日常をこよなく愛するヨーガ愛好家、MAKIのBLOGへようこそ。

今日も明日へ向かおう。


マタニティ&産後ヨーガ IN 府中

✩★✩★スケジュール★✩★✩ 

↑click!
::スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 △ page top


::耳のこと
耳について「難聴」とか「耳鳴り」とかの単語で検索されて来られる方が結構いらっしゃいます。
とくに具体的な治療方法や闘病記を書いているわけではないので、申し訳ないのですが、
もしも少しでも「あぁ、こんな人もいるんだね」と思っていただくだけでもよいかな?と思って少し詳しく書いておくことにしました。

【病名】右感音性難聴
平成16年4月に発病。

【聴力】左は健聴、右は「スケールアウト」と書かれてしまったので失聴ということです。
骨伝導電話が非常によく聞こえたので喜んだのですが、どうやら左に伝わって聞こえているらしいです。

【症状】突然朝起きたらボーンという右耳の閉塞感と耳鳴りがあった。
はじめは高音が聞き取りにくくなっていたくらい。ヘッドフォンをすると、
ベースとドラムばかりが聞こえる状態。

【治療経過】職場の近くの耳鼻科に行くと、即突発性難聴の専門医がいる総合病院を紹介されました。
この頃の診断は「突発性難聴」。

2日後に紹介された都内の総合病院を受診し、すぐに入院ということになりました。
はじめは子供達の事が心配なので入院を断ったのですが、夫に説得され翌日入院。
約2週間の入院で、ステロイドの点滴と検査。神経ブロックはやっていません。MRIとカロリックテストとメニエルの検査もやりました。
結果脳腫瘍の疑いはなくなり耳の疾患と解るが、入院中もドンドン聴力が落ち、オマケに音が響いて耳を塞いでいないと辛くて寝ていることしかできない。眩暈もありました。
聴神経が倒れてしまったという可能性があるとのことだけど、調べようがないのでそのまま退院。原因不明という消化不良な状態でした。
抗鬱剤と睡眠薬とステロイドと胃薬とビタミンと血液循環剤と、とにかく山盛りの薬と共に退院。
退院時の病名は「右感音性難聴」。

仕事はとても辛くて最後まで勤務できない状態だったので、4ヶ月の休職を
決断。退職も考えましたが、上司のお言葉に甘えとりあえず休むことにしました。
その間に、漢方、整体等望みを捨てずにやってみました。
結局聴力は戻らず、耳鳴りは終始掃除機をかける音くらいなのが鳴っています。

しかし、4ヶ月の休養期間に眩暈はなくなり、耳鳴りにも多少なれました。
難聴と耳鳴り以外は健康なのでゆっくり過ごす時間を堪能しました。
我慢していた音楽も聞いたり、自分で調整しながら精神の健康は保っています。
あ、退院時にもらった山ほどの抗鬱剤と睡眠薬は飲んでいません。
飲んでいるという状況に参ってしまうたちなので、治癒力を見直そうと自分の責任で自分で決めて飲みませんでした。
生活することに余裕ができたので、好きなことや心地よいことに没頭することで耳鳴りを忘れる時間が少しだけできました。

【現在】
家族、友人たちは左から話しかけてくれますので、普通に会話できます。
人によって全く聞き取れない人もいます。
身体のバランスを取り戻すべく、身体の声に耳を傾け慈しむよう心がける日々。
好きなことはやっぱりやめられない!
「聞こえても聞こえなくても私の価値は変わらない」と強く思っています。

「都合の悪いことは聞こえないんだから~」と軽口たたかれると、普通に傷つき、腹も立ちます。

子供が大騒ぎの保育園の教室はちょっと冷や汗がでます。
元気なほうの耳に負担がかかることをひどく警戒しています。

はじめは自転車に乗ると風の音も片方からしか聞こえないのでバランスを崩しそうになりましたが今では大丈夫です。
お腹に力をいれてバランスをとる癖がずいぶんついてきました。

泳いだ後に水がすーっと耳から流れて急にクリアになる瞬間を思い出したりしながら、そんな奇跡が起きないかな?とちょっとだけ夢見たりしてます。

リップクリームと一緒に「耳栓」も持ち歩いています。

そんな感じです。


いつも心に留めておきたいこと。

肚をすえる。身体の芯を強くする。身体でコミュニケーションをとる。


(2004,12,12)

   
スポンサーサイト
プロフィール  コメント(0)   トラックバック(0)  △ page top


<<prevhomenext>>
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| home |
Copyright © 2017 日常温感スイッチ , All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。