日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::父のエンディングノート
夕空

今夜は月が笑ってるよ。

♪お月さまのぞいてる 君の口に似てる~
とやっぱり歌ってしまうよ。

昨夜、夕食後に義父から手渡された彼のエンディングノートのコピー。
本通は義母に。子供たち家族にはコピーをきちんとファイリングされたものを手渡す父。
夜な夜なPCに向かって、何をやっていたかと思えばこれだったのか!
でも中身は丁寧に手書きで書いてあった。大事な箇所には蛍光ペンでマーキングがしてあった。
父らしい。

エンディングノートという、所謂遺書のような一冊のノート。
遺言を書き綴っただけでなく、財産のこと、口座の情報、保険のことや、葬儀の際の注意事項や本人の希望、交友関係の名簿、闘病記録、現在の体調、延命措置の希望の有無などなど。。。
あらゆるカテゴリーにびっちりと、父という人の情報が詰まっていた。
(なんでも、中高年の間でちょっと話題になっているとのこと。Twitterでも話題にしていた人をみかけた。間違って「デスノート」って言っちゃってる人の話とか(笑)それ、ぜんぜんちがうから!)

義父はもう25年くらい、闘病を続けている。
20年経って転移することもあるという癌を患い、肺に転移してしまった癌細胞とただいま共存している状態だ。
毎週、一人新宿までいきインターフェロンを使った治療をして、その日は帰ってくると副作用でぐったりとして半日寝ている状態になる。御年84歳だ。
常に前向き。気丈な人なのだ。

ノートを受け取り中身に目を通した時、ちょっと涙が出た。だけど、ちょっとだ。
なぜちょっとだったかというと、
まだまだ父がいなくなる気が全然しないからだ。闘病しながらもすごい力強いからだ。

父の想い。しっかり受け取って日々の日常を今までと変わりなく過ごす。
ただただ、子は順番を守らなければいけない。それだけは確かに、守らなければ。親を送るというその順番を。
わたしはそう、思う。

空


スポンサーサイト
家族スイッチ  コメント(2)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
 今日も生きたね、ふふ。

 家族って改めて不可思議で
面白いな、と感じる夜。

 蜜に触れ合っている、
触れ合っているというよりも、
交錯しまくっているからこそ、
うわっつらじゃない、
いまのありのままがあぶりだされる。

 家族ってほんと、素敵だ。

 ありがたい。

 そして、
牛肉ランドって、
何!?
2013.10.13 21:48 編集 △ page top
うん、今日も生きた!
家族ね・・・。深くてめんどくさくて温かくて笑えて泣ける。
(じいさんばあさんと)私だけ血のつながりがない、と冷めたり思ったりホッとしたり不思議だったり。
でもかけがえがない。

牛肉ランド・・・なんか怖いよ(笑)
焼肉屋?よくわかんないけど、ほんとに行きたかったんだと思うよ、あのこ(笑)
大人の事情とか口先とかって罪よねー。と他人事ながら思ってみてたよw
2013.10.14 23:34 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。