にもつながる。という課題に挑むと。
こんな時間にブログ書いてること自体たぶんダメ。
でも徐々に、そんなふうになれたらいいな。スローな気づきだけど、
「本当の自分の身体の声を聞く」なんてそうそう簡単なもんじゃないと思う。やっとの思いで身につけるものだと思う。

では、おやすみ。


スポンサーサイト
ボディスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。