日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::頑張りやさんのあなたへ。
月曜日。さわさわの産前産後ボールエクササイズをやったあと、立川で学生時代からの男友達とランチをしながらあれこれお互いの仕事の話なんかを語り合ってきた。

実に5年ぶりに会ったので、まぁ、お互い話す事がいっぱいあって大変。でも、付き合いがながいから、「まぁだいたいこんなかんじかな?」と話の裏側の相手の気持ちなんかを理解しあえるのでそんな時間の隔たりは感じなかったな。

話をしながら私はつくづく、30代後半・・いや、むしろ40代の働き盛りの男にすごく魅力を感じるんだなぁと思った。
我がオットも忙しくてなかなか休みもままならない人であり、家族としては不満がでそうなところであるんだけど、それにも増してその働きっぷりにうっとりしてしまう。

無駄に忙しく働くんじゃなくて、芯が通ってて脂が乗った感じの働き盛りの男はすごくいいよ。魅力的!!!と息巻いてました(笑)。
色っぽいんだよね、なんだか。
あ、これは男性に限ったことじゃない。女性もそうだな・・うん、今書きながらそう思った。

さて。

話しかわって、水曜日。
今日は調布のカルチャークラスであったのだけど、去年の9月から通ってきてくれたTさんがいよいよ今日卒業するっていうので、前回も書いたけど、なんだかとてもしんみりしてしまった。

でも前向き。さびしいけど、前向きに。

最後に彼女が、「私は人に頼ろうとしてないところがあって・・・」と言った。たまには力を抜かないとだめですね、と。

まさに私もそのタイプなので、すごーくよくわかるのだ。で、こういう人に、「そうよ、たまには旦那さんに頼って息抜きしないとー」と軽く言ったところでそうできないのはよくわかっているから、そんなこと言わないけど、これから職場に復帰するにあたっては絶対全てを100%やりきるのは無理だから、
今の状況を認めてあげるのは大事だよね、っていうのは伝えたかった。
100%っていうのも何をもって100%というのか、そもそもそれ自体人によって違うしね。

1歳に満たない子を人に預けフルタイムで働きに出る。その前の不安や新しい生活への期待や高揚する感じや身構えるような心持っていうのが、痛いほどよくわかり、私は話を聞くことしかできなかったんだけど、
これからは更にいろんな人の助けが必要になってくるし、委ねることも大事だし、抜くことも必要になってくる。キリキリマイになる前に、今日のシェアリングのことをちょっと思い出してもらえるといいなと思う。

頑張り屋さんは立ち止まって耳を澄ます時間が必要なんだよ。

そんな話の中、私は彼女が発した言葉の一つにものすごく喜びを感じた。
それは、
「このクラスに来て体力がつきました。そのことでとても自信がつきました。」という言葉。

体力がつくと自信がつく。

それは自分自身で身につけた体力だからだよ。
すごくシンプル。だけどまさに、身体が元気だと心も変わるっていう、そういうことだろう。産後の女性は特にそうだろう。
身体が元気なら、子供にも生活にも仕事にもどどーんと向き合ってゆけるしね。

彼女は今後働きながら子供は3人欲しいという。そして、2人目のときもまたクラスにきてくれるそうだ。
それまで私も負けないように何度か脱皮しつつ、ヴァージョンアップして迎えられるようにしなくては!!
年齢的にハツラツとはしてないだろうけど(書いてて泣けるが)、それなりの色香が漂う程度にはたらく女でいたいので、頑張るから。

再会をたのしみにしています。

スポンサーサイト
<現場から>  コメント(4)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008.03.31 10:05 編集 △ page top
はじめまして。
前ブログからの読者の苑子と申します。
マキさんの人柄が伺えるブログをいつも楽しく拝見しています。
実は一度某所でお会いしているんですが、名乗らなかったので一方的なファンです(笑)

今日はこの記事にずいぶん励まされたので書き込みました。
不安だったのと、小さい我が子を預けて働く罪悪感が抜けないのと…周りの「もう預けるの?」というこえにへこたれたのと。
そんな毎日だったので、マキさんの文章を読んで元気をもらいました。
ありがとうございました!
明日から働くママ頑張ります!
これからも楽しみにしていますね。
2008.03.31 16:15 編集 △ page top
★のどあめ様
コメントありがとうございます!!
嬉しい応援もありがとうございました。
久々の出勤はいかがでしたでしょうか。
東京は、春なのに、ちょっと寒かったです。

自分の感情をみつめてあげる作業、私はずっとできずにいました。
「ポジティブに」なんて言葉でカモフラージュして笑ってました。
でもやっぱり無理があればそこは壊れてゆく。
たとえそれが一見マイナスの方向にむかってしまったとしても、
「自分の感情を受け止めてあげる」ことのほうが、よっぽどよっぽど、大切なことですよね。

お気に入りにしてくださるとのこと、もちろんオッケーです。
これからもよろしくお願いします!!
2008.03.31 22:40 編集 △ page top
★苑子様
某所で????ってどこですかっ???(気になる!)
しかも楽天の頃から???
あ、コメントありがとうございます(笑)

私は今でも鮮明にあの、はじめての保育園体験やその後就学までの兄弟合わせて9年
にもわたるワーキングマザーの日々を思い出すことができます。
職場との折り合い、出張や会議での綱渡りの日々、なんでこんなことまでして・・・
と自問自答した夜。

でも、そんな母の背中を子供たちは見てましたね。
今彼らの言葉の端々にそれが伺えます。
良いか悪いかわかりませんけど、我が家はこれでいいのだと思う勇気が湧きました。

またいらしてくださいね!
2008.03.31 22:47 編集 △ page top
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。