日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::あなたの笑顔に何度助けられただろう
あなたの笑顔に 何度助けられただろう ありがとうありがとう Best Friend

という歌詞の曲を、学童の3年生を送る会(学童の受け入れは3年生まで)で、子供たちが手話をつかって、歌っていた。
うちの次男Kも、まあるい口でパクパク歌いながら、手を上手に動かして、♪ありがとう ありがとう
って歌っていた。
涙が出た。昨年は長男Rが3年生だったので、送られる側でやっぱり涙ポロポロだったのだけど(私がね)、今年はどの子をみても泣きそうだった。

拙い言葉でも、「仕事で忙しいのに夏休みに毎日お弁当を作ってくれて、お母さんありがとう」なんていう挨拶をしていた子供がたくさん居た。
親なんだから、子供のお弁当を作るのはあたりまえだ。
あたりまえだけど、あたりまえのことがやはり大変で、仕事を持ち家事をこなす親を、時にはキャパオーバーでパニックになっていることもあるだろう親の姿を、子供は見ている。
見ていて、きっと小さな身体で受け止めて、わかっている。

そういえば、うちの子たちもそうだった。
私が、
「うわーっ!今日のお弁当、食後のくだものが何にもなかった!!!ごめーん!」
というと、
「いいよ、毎日入ってなくても大丈夫だよ。」
といった。
「うわーっ!電車の時間遅れちゃうっ!!!ごめーん!お弁当包んで持っていってね!先に出るねっ!」
というと、
「はぁい。ママ、車に気をつけてねー。」
といった。
そして、お弁当美味しかった!と毎日毎日カラのお弁当箱を差し出すのであった。

そんな夏休みを何回も過ごした。そんなことを思い出しながら、子供たちの手話ソングを聴いていたら、泣けて泣けてしかたがなかったのだ。
今でも書いてて喉がぎゅっと痛いよっ!

3月は毎年毎年、成長の喜びとお別れのさびしさと、家族の足跡を味わう時であるよね。

入園、卒園、入学、卒業・・・みなさまに、おめでとうございます。

++++

先週末、生徒さんたちが立ち上げてくれたクラスをきれいなマンションの多目的ルームで行った。
偶然、となりの部屋では、

「赤ちゃんといっしょに、エクササイズ。バランスボールで骨格調整」

というクラスが開催されていた。うわぁ!となんだか親近感で、ちょっと覗いてみた(笑)
たくさんの(20人くらい?!)母子がにぎやかに集っておられた。ベビーマッサージなども取り入れているそう。
いろんなところにいろんなスタイルの「産後」あるんだね。自分にあったものを選べるだけの場があるのは素敵なことだ。どれもがすべてよくなるきっかけであることを願う。

こちらの、“産後のその後”の女子たちも、めまいがするほどのエネルギーで自分の身体に向き合っていましたね。一生懸命な姿、みんながすごく可愛くみえた。

今週も、より笑顔でいきまっしょい!

スポンサーサイト
ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。