日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::愛しきかな、ままならぬ思い。
今日は私の友達の中で最年少、なんと18歳の彼女が遊びに来た。
息子達とのほうが歳が近い彼女。この度九州から就職のために上京してきて、
偶然にも我が家からとても近い、橋を渡ってすぐのところの寮に住むことになったのだ。
驚いたのなんのって。

明日はいよいよ入社式。っていう今日、我が家に呼んで一緒に夕食を食べた。
ご飯を食べている姿をみると、まるで子供が3人になったようだ。
お姉ちゃんと弟二人。いいなぁ。なんか、いいバランスだ。
そんなことを思っていたけど、おっと違う違う、彼女は私のお友達。同じ趣味をもつお友達なのだ。
18歳の彼女は言う。
「地元の友達はみんな進学。きっとこれから環境も違ってきて、価値観も変わってきちゃうんでしょうか。新しい友達できるかな。うー、すごく心配。」

そうだよね。自身の18歳を思い出すと、あまりにも遥か遠い記憶なのでめまいをおこしそうになるが、
あんな青い時期に1人こんな遠くに出てきて明日から社会に出るのだ。
この子はこれから・・・たとえば今の私の年齢になるまでに、いったいどんな経験をしてどんな厚みを増してゆくのだろう。
考えると言葉が溢れそうな詰まりそうなへんな心境になるので、これだけは言っておいた。

「大丈夫。友達になる人とは、どこにいても、何歳でも、出会って友達になるから。私が証明する!」

現に私は30代でも40になった今でも新しい粋な友達ができたよ。
この歳だとお互い寛容だし愛を示しやすいし自分の居所をわかってるもの同士だから、喜びもひとしおだよ。と。

おばちゃんはいつでもここにいるから、何かあったら声をかけてね。(おっと、友達目線じゃなくなってるぞ)

+++

さて、本題。

「ままならない思い」について。

先週、府中カルチャーセンターの産後フィットネス講座を、講師のどんげさんから受け継いできた。
彼女の最後のクラスに参加させてもらった。

生徒さんと一緒にシェアリングをさせていただいたのだけど、そのときに話したテーマが「母となって(お産をして)ヴァージョンアップしたこと。」または、自分がどんな風に変わったかということ。

私は、しばらく考えて胸いっぱいに浮かんだことをお話した。

それは、「(自分の力では)ままならないことを受け入れることができるようになった」ことだった。
「できるようになった」っていうのはちょっと言いすぎでしたか。
でも、以前に比べたら驚くほど私はやわらかくなったと思う。
理想とするニュートラルな状態に少しだけ近づけたんじゃないかな、と。

受け入れざるを得なかったのは、出産時の経験。
長男の胎児仮死による緊急帝王切開と辛かった産後。次男の出産直後の入院と治療の日々。
この二つの経験は、到底抗えない「命」を前にしてわたしが身を持って学んだ・・・いや、知るしかなかった、「ままならない思い」なのであった。

これはもう極端な話だけど、世の中に溢れている「ままならない思い」をありのままに受け入れることの難しさったらないし、
我の強い私はこの経験がなければ受け入れることの意味さえ知らずに生きていったかもしれない。
今は元気な二人のわが子が目の前でスヤスヤ眠っているからいえる戯言なのかもしれないけど、それでも・・・だ。

そして、今、このちょっとした不自由さがあたりまえになって飄々としている自分が嬉しい。
また、それでも相変わらず煩悩をこっそり持ち続けているところもちょっと安心する。自分自身に。

あ!もしかして、こういうバランスをとれるようになったことこそ、親になった自分が得た大きな収穫であるのでは?!
と鼻息を荒くする深夜0時。

この度、身辺を整理(ってなんかヤバイ表現だけど・笑)しているどんげさんから大事なクラスを受け継ぐ。

私はこの仕事で何がしたいんだろうって考えていた。
どうやって続けていったら、弱っちくてもかっこ悪くても嘘がないホントの気持ちを発信できるのか。
私は自分の中から生まれた言葉をつかって伝えてゆこう。あんなんでこんなんだった日々をふりかえって、産後の彼女や産後のその後の彼女たちの現場の声を聞いてそっと背中を押したい。
キリキリマイになるまえに深呼吸を一緒にしたい。
そして、「やれば応えてくれる身体の気持ちよさワールド」へのご案内。
人と比べるのではない、「自分だけの自分の体力」をつけるための伴走者。
「よりよくなるためのほんのちょっと」のお伝え役。

ちょっと欲張りすぎか。
いや、理想は高く。私だけが鼻息荒くならないようにと、自戒の念をこめて。

今日から新しい季節のはじまり。襟を正して深呼吸して、頑張った後は力を抜いて(←これ大事)。
さあいきましょう。
スポンサーサイト
ラブフライボウ  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。