日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::ニューロフットリフレクソロジー体験記
会いたい人が誰なのかも今はわからなくとも、いつか実際に出会った時に「あーこの人に会いたかったんだなー」と気づくことがあります。
「出会い」は日々連綿と続く日常を、踏んだり蹴ったり甘かったり酸っぱかったりカッコ悪くもちゃんと歩んでいたら、その先にあるんじゃないかな。
そしてそれは忘れた頃にやってくるんだ。ご褒美ギフトのようにね。

アンテナにひっかかりリンクする、シンクロが起きる、溶け合う、解り合う、分かち合う、創られる。

さて。閑話休題。
お正月あけまして、七草粥の日。都内のサロンでニューロフットリフレクソロジー(NFR)を受けてきました。
施術してくれるのはオーブさんというクライアントさんたちからは「魔女」と呼ばれている美しい女性。
(魔女ってあの美魔女とかのオソロシイ感じじゃなくてよ。)

彼女が施してくれるニューロフットリフレクソロジーとは、足の裏や指を刺激して神経系に対して働きかけるテクニック。
脊椎反射区へ働きかけて身体を調整して行くということなのだけど・・・・。うん、よくわからないよね。
でも足の方から脳天に抜けるような刺激を与えられ、あれよあれよと身体の歪みが整っていくという、
魔法のようなあの感覚
は体験するに越したことないのだけど、ちょっとだけ伝わればいいなと思いレポしてみます。

昨年の秋あたりから、無理な練習で内転筋を痛めてしまったわたしは、以来なるべくこれ以上傷めないよう動きを制限しながら練習を続けていました。
まえにもちょっと書いたけど、制限が与えられるとその範囲内でなんとかしようとする。これは諦めではなくて、
完成形にはならないけれど制限のある形のなかで実は自由に心地よく息が吸えるような感覚を、「できてた時」よりもより深く味わうことができる素晴らしい体験。
痛い目にあわないとわからないこのパターン、もう慣れました。

そんな日々のなかで、堰を切ったように自分の身体の癖や考え方の癖がどんどんとあぶり出されていくわけです。
あぁ、そうか、だからもう内腿痛くなるのは当たり前だよね、ってアサナをしながらも自分の腰に話しかけたり、そんな練習をしていました。
ここに至る道のりに、様々なボディワークやエネルギーワークを試してきてやっと自分の内側に手がとどいたというタイミングで、この日施術していただいたヴァータな魔女こと、オーブさんの手に出会ったというわけです。

1回目はNFRと合わせて上半身のリンパドレナージュもやってもらいました。
頭部をやる前に鎖骨や腕、肘あたりまで“流れる道”を通してくれて、そのあとフェイシャルへ移っていくのですが、流れる道を作るにあたり、「コリ」や「デポジット」と呼ばれるざっくりいうと「滞ってるポイント」を探ってもらいそこにアプローチ(という名の絶叫必至施術www)いただく道づくりが行われます。

でも痛いのは一瞬でそのあとスっと流れる感じがちゃんとわかります。もちろんその後痛みが続くことはありません。

頭部にももちろんデポジットはあるわけだけど、自分でも痛いだろうなと思っていた耳下部は案の定痛い。しかし痛すぎて驚いたのは右目のアイホールあたり。眉毛の生えはじめるあたり。
あとは副鼻腔のあたり。思いもしないところがとても気持ちがいいとは言えないくらい痛かった!
しかし、お顔のリンパドレナージュはもれなくお目目がパッチリとなるので大好きです。瞼って自分が思っているよりもっともっと軽いものなんだよ。

胸と鳩尾あたりは柔らかいと褒めていただく。呼吸もまんずまんず深くできていると。これはおととしのマスタースダカーのトレーニング時に今までにないくらい胸をオープンできてあらゆる感情が溢れ出して号泣したっていうあの体験をしてから自分でも実感があるのでやっぱり嬉しかったな。

で、いよいよNFRに移るのだけど、寝っ転がっている私を足元から観察したオーブさんはすぐに私の足の癖、骨盤の状態を的確にわかりやすく伝えてくれました。
そうそうそう。半年かけて自分の体癖に目を向けていたからよくわかる。理解できる。ただ股関節の様子を言われたときは少しだけ自分を過信していたなと、まぁ、ギャフンとなりました。
面白かったのが、
私の骨盤の様子を話してくれたとき、私も自分の骨盤に意識を向けたからか話している最中にもう骨がジワーンと動き出したこと。
かわいい!!!!なんてかわいいの?わたしの骨盤!!
骨盤が「やべっ。いまあたしのこと話してるよね?それあたしのことだよね?」とでも言ってあわてて正しい位置にもどろうとしているかのよう。

からだってほんとにシンプルなんだなぁと思った瞬間だった。愛しくてたまらない。
(これは信頼できるセラピストのクラニオを受けたときも同じ現象が起きたことを思い出しました)

また、股関節へのピンポイントプッシュですぐ足が軽くなったことや足首へのプッシュで動きがスムースになったことなど、詳しい知識がなくともわりとすぐに実感できると思います。
面白いのがこのNFRは、『脊椎反射区を微細に触れることで、感情によってできる滞りを探ることもできることです。何歳の時に感情的負荷が掛かったのかを知ることが可能』ということ。
(NFRについて書かれたHPから一部抜粋させていただきました。)

微細に触れるってあるけど、ほんとに微細なんだよ。爪楊枝でシュシュッシュとなぞられ切られるような細かい接触。そこで自分が何歳ごろの何かの想いが今の自分に滞りをつくってるんだよということがわかると。
私はばっちり、右耳が失聴してしまったわたし的大事件があった10年前にしっかり滞りがありましたね。
こういうセラピーを受けるとつくづく体と心の関係に驚く。身体のどこかで今もシクシクと涙を流していたり、むりやり蓋をして押し込めている箇所があるんだよ。

ヨーガで、特に捻るポーズをやっているとき、深く深くポーズに入れた後などに訳も分からず涙が流れることがあります。
これはきっと身体の感情による滞りが解けたんだろうなと理解しています。


ね、これだけ書いていても面白くてもっともっと探りたくなっちゃう。
盛りだくさんの施術のあと、身体におきた変化を書き留めておきますね。もちろん人それぞれに感じ方も結果の出方も違ってきます。あくまでも私の場合です。

★鎖骨に指がするっと入るようになる
★盛り上がっていた左の肩がすっきり
★耳の奥の違和感(疲れると鈍痛)がすっきり
★お目目ぱっちり
★母子球をぎゅっと押して立てる(肉球を実感)
★センタリングを実感
★血圧降下
★衝撃を受け流せる心(気にしなーい気にしなーいって心)
★頬骨の位置がアガる
★翌朝の排泄が驚く程爽快に
★「背が高くなったね」と言われる(たまたまかもしれないけど昨日は二人に言われたよ)
★太ももが軽い
★緊張した時に胃が硬くなるのがよくわかるようになる
★アーサナのバランスがよい!


などなど。

そういえば、婦人科系もクリアだったのだけど、このときオーブさんが「うん、うん。いいね、ここは・・・ま、そういうことよ!」と言ってました(笑)そういうことって。
体験会の時に、私はもっと女性性を楽しみたいのについつい頑張ってしまう男力が半身をこわばらせてしまう、という見立てをもらいましたね。おそらく平均値以上に日々キュンキュンしていると自覚ありますが(笑)、頑張るオレっていう無駄な力がはいっているのも確か。キュン♥して踏ん張って、って感じでしょうか。(?)
だってわたし、万年思春期ですし!

心身共に自分探検してみたい方はぜひいちど受けてみるといいですよ。楽しいよ!


長々とお読みいただいてありがとうございました。
結局こういうセラピーというのは、与えてもらうけど受ける方のちからも大きく作用していると思うのです。魔女の魔法は一方的にかかっているのではないんだよ!
(セックスが決して一方的でないのと同じように。)
そんな実感が面白くてしょうがないのだと、オーブさんに出会って強く思った次第です。





スポンサーサイト
ボディスイッチ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。